見出し画像

怒りの匂い〜生霊・呪い・怨念〜

叶ここ

生霊になってる人、生霊に憑かれてる人には独特な死臭というか、生臭いにおいがあるんだけど、

怒りの匂いも、ある。

めっちゃめっちゃツンってくる重い匂い。
スパイシーで酸が強くて灰汁の強い匂い。

正直そのレベルの状態になってると、

「呪怨」「生霊」「怨念」

的になっており、感情に飲み込まっていて鑑定どころではなかったりする。

なので、割と初手の段階で

「あのね、怒りで生霊になってる状態だよ」と伝えてる。

それを言うと

「そうなんです」

と、すんなり素直に認める。

不思議とね、みんな自覚あるの。

自分でも暴走を止められない、コントロールできない領域で、ご自身でも相当苦しまれていて、苦しいのだと思う。

だから、こちら側がちゃんと言葉にして、それをより他者の視点で自覚させてあげると、少し収まる。

霊と同じ。
怒りや悲しみの存在であると理解してあげると、少し収まる。

そこから上げていくのにはまた別の作業が必要だけど、

とりあえずまず、怒りや悲しみを知ってあげる。

共感しなくてもいい。共鳴しなくても良い。

呪いの力で身を滅ぼす人が多いから(相手を呪いきれず、ただただ自分の身が滅ぶ人も多い)

そんな人に触れたら、正論ではなく、怒りに飲み込まれていることを認めてあげてください(共鳴はしなくていいよ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!