見出し画像

#自己紹介/オンラインイベントを作ってみよう!

こんにちは。はじめまして。オンラインイベント情報局 Contigo(コンティーゴ) 編集長 篠原ういこです。

Contigo「あなたと一緒にオンラインイベント」

コンティーゴはスペイン語で「あなたと一緒に」という意味。あなたと一緒にオンラインイベントへ行きたい、あるいは、オンラインイベントで新しい誰かと繋がれたら、自宅にいても世界はぐんと広がるという意味を込めて付けた名前です。

私が人生初のオンラインイベントにチャレンジしたのが2020年5月6日、第0回ハンドメイドオンラインマルシェでした。それより2週間前に、Remoという新しいオンライン交流ツールに出会い、「これはハンドメイドのマルシェができる!」と確信してから準備期間はたったの2週間。募集要綱を書き上げてアップしてから2週間のうちに、全国から出展希望者が集まり、出展数は45、一般参加チケット申し込み数は日に日に増え続け、当日はチケット総数700を超える規模に達しました。現時点で日本最大級の大きさです。その日から休むことなく次の月の6月12日には第1回オンラインハンドメイドマルシェを開催。こちらも、平日開催だったにも関わらず、出展数40以上、一般参加チケット申し込み数500を超えました。

画像2

画像3

コロナウイルスのために全国にいる作家・表現者・生産者が発表や販売の場をなくしてしまった今、皆様が再びオンラインでお客様と繋がれる場をつくるということが、こんなにも求められているのだということを実感したのです。

オンラインイベントのたくさんのメリット

実は、ハンドメイドオンラインマルシェで使用したオンライン交流ツール【Remo】は、初めての人や、普段はスマホしか使用しない人にとっては、ちょっとだけハードルの高いツールです。参加するにはカメラマイク付きのPCが必須で、ブラウザはGoogle Chromeで、日本語対応はOFFなので説明はすべて英語(今は日本語対応しています)。そのような状態にもかかわらず、その壁を乗り越えて全国から何百人もの人が集まった理由。それは、確かにコロナウイルスのせいで全国のイベントが軒並み開催不可能になっていたという社会情勢もあります。しかし、そもそも今までのリアルイベントに比べて、オンラインイベントには多くの利点があることもまた、大きな要因です。

出展する側から考えると…

✔交通費宿泊費不要
✔設営撤収不要
✔時間単位での出展可能
✔全国のお客様と出会える
✔ネットでの告知宣伝がしやすい
✔来場者とのコミュニケーションが密
✔SNSでの繋がりが作りやすく、イベント後の関係構築につながる

開催する側から考えると…

✔会場費激減
✔運営費激減
✔運営リスク激減

そしてご来場いただくお客様から考えると…

✔コロナウイルスを心配することなく自宅で楽しめる
✔全国の作家さん・生産者さんと出会える
✔憧れの作家さんと密に話せる
✔ブースを見て回る体力不要・ワンクリックで移動可能
✔育児や介護、その他の事情で、今までリアルイベントに参加するのが難しかった人も参加できる

三方良しの素晴らしい仕組みなのです。

オンラインイベントの疑問や不安

しかしオンラインイベントはまだまだ始まったばかりの世界。主催も運営も出展者もお客様も、誰にも正解がわからず、手探り状態でした。そんな中でも2か月間の間に2回連続で開催したハンドメイドオンラインマルシェが、日本最大級の規模になったことから、私自身も主催経験者として他のイベントの主催や運営の方からアドバイスを求められるようになってきています。

企業や大きなコミュニティのバッグボーンなどがなくても、ごく普通の一作家だった私でも、集ってくれる仲間がいればチャレンジできるのがオンラインイベントの最大の良さです。けれども、実際にスタートしてみると、主催や運営は様々な悩みに直面します。

✔出展者・来場者の募集は?
✔イベントが続けられるよう黒字を出すには
✔説明会はどんなふうにしたら?
✔勉強会は何がどれだけ必要?
✔安全に開催するために注意したらいいことは?
✔出来るだけたくさんの人にお越しいただくには?
✔どんなトラブルが起きる可能性がある?
✔運営チームをまとめるには?
✔出展者との理想的な関係は?
✔その他あれもこれも…

色々なわからないこと、不安なことが、一気に押し寄せてくるのです。そうした疑問や不安を持った主催者さんや運営さんや出展者さん、おひとりおひとりにお答えしているうちに、こうした知識や経験のまとめが求められているのに、そのような現場のリアルな情報が、誰にでもわかりやすく整理されている場所が今はまだ存在しないことに気が付いたのです。

今、オンラインマルシェの世界はものすごい勢いで動いていて、あちこちで次々とイベントやマルシェが計画され始めています。マルシェの運営ができるごく少数の人は、複数のイベントを掛け持ちで走っている状態。大切な経験を形にする時間もありません。このままでは、大切な知見がどんどん流されて消えていってしまう。時代の流れに乗ってイベントは増え続けるのに、運営できる人が増えなかったらどうなるだろう。イベントは増えても質が上がらない、上げている暇もない、そんな状態になったら。

Contigoはオンラインイベントのみちしるべ

Contigoは、「オンラインイベントを参加者として楽しみたい人」と「出展者として頑張りたい人」と「主催や運営としてつくり上げたい人」が出会うためのオンラインイベント情報サイトです。お家にいなかがらも世界中の素晴らしい人と出会うことができて、毎日に新しい鮮やかな色彩が溢れ、「自分もチャレンジしてしてみたい!」と思った時には仲間を集めてチャレンジができる。そんなオンラインイベントと出会うためのみちしるべとなることを願っています。

画像1

実際につい先日(6月20日(土))の夜にも、「オンラインで活躍したい全国の作家さんたち」と「これからイベントを計画している全国の主催者さんたち」をマッチングするパーティを、【Remo】を使って開催いたしました。

HOMマッチングパーティin Remo

パーティでは50名近くの出展者とイベント主催・運営が集い、これから先の未来につながるわくわくしたイベント8企画をプレゼン。

「時間が過ぎるのが早かった~~」
「明日は仕事だから早く切り上げなきゃって思ってたのに12時過ぎまでいちゃいました~~楽しい~~名残り惜しい~~」
「おかげさまで運営サポートさんが見つかりました!」
「人の数だけアイデアがあるので、みんなで話すと夢が広がって現実に近くなっていきますね!」といった、たくさんのお声を頂きました。

Contigo編集部には、ハンドメイドオンラインマルシェで実際に運営に入って一丸となって協力し合った仲間たち、出展者として頑張ってくれた仲間たちが集っています。オンラインイベントは主催ひとりだけでつくり上げるものではありません。多くの仲間たち、そして出展者のみんなと協力して創り上げるものです。オンラインイベントについて多角的な視点から多くの深い知見を集めることができるのは、仲間それぞれが実際に苦心して成し遂げた経験から生まれてくる記事だからです。

コロナウイルスのためにイベントがなくなり、この先一体どうしたらいいのか困っている全国の作家さん、生産者の皆様、そしてイベントが開催できなくなってお困りの全国のイベンターの皆様、Contigo編集部ではみなさまのご相談を伺っております。

\あなたのイベントの魅力をもっと伝えるために/
【Contigoがイベント主催・運営のためにお役に立てること/集客を160%伸ばすには】

◆マルシェ形式のイベントが多い Contigo編集部では、オンラインイベントの中でも、特に「マルシェ形式」のイベントをメインにしたコンテンツが多めです。自宅にいながら全国各地のイベントに気軽に参加でき、素敵な商品に沢山出会えるオンラインマルシェを応援しています。

◆あなたのイベントの魅力をもっと広めるために Contigo編集部には下記のようなサービスがあります。

①イベント情報掲載 無料(上記フォーマットに沿って情報をお寄せください)

②情報アップデート イベント情報に写真を追加掲載 500円/1枚 新情報の追加掲載 500円/1回  イベント企画が進むにつれ、素敵な情報が集まってきたら情報のアップデートを臨機応変にお受けいたします。

③告知拡散協力 イベント開催前のご希望日に貴イベントの情報をFBページ、Twitterで投稿して拡散 1500円~ イベント1週間前から当日までの間に集客を加速させるアドバイス 3000円~

④取材記事作成 貴イベントのより詳しい取材記事(書面取材/対面取材)を作成してnoteに掲載拡散 書面取材記事 8000円 対面取材記事15000円~(現在スタートアップキャンペーン中につき5000円~)

⑤勉強会講師派遣  オンラインマルシェに出展する出展者様向けの勉強会講師を派遣いたします。勉強会例:「Remoの使い方講座」「集客・告知講座」「電子決済講座」「キャッチコピーのつくり方」「オンラン接客販売講座」など 10000円~/1講師(勉強会参加人数最大30名様まで)20000円~/1講師(勉強会参加人数最大50名様まで)

⑥オンライン接客販売のためのロールプレイングチーム派遣  画面越しに商品を販売するための心構えと実際のお声掛けの工夫、導線の設計アドバイスなどを、実際の会場にてロールプレイングを取り入れて実践的に勉強します。講師3名のロールプレイイングチーム 30000円/1派遣

⑥オンラインマルシェ運営個別相談  運営や主催にチャレンジされている方のためのお悩み相談 0から2週間で日本最大級のオンラインマルシェを成功させた主催がご相談承ります。特に主催が悩ましい集客問題。他のイベント団体様へのアドバイスで、集客が160%伸びたことも。イベントを作ることに必死になるあまり、どうしても目が行き届かなくなってしまう集客。なんだか集まりが悪いと思ってからでは、どうすればいいのかが見えにくくなってしまう集客のご相談を承ります。

8000円/1回・60分
どうぞ遠慮なく、こちらのメールアドレスまでご連絡ください。
contigodesk@gmail.com

==================================================著者:Contigo編集長 篠原ういこ
2020年5月日本初のハンドメイドオンラインマルシェin Remoを主催。
準備期間2週間で申し込み総数700超えの日本最大級オンラインマルシェイベントに。手書きメモ魔。主催した時の悩みなどをA4の紙に書き溜めたものが100枚を超え、それをもとにイラストエッセイ「主催の100枚メモ」を連載中。世界初、卵の殻から虹色のモザイクアクセサリーを創り出す「エッグシェルモザイクアート&クラフト」代表。
==================================================









この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

いま私にできること

with リクルート

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポート(投げ銭)お願いします!頂いたお金はより素敵なイベント情報の提供のために役立てたいと思います!

ありがとうございます^^励みになります!
62
オンラインイベントをつくる・楽しむための情報サイト【Contigo/コンティーゴ】編集長は日本初・最大級の「ハンドメイドオンラインマルシェ」発起人兼会長。編集部員は全国各地のオンラインイベントの主催や運営が集結。オンラインイベントのつくり方・オンライン接客・販売・個人起業家支援

こちらでもピックアップされています

ごあいさつ&目次
ごあいさつ&目次
  • 3本

マガジン創刊時から多くのイベントの情報をまとめ、イベントを内側の運営側からも、主催者側からも見てきた編集長:篠原ういこの感じた「人気のオンラインイベント・オンラインマルシェのつくり方」関連記事のマガジン

コメント (4)
スキをありがとうございます😊
2週間で準備なんて、スゴいですね!
webで、企画&運営力のある方は
羨ましいです♪
コメントをありがとうございます😊
いや〜、もう本当に周りのみんなに助けられてみんなで走った❗️って言う感じだったのです(^^)
都内某私大のオンラインイベントの取材をしました。集客が関東圏から全国になり、リアルではとても呼べない海外の著名講師が呼べるなどのメリットを強調していましたね。
でも、なぜオンラインイベントの記事が「新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事」なのでしょうか。
ひとりでこんなものを立ち上げたなんて、凄いですね!ハンドメイド、興味があるのでいつか参加できたらいいなと思います🥰
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。