コーヒーやるなら持っておいて損はない器具3選+α
見出し画像

コーヒーやるなら持っておいて損はない器具3選+α

note再開します!と言っておいてえらく時間が経ってしまいましたが更新頻度も含めてぼちぼちゆるゆるやっていきたいと思います。

先日Voicyで紹介した器具のまとめです。Voicy聴きながら読んでもらえたら幸いです。

電動グラインダー

電動グラインダー(電動ミル)があるとおうちコーヒーの質を一気に上げてくれます。手動で豆を挽くのって結構大変なんですよね。

挽きたてコーヒーはが香りも味も良いのはもちろん、豆のままの方が粉より長期保存に向きます。

また、楽なので飲む回数が増えます。飲む回数が増えると味がわかるようになるので一気に沼にハマりますw

安いプロペラ式グラインダーは粉が均一に挽けないのでお勧めしません。少し高めですがある程度の価格帯以上のものがおすすめです。

Wilfa Svart Aromaが入門機はこれで決まり!ってくらい激推しです。僕は既に電動グラインダーを持っていますが、持っていなければ迷わずこれを買います。

ちなみに僕が使っているグラインダーはKalita ナイスカットGという商品なのですが、だいぶ割高&上位機種のナイスカット ネクストGの方が何故か安い場合がありますのでそちらのリンクを貼っておきます。


クレバードリッパー

詳しくは以前に書いた記事を見ていただきたいのですが、とにかく楽です。

・お湯を注いで放置するだけ
・技術がいらないので毎回味がブレない
・器具の洗浄とゴミ捨てが簡単
・有名コーヒーロースターも使ってる

と言った感じで朝の忙しい時間や子育て中手が話せない主婦にもオススメの器具です。


タイマー付きスケール

コーヒーは計量です。

と言ってもいいくらい、おいしいコーヒーを淹れたいなら大切。

ビジネスでもなんでもそうですが、数字があればどこをどう調整すればより良い味になるのか、逆にどこに問題があるのかが見えてきます。

スケールで測れるのはお湯の量と蒸らし時間や抽出時間、細かくいえば何秒時点で何mlのお湯が投入されているのかまで可視化できます。

そこまでやらないにせよ、コーヒー豆(もしくは粉)を測る際には0.1g単位で測らないとけっこう味が変わります。コーヒー抽出用のタイマー付きスケールはそこもカバーされています。

スケールとタイマーを別で用意すれば済む話と言われればそれまでなのですが、お湯の量と抽出時間を1つの器具で同時に測れるだけでこんなに違うのかってくらいストレスフリーです。TIMEMOREのスケールこの手のものの中で一番安くて信頼性も高く、さらに防水なのも嬉しいです。


おまけ:cores ゴールドフィルター(デカフェ派は特に)

Coresについては以前にも記事を書いていますので合わせてご覧ください。

コーヒー器具についての発信をしたところこんな質問をいただきました。

基本的にはデカフェかそうじゃないかで使う器具は変わりませんが、デカフェの豆は油分が少ないためボディの満足感が少ないと思う方もいます。(その分ペーパーフィルターならスッキリ飲めます)

コーヒーオイルにはフレーバーや甘み、うまみが詰まっているのですが、金属フィルターを使うことでコーヒーのオイル分をしっかり抽出できます。

初心者の方、1回に1杯しか淹れないという方は1人用のフィルターがおすすめです。このフィルターはどう注いでも1回に入るお湯の量が決まっているので、お湯を上まで注ぐ→待つ→湯を注ぐ→待つを繰り返したら毎回同じ味に仕上がるように設計されているからです。

抽出レシピにこだわりたい、調節する楽しみもほしいという方は2−4杯用がいいですね。


以上!器具で迷っている方はぜひお試しください!

この記事が参加している募集

買ってよかったもの

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いいね嬉しいです!ありがとうございます😊
Voicyパーソナリティー/ポッドキャスター 外資系飲食スタートアップのエリアマネージャー 詳しい自己紹介と、このnoteの詳細は「自己紹介」またはウェブサイトをご覧ください ご連絡はwebsiteかTwitter DMから📩 https://coffee-numa.com