見出し画像

シェアハウスのスタイル様々

月日はあっという間に流れるもので、こひつじ不動産の中には、有り難いことにOPENしてから10年以上経つシェアハウスもあります。

それだけの期間、数名の人が暮らしていれば、設備や家電の故障があったり、消耗劣化する家具があったりするもの。必要に応じてアップデートしています。例えば写真のように、新しい収納を増やした時、使い方のご提案はしますがそれがマストではなく、あくまでそこで暮らす入居者のみなさんが、使い勝手がいいのが一番っと思っています。

ルールがしっかり設けられたり、クリーニングや備品の補充サービスがあったりするシェアハウスも最近は多いと思いますが、こひつじ物件のはわりと自主運営型といいますか、お任せ型。

シェアハウスを選ぶときには、立地や賃料以外にもどのタイプか? をチェックするのも大事かと思います。どれが合うかは人それぞれ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
「日本にもっと良いシェアハウスを!」というコンセプトのもと、よりよい空間づくり・街づくりを目指し、古き良きものを大切にする空間づくり、みんなで分かち合って暮らせるシェアハウスづくりをお手伝いしています。 http://www.cohituji.com/wp/top/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。