見出し画像

寄り添う。より、いっそう。

世の中で、いったい何が起きたのか。
すこしづつ見えてきて、感染拡大防止の対策がしめされて。

さて、カフェはどうするか。

もともと、22席のゆったり空間だったこと。
大きな窓。反対側にも窓があるのを生かすことに。

施工のときに反対側の窓が埋められそうだったの
残してもらって良かった!
風がすうっと抜けます。

画像1

お席の間隔に余裕をもって、16席に。
業務用の排気機能も活用して換気です。
入口に手指消毒のアルコールが置いてあります。

ご利用後のテーブルはアルコール消毒。
そして、触れる機会が多い場所もこまめに消毒。


新しい生活様式に、新しい配置。

以前と変わったレイアウト。
2階にあるカフェなので外から見えなくて。
どうなったか気になりますよね。

ご紹介していきます。

画像2

対面にならないように横並びのソファ席。
本棚があって仕切られています。
本があるって落ち着きます。

大きな窓辺にはカウンター席。

画像3

お二人で座る場合は、1組まで。
お一人で座る場合は、ソファ端と、椅子で、2組。
以前と同じレイアウト。

画像4

こっちは変わりましたね。

4名さまテーブルがあった場所。
窓にむかっての2名テーブルになりました。
この席、人気です。


カフェの真ん中あたりへ。

画像5

本棚に隠れるテーブル席。
お一人でランチやカフェを楽しむ方が多いかな。


壁に向いて、横並びのテーブル。

画像6

こちらも、お一人で楽しむ方が多いお席です。
壁にむかっているので安心感があるそうで。


4名さまテーブルは1つだけ。

画像7

対面にならないように、ずれて、or 横並び
お二人で座るを、よく見かけるお席です。

混雑していなければ、
「お好きなお席へどうぞ」とご案内しています。


テイクアウト(お持ち帰り)

テイクアウトもありますよ。
ひげマークのマグカップ。

カフェシュヌルバルツのモチーフです。

画像8

お散歩やお出かけの水分補給に、
家で楽しむカフェ時間、差し入れ。
皆さまのお手元へゆくカップたち。

直接、手渡しにならないように気を付けて
トレーに乗せて距離を保ちながらお渡ししています。

そして、

画像9

店内利用とテイクアウト。
広さを生かして動線がかぶらないようにしてみました。

左へ進むと、テーブルたち。店内利用。
右へ進むと、テイクアウトエリア。

画像10

こちらのテーブルで、ご注文をどうぞ。
お持ち帰りメニューはテーブルの上にあります。
(店内利用より、ちょっとお安くしています)
近くのソファや、空いていたら店内カフェテーブルでお待ちください。

カフェ利用の後で、テイクアウトも・・もちろんOK
美味しかった!のお持ち帰り、歓迎です。
スタッフへお声がけくださいね。


こちらは、お飲み物2杯のテイクアウトです。

画像11

お飲み物は、2杯~/1人 ホルダーで固定して紙袋へ。
1杯/1人 そのままカップをお渡しします。

なにか特別なものも登場しているかも・・
テイクアウトメニューをご覧ください。


気分転換のちょっとひと休みに。
ごゆっくりとなかなか言えない状況ですが
カフェで息抜き、肩の力をふっと抜く、
そんな場所であり続けられますように。


参考:
事業者向け 東京都感染拡大防止ガイドライン
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp



この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
3
東京/武蔵野市 三鷹駅にあるカフェ。 (三鷹駅北口→徒歩9分。吉祥寺→中道通り20分) 何かを忘れに、何かを想い出しに、2階にある隠れ部屋カフェ。 珈琲と自家製ケーキ。カフェ時間とゆったり空間。 よしなしごと つれづれ綴るノートです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。