Cafe SchnurrWarz(カフェシュヌルバルツ)
変わるのもの。変わらないもの。(テーブル配置変えました)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

変わるのもの。変わらないもの。(テーブル配置変えました)

Cafe SchnurrWarz(カフェシュヌルバルツ)

カフェスペースのレイアウト変えました。
今回の変更は、「2名まで」にあわせて過ごしやすいよう、ソファの場所を移動させて壁にむかうカタチに。

快適に過ごしていただけるといいな。

コロナ禍前は22席だった、ゆったり空間。
6年前のオープン時を思い出すと変わり続けているな、と。
しみじみ思い出します。

最初は本棚を作って視線の交わりを減らしたり、おこもり席を作ったり。
そして、席の間隔をあけるようにテーブル減らして16席にしたり。

(以前noteに書いた、16席のレイアウトはこちら↓)

そして、今回。
大きく変わったのはソファ席たち。全体の半分。
テイクアウト待ち席にしていたソファを変えました。

椅子やソファは6年前のオープン時のままの
スターティング メンバーたちを組み替えて。
(配置変えしやすいカタチのカフェで良かった!)

壁に向かう席のために新しく必要になったテーブルは、天板とアイアン脚を作ってもらってDIYしました。そのほかも見えないところをDIYしたりして、完成!

画像1

こんな感じで、壁に向かって座れるように。
1~2名席です。ソファのスペース分の間隔がとれる席。現在、おひとり利用の方に好評です。

その並びに
以前あった”おひとり席”が復活しました。

画像2

横の本棚はすこーし斜めにして、座りやすいように。


そして、ここは1つ席を減らして。

画像3

2名テーブルを2つにしました。
おひとりでランチやカフェを楽しむ方が多いですね。


この辺りからは変わらず、
前回と一緒です。

画像6

本棚横の壁にむかう、横並びのテーブル。


大きな窓辺には、カウンター席。

画像5

換気しやすい大きな窓で。
おふたりで座る場合は、1組まで。
おひとりで座る場合は、ソファと椅子で、2組。


そして、奥には。

画像4

おこもり席。
この席、ずっと人気です。
(寒い間はオイルヒーターを置いています。
説明書を読むと近くに家具など置けなくて上部は1m空けるそうで。省スペースにするためテーブル下に置きたかったけれど諦めることにして、周りを空けるため椅子が無いので並び席になっています。)


画像8

「ゆったり過ごせました」とお声がけいただくシュヌルバルツ。
三鷹古本屋めぐりの休憩地点として読書や、書き物や考え事の方も多いです。
Time or Order で何時間でも居られますので、こちらもぜひ。

(もちろん、「美味しかったです」というお声がけも。美味しい表情も、ちいさな声の「美味しい・・」もいつもありがとうございます。

三鷹駅北口から少し歩いて7~9分ほどのカフェシュヌルバルツで、ぜひまたお待ちしております。)

チーズコーヒー

臨機応変に変えるもの。
カフェスペースのレイアウト、でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Cafe SchnurrWarz(カフェシュヌルバルツ)
東京/武蔵野市西久保 三鷹駅北口にあるカフェ。 (三鷹駅北口→徒歩9分。吉祥寺→中道通り20分) 2階にある隠れ部屋カフェです。コーヒーと自家製ケーキ。ゆったり空間。何かを忘れに、何かを想い出しに、カフェ時間。 こちらはカフェシュヌルバルツのことを綴るノートです。