マガジンのカバー画像

氷室冴子青春文学賞

14
北海道岩見沢市出身の作家、故氷室冴子さんを顕彰し次代の才能に継承すべく創設した「氷室冴子青春文学賞」に関する話題を掲載します。
運営しているクリエイター

記事一覧

第4回氷室冴子青春文学賞スタート

2018年にはじまった氷室賞も今回で4回目。昨年の第3回目では残念ながら受賞該当なしという結果…

9

久美沙織・櫻井とりおトークライブと虹いろのこと

12月18日土曜日、クリスマスも間近い夜7時〜8時半まで、氷室冴子青春文学賞主催のトークライブ…

3

虹いろ図書館シリーズ        『虹いろ図書館のひなとゆん』

虹いろ図書館シリーズの第二弾『虹いろ図書館のひなとゆん』、今回の主人公は、タイトル通り、…

10

おたるBookArtWeek2020「なんて素敵に氷室冴子展」

今日は小樽のお話。「おたるBookArtWeek2020」が現在行われていて、その中の催しの一つとして…

10

第三回氷室冴子青春文学賞 スタート

北海道岩見沢市出身の小説家、故 氷室冴子氏を顕彰し「第二の氷室冴子」を生み出すべく創設さ…

9

第三回氷室冴子青春文学賞いよいよスタート!

みなさん大変お待たせしました! 第3回目の氷室文学賞情報、いよいよ公開です! 2017年にス…

10

久美沙織さんのリーガルファンディング

事務局の栗林です。氷室冴子青春文学賞。法政大学院の増淵教授の「氷室冴子を大事にしたら?」という言葉から始まり、エブリスタ当時の代表の芹川太郎さんと、そして、作家の久美沙織さんを紹介してくだったことから実現へむけてスタートした。ローカル発文学賞の設立など、はて、何をどうして誰に何を依頼したらいいのか?暗中模索の中、この人がいないと成立しなかった!のおひとかたが、審査員をずっとつとめてくださっている久美沙織さん。増淵教授からつないでいただいた、あの憧れの「久美沙織」さんは、いたっ

これっと臨時号編集雑記〜平野義文さん歴史を語る。高校生たちのオンラインインタビュ…

しばし休刊中だった岩見沢発信のフリーペーパー「これっと」臨時号絶賛編集中です。みんなでも…

13

「炭都と野球の物語」で考える。

たびたび登場します、法政大学院の増淵敏之教授が、空知の宝「プレス空知」という新聞に標題の…

6

「ようこそ 虹いろ図書館と本の世界へ」の舞台裏 その3

オンラインライブリポートの後編がアップされています。北海道書店ナビ様、佐藤優子さん、あり…

4

『炭都と野球の物語』〜法政大学院 増淵敏之教授の連載

氷室冴子青春文学賞の事務局長栗林千奈美です。氷室文学賞は、法政大学大学院政策創造研究科教…

3

「ようこそ 虹いろ図書館と本の世界へ」の舞台裏 その2

今年、オンライン会議が多くなり、招待されて参加したり、無料のアプリを使って主催することは…

0

「ようこそ 虹いろ図書館と本の世界へ」の舞台裏 その1

【氷室冴子青春文学賞オンラインイベント】 第1回大賞受賞作「虹いろ図書館のへびおとこ」櫻…

5

【氷室冴子青春文学賞オンラインイベント】 第1回大賞受賞作「虹いろ図書館のへびおとこ」櫻井とりお氏トークライブ ―ようこそ 虹いろ図書館と本の世界へ―

故氷室冴子を顕彰し第2の氷室冴子を発掘することを目的に創設された「氷室冴子青春文学賞」(北海道岩見沢・NPO法人氷室冴子青春文学賞主宰)。記念すべき第1回大賞を受賞された櫻井とりおさんをゲストに迎え、日頃の作家活動や執筆秘話を通して作品の魅力に迫ります。 なお、著者サイン本を当日先着50名限定で通信販売します! プロフィール 櫻井とりお(さくらい・とりお) 京都市生まれ。放送大学教養学部卒。都内区役所在職中、およそ10年間公立図書館で勤務。 2018年、本作で第1回氷室冴子