見出し画像

ドモク堂 朝倉康登(あさくらやすのり)木工|鳥取県東伯郡湯梨浜町

《プロフィール》
2010年、自らの手で作るモノ作りに魅せられ
2014年から本格的な木のモノを製作をしています。
木材は鳥取県産にこだわり、科学塗料は使用せず、釘もなるべく使わないなど、誰が使っても気持ちのよいモノづくりを目指しています。食器の引き出しをあけたとき、たくさんある食器の中から自然と手に取って使っている、そんな、気取らない普段使いをして欲しいと思います。

ドモク堂
https://www.instagram.com/domokudo/

画像1


 地元、鳥取県の県産材(広葉樹)の本桜を主に手鉋(てがんな)や鑿(のみ)などで家具からカトラリーなど多種に渡り制作しています。工房は鳥取県の中部にある湯梨浜町に位置し、町名は温泉の湧き出る土地と日本海が望める場所、町の産品、鳥取を代表する二十世紀梨が栽培されていることから " 湯梨浜 (ゆりはま)" という名前がつけられています。
 山陰は四季がはっきりしていて冬は積雪し、製品になる桜材はゆっくりと育まれ、硬く年輪もぎゅっと詰まっているので手加工では苦労が絶えませんが堅牢で綺麗な作品へと変化していきます。

画像3

丸太を製材して室外で1年乾燥させた後に製品のイメージをして、木取りし、室内で3年から5年乾燥させた後、初めて鑿(のみ)と鉋(かんな)でイメージされた形に削り出していきます。

画像3


画像4

画像7

画像6

工房へお伺いするとスツールの脚部を鉋で削る工程をされていました。*シーズニングし終えた、多角形の筒型を曲面に削りだす作業でした。

*シーズニングとは
 荒取りされた材料を室内でゆっくり乾燥させた後に最終的に必要な形状(今回の場合は脚部の仕上がり寸法)よりも少し大きめの状態で1週間程度寝かせておくことで、加工場の環境に材がなじみ、材の中にたまった歪みを出し切る期間として設けます。
 また材料が若い木だと歪みや反りが大きく扱いにくい面があります、成長した材料であれば歪みや反りが少なく安定した材へとなり、家具になった場合、長年の使用にも耐えうるようになります。

画像8

画像10

スツールの座面部分は荒取りされた5cmの厚みの角板(幅40cm x 奥行24cm)から舟形のように削り出していきます。
天板面は鑿の跡が残るように朝倉さんの証となる彫り面が残っています。

画像10

画像7

塗装は胡桃オイルを拭き込んで仕上げておりますのでしっとりとした艶感があり桜の美しい木目が引き立ちます。

モーニング

画像12

チェリーチェア2

テーブル2

https://cocorostore.com/items/5f18516ed7e1d859a317eee7

長年の使用によるメンテンス依頼やオイルの塗り直し依頼は有償にはなりますがいつでも対応いたします。ご自身で塗り直ししてみたい方はお使いの家具やカトラリーを写真に撮って当店のメールアドレスへ添付していただけましたら最良なメンテンス方法をお知らせいたします。

鳥取の森でゆっくりと成長を重ねた木を形にするということは、使い手の方に長く愛され続け、使い込まれメンテンスを施されていつの日か鳥取の森で過ごした年数より使い込まれていくことを願っています。その為にも技術を高め、見識を深めることに作り手も当店も努力していきます。
ご要望やオリジナルオーダーなど随時受付しておりますので気兼ねなくお知らせください。

《 販売元・メンテンス先 》
COCOROSTORE
〒682-0821 鳥取県倉吉市魚町2516
【問合せ】https://cocorostore.com/inquiry
【電話】 0858-22-3526 (FAX兼)
【mail】 cocorostore.1@gmail.com
【online store】 https://cocorostore.com/ 
【instagram】 https://www.instagram.com/cocorostore 
【facebook】 http://www.facebook.com/Cocorostore/







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
鳥取の商材を中心に山陰の民工芸の品を販売しています。取扱い商材: 鍛冶・陶磁器・染織・和紙・木竹工・ガラス・皮革・玩具・家具・書籍・食品等