矢頭 聖子

プロジェクトコーチ&ファイナンシャルプランナー。コーチ・コンパス代表。https://coach-compass.com 「人生はプロジェクト」をモットーに、個人のライフプランから企業のDX、事業承継支援も手掛ける。 国際コーチング連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)。

矢頭 聖子

プロジェクトコーチ&ファイナンシャルプランナー。コーチ・コンパス代表。https://coach-compass.com 「人生はプロジェクト」をモットーに、個人のライフプランから企業のDX、事業承継支援も手掛ける。 国際コーチング連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)。

マガジン

  • PTAハックス

    子どもの保育所、小学校、中学校、高校合わせて(重ねて)20年のPTA活動を振り返りつつ、皆が使えるスキルとして紹介します

最近の記事

固定された記事

「自分と向き合う時間を提供する人」な私の自己紹介です

皆様、はじめまして。 ビジネスコーチ&FPの矢頭聖子と申します。 1.自己紹介 私はコーチ・コンパス代表を務めております。 モットーは「自分と向き合う時間を提供する」です。 業務内容は ・コーチング ・ファイナンシャルプランニング ・EQトレーナー ・事業承継コンサルティング ・終活カウンセラー  など 様々なスキルを融合して、個人のご相談や企業、団体の コンサルティング、セミナーなどをしております。 元々は金融系のシステムエンジニアで、今もITやデジタル機器が 大好き

スキ
21
    • 全(まっと)うする

      テレビで映画『今夜、ロマンス劇場で』を見ました。 (ネタバレは無いのでご安心を) 昭和の名俳優、加藤剛氏が主人公の老年期を演じていました。 彼は映画公開の4ヶ月後にお亡くなりに。この作品が遺作です。 加藤剛氏は大河ドラマの主役も。私の印象は『大岡越前』です。 また、俳優の緒形拳氏の遺作は『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』の 妖怪ぬらりひょん(!) 植木等氏は『舞妓Haaaan!!!』が遺作です。 数々の賞や勲章をもらった名優たちの意外な遺作。 私には「自分の仕事を全うした

      • 免許証の写真

        新しい免許証が届く。写真の顔は前回更新よりも老けて、 少し父の顔に似てきた。 母方の祖母のそっくりと言われ続けていたのに、亡くなった父と 写真越しで再会しようとは。 ちょっと驚いてちょっと涙ぐむ。 老いの素敵なところかしら。 私の息子や娘たちも、今は90%以上夫似だけど。 老いとともに私の顔が浮かび上がるのだろうか、 それも私が旅立った後に。 そう思うとちょっと寂しくてちょっと楽しみ。

        • 私益とセルフィッシュ

          作家の塩野七生さんの著書「想いの軌跡」(2018)の中に 『祝辞』という文章があります。 これは、1993年防衛大卒業式での塩野氏の挨拶があまりに素晴らしく 拍手鳴りやまずネット上で話題になりその後この本に収録されました。 (なんと25年後!) この中で私の好きな一節が「私益のよき追及は公益の達成に通ずる」 そしてこう続きます。 「そして、この考え方が正しいことは、歴史が実証してくれています。」 この考え方はWSCでも伝えているセルフィッシュにも通じています。 セルフ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • PTAハックス

          • 17本

          子どもの保育所、小学校、中学校、高校合わせて(重ねて)20年のPTA活動を振り返りつつ、皆が使えるスキルとして紹介します

        • PTAハックス

          • 17本

          子どもの保育所、小学校、中学校、高校合わせて(重ねて)20年のPTA活動を振り返りつつ、皆が使えるスキルとして紹介します

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          • ストレス対処と行動活性化技法

            先日、横浜国立大学 教育学部髙本真寛准教授のZoom講演を拝聴しました。 テーマは「ストレス対処の考え方」です。 その中で興味深かったのをご紹介します。(以下講演資料より引用) ==== If-then形式による実行意図の形成 • 「もしも〇〇ならば(if),そのときは△△する(then)」 “既有知識や態度”と“行動”の結びつきを強める 行動生起のきっかけとなる刺激の検出力を高める(Gollwitzer, 2011) 例えば, • (パターン化・自動化された)恋人間

            スキ
            1
            • おばあちゃん達からの贈り物

              私は10代の頃、おばあちゃん達からアクセサリーをもらいました。 記憶では大学入学のタイミング。 父方の祖母からは指輪、母方の祖母からはネックレス。 どちらも派手てデコラティブで、もらった当時の感想は 「これ使う機会一生ないわ~」 それが30年以上の時を経て、毎日使うくらいの愛用ぶり。 当時のおばあちゃん達は私の未来の姿を見越してプレゼントしてくれて 先見の明ある!と思ってました。 ところが、その話を娘にすると「ちがうんじゃない?」 「当時のおばあちゃん達が、自分達の好

              スキ
              1
              • 実家言葉

                先日セミナーの雑談タイム中、我が家独特のことばがあることが話題になりました。コンビ二のセブンイレブンのことを「セブイレ」と当たり前のように呼んでいたのです。 日経新聞の2月15日コラム「あすへの話題」欄で、作家の井上荒野氏は「実家言葉」と表現していました。 記事より引用です。 『家族全員がその言葉の感覚を共有していた。(中略)ほかの言葉に言い換えると意味は伝わっても精神みたいなものが損なわれてしまう。』 まさにその通り。我が家には「セブイレ」だけでなく、 ・ちょんちょ

                スキ
                3
                • リスク管理もポジティブに

                  先日、コンサルタントである知人のYouTube講演を観ました。 その中で危機管理の要諦は「まさか、をもしかしたらに変える」 リスクマネジメントでのお話でしたが、コーチングの中でも活かせると感じました。 最近は「定年後」「セカンドライフ」がセッションテーマになることが多いです。 クライアントの皆様も私と共に年を重ねてきた影響でしょうか。 「縁起でもないこと」に目を背けず、「もしかしたら起こるかも、ならばどう備える?」に意識を変える。 そのことで未来を、よりワクワクし

                  • ジャグリングとトンネリング

                    「いつも時間のないあなたに欠乏の行動経済学」 という本を読みました。 その中で印象的だったのがジャグリングとトンネリング。 ジャグリングは「緊急の課題を曲芸並みに次から次へとやりくりすること」 トンネリングは「トンネルの内側のものは鮮明に見えるが、トンネルに 入らないもの周辺のものは何も見えなくなる視野狭窄のこと」 です。 余裕がなく欠乏状態だと、その場しのぎ⇒火消し⇒再びその場しのぎ、の 悪循環が始まるとの分析に、非常に納得です。 コーチングではよく「緊急

                    • チームコーチングとプリキュアの言葉

                      4/2-3にコークリエイターエデュケーションの中で、 「2022年度の私たちコークリエイター目標」 をテーマに話しました。 もちろんチームコーチングを活用。 グランドルール⇒最初の問いを決めるところからスタートです。 本来ファシリテーションなら、アジェンダに沿った進行を 時間通りに行うのがセオリー。 ですがチームコーチングでは安心安全な場で、混乱対立も 包含し回り道もウェルカムで自由に思考を遊ばせます。 そして、思いもよらなかったゴールに「私たちで」たどり

                      スキ
                      1
                      • ON CLOUD NINE(9番目の雲)

                        表題のCLOUD NINE(9番目の雲)とは積乱雲とのこと。 夏の入道雲みたいな、縦長ニョキニョキ雲です。 *9番目=積乱雲は米国の気象庁で用いられた  雲の種類の9区分に由来 ON CLOUD NINE とは慣用句で「天にも昇る気持ち」 英英辞書アプリ(LexicEN)では A STATE OF EXTREME HAPPINESS 「極めて幸せな状態」だそうです。 人は言語が違えど、空の積乱雲を見てイメージすることは共通して いるのが驚きです。 空や花を観

                        • マルチ・プロトコル

                          先日義母の機種変更の付き添いで夫とともに携帯ショップへ。 隣席ではブラウザとクッキーなど携帯画面に表示される注意喚起の 文面の意味が分からない、という方が相談に来られてました。 声も佇まいもとても不安そうで、焦り気味のご様子です。 そして携帯ショップスタッフは、 ブラウザとは、クッキーとは、とIT用語を一つ一つ丁寧に解説。 その方はますます不安気に。 私は「その人がホントに気にしてるのは、注意喚起の中身がどれくらい 自分に悪影響あるかどうかですよ」と、言いたく

                          • 小説:コーチ!

                            今日は本のご紹介です。 『コーチ! はげまし屋・立花ことりのクライアントファイル 』 (講談社文庫,2021) 青木祐子著 ビジネス書でもプロコーチの書いた本でもない、小説家が 書いた「お仕事小説」です。 先日本屋で偶然出合いました。 「コーチが日本の小説の題材になったんだ」感慨一入です。 昔、コーチ仲間との会話で 「どうなったらコーチングが世の中に普及したことになるか」 (効果測定)の返答が 「月9ドラマの主人公がコーチ」 でした。一歩近づきましたか? (著者の作品はN

                            スキ
                            1
                            • 自己PRとフィードバック

                              先日、大学3年生の娘がインターンシップに申し込む為、エントリー シートのフィードバックを私に依頼してきました。 自己PRを3行で書く必要があり、自分の意図(面接時のアピール内容) がこの3行で伝わるかどうか、ぶれがないかを知りたいとのこと。 フィードバックしてほしいポイントも的確にリクエストしてきます。 早速「客観的事実」+「主観的事実」でフィードバック。 娘はフィードバックを元に、 ・指示詞(あれ、これ、それ)をなくす ・より「しっくりくる」言葉を類語から選

                              • 理に適う

                                NHKで『空手の形で気分爽快』という番組を観ました。 2回目は「基本技【受け】」。 空手は攻撃技より、自身の身を守るための「受け」の技を重視 するそうです。番組で初めて知りました。 番組は、指導者が初心者2人に  ①指導者をまねる   ②攻撃を受けてみる  ③練習を重ねる の順番で教えていました。 最初は見よう見真似から。 指導者は事実のフィードバック 「肩が上がっています」「脇が空いています」中心で、ダメ出しはなし。 ある程度形になったら、実際に攻撃

                                スキ
                                2
                                • 2021年回顧録

                                  あと1日で2021年も終わりです。 今年出合った映像、舞台、音楽のうち 印象深かったものを記します。 1.映像 ①おかえりモネ   「あまちゃん」以来久々にハマった朝ドラでした。 登場人物すべてが魅力的で愛おしいです。 ②劇場版「きのう何食べた?」 コミックを10年以上愛読し、テレビ版ももちろん視聴。 映画にも、大切な人との日常こそ大事、が詰まってました。 2.舞台①ジーザスクライストスーパースター 劇団四季版は27年前に観劇し、映画も何度も見ました。 そして何より