飲食店経営で必要なこと①
見出し画像

飲食店経営で必要なこと①

ヨーロッパ放浪者のレジブログ

こんちは!
ヨーロッパ放浪者のレジブログです。


さて、今回はタイトルの通り「飲食店経営で必要なこと」に着目して、
ご紹介していこうと思います。
飲食店経営をされている方、飲食店経営を考えている方へ特に為になる情報となります。


今回のトピックスはこちらです。

FLコストとFLコスト比率

飲食店経営では切っても切り離せない情報となります。

画像1

FLコスト、FLコスト比率とは

FLコストは食材原価と人件費であり、FLコスト比率(以降 FL比率)は売上高に占めるFLコストの比率です。
「F」はFoodで原価、材料費を示し、「L」はLabor(労働)で人件費を示します。売上から経費を引いたものが営業利益であるが、その経費の多くを占めるのがFLコストとなります。
売上がいくら高くても、FLコストが高ければ、利益は上がりません。
したがってFL比率をどれだけ下げることができるかが、飲食店経営をうまく行っていく上で大きなカギとなります。

FLコスト= F(材料費)+L(人件費)

FL比率 =(FLコスト)÷ 売上 × 100
       =(材料費+人件費)÷ 売上 × 100


適切なFL比率とは

FL比率について、ご理解いただけたかと思いますが、
実際に求める水準、目標に置くFL比率とはどのくらいなのでしょうか。

もちろん、FL比率を下げれるだけ下げることが理想ですが、
どうしても材料費、人件費の切り詰めることには限界があります。

一般的にはF、Lともに30%ずつの合計60%が目安とされるようです。
例)月商1000万円の店舗の場合、1000万円の300万円(30%)が材料費、人件費となります。残る400万円のうち、家賃や光熱費などの経費を支払えば、営業利益が約5%(50万円)出るといわれます。
ちなみにほとんどの飲食店で5%程度、株式上場している飲食企業でも8%程度の営業利益率みたいです。

FL比率が55%以下なら優良店、65%を超えると危険水域となり、60%未満に抑えるのが重要な経営戦略となる。


また飲食店といっても様々な業種があります。
業種によっても目安となるFL比率の内訳が変わります。

こちらについてはまた今度ご紹介します。

ではまた!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ヨーロッパ放浪者のレジブログ
スマレジ導入のサポートをさせて頂いてますこんちゃんこと近藤です。5年間の証券会社での営業、1年の海外留学、ヨーロッパ放浪を経て現在スマレジに勤めています。日々の営業の中で役立ちそうな内容や私がインプットした情報をアウトプットし皆さんへ共有させて頂きます! ぜひ見ていってください!