見出し画像

「Next Stage」(島根県立隠岐島前高校/山中瑞歩)


小学校3年生

瑞歩は、当時通っていた小学校の図書室で「ニッポンの嵐」という本を読み、隠岐島前高校の取り組みや、観光甲子園でグランプリを受賞した「ヒトツナギ」という旅について知った。瑞歩は、嵐の松本さんの大ファンである。そんな彼が、高校の位置する海士町を訪れ、温かく出迎える地域住民の方々との濃密な経験をされたことを知った時の驚きと言ったら、今後も忘れることはないだろう。

私の人生のターニングポイントには松本さんがしっかりと立っていて、私と隠岐島前地域を繋ぐきっかけを与えてくれたのだから……。

画像1

(現在も嵐のファン。ライブには8回行ったことがある。)

中学生

私は自分自身の性格について問われたり、初対面の大人の方や大勢の前で話したりする場面で「私って人見知りで口下手だ…。」と自負することが多かった。今思えば、それは私自身を守るのに特化したお決まりフレーズのようである。
その一方で、クラスや学年には、小学校の頃から一緒で信頼のおける、お互いの頑張りを応援し合える仲間。所属していた陸上部には、責任感の強くて気配りが上手な憧れの先輩がいた。

習い事のピアノや書道を続け、合唱のピアノ伴奏や学級目標の筆入れなどを経験する機会が舞い降りるようになり、苦手であった自己表現することの喜びも知った。1年生の頃から学年運営に興味を持ち、議長や学級委員を経て2年生からは生徒会役員を務めるようになった。学校行事の司会進行や企画をする中で、組織の特性や規模に合わせた運営方法を考えることや、意見を論理立てて説明する力の大切さに気付いた。瑞歩の学年には、学校行事の度に学年でダンスを踊って盛り上げるという、心躍るような雰囲気があり、行事が近づくとダンスの曲を代表で話し合い、みんなで練習したものだった。

画像19

(駅伝大会でタスキを繋いだ仲間。
苦しい練習も、笑顔で締めくくることが出来た。)

画像3

(合唱部はないものの、伝統ある歌声を地域の方に届ける。)

画像20

(幼馴染で構成されたという生徒会メンバー。役職に関わらず、各行事では特技を活かして活動した。)

隠岐島前高校との出逢い

夏休みの5日間で、瑞歩は憧れの隠岐島前地域に魅了される。

やがて志望校の話題が飛び交うようになった3年生の夏、隠岐島前高校ヒトツナギ部主催の「ヒトツナギ(の旅)2016」が実施されることを知り、家族で旅行好きである瑞歩は、参加を決めた。

ヒトツナギ部員の個性が結集した手作りの旅では、豊かな自然と共に暮らす地域の方々の日常にお邪魔し、一緒に温かな時間を過ごしたのだった。島から本土へ向かうフェリーに乗り込み、見送りに駆け付けた部員の皆さんや地域の方々からエールの言葉をかけられたときは、ここはまた帰れる故郷なんだと一人、確信していた。それから間もなく、瑞歩の志望校の選択肢に、隠岐島前高校が加わることになった。

画像6

(縦横無尽にひらめく、夏の紙テープ。なんてことだ!これが島前流のお見送りか…)

画像5

“決めた、私は隠岐へ行く!隠岐島前高校に行きます”
 <2016/11/20日記より>

中学校では、面接や小論文対策が始まった。瑞歩は、添削された文章と自分自身の本心との間で妥協する大変さを思い知った反面、まだ見ぬ島前地域での挑戦に思いを馳せていた。

“全然come up withしないよ~。(全然思いつかないよ~。)どうしよう。コミュニケーションって、行ってみなきゃ分からないよ!”
“(面接対策してるけど、意見に対する理由の説明が難しくて焦る。実際に面接官と話してみないと、本当のコミュニケーションが出来ないのに!)”        <12/29日記より>

試験をいよいよ受けるとなった時、合格祈願のために北野天満宮に向かった。

画像7

“心の中で隠岐に対する色が透明なブルーに変わったのが分かる。
ほんまに。やから、もう全力でやるしかない!”
“(北野天満宮に合格祈願にお参りをして、心が安らいだのが自分でも分かる。この調子で、全力で試験に挑むしかない!)”
< 2017/1/7日記より>

自分自身の中での対話を重ねる中で、「多様な価値観を持つ仲間との共同生活を通して、自分の価値観を広げ、コミュニケーション力を高めたい」「ヒトツナギ部で、旅の企画を通して島前地域の魅力を発信する側に立ちたい」という思いが固まった。

画像8

(みんなで合格するぞ!!)

試験の道中では、悪天候でフェリーの欠航が相次ぐなどのハプニングに見舞われて自然に生きる大変さを思い知ったが、無事合格することが出来た。

高校生

目覚まし時計のアラームより大きい、牛の鳴き声で目覚めることもあった。お隣の西ノ島には馬も放牧されていて、知夫里島には島民より多い狸が暮らしている。私の住んでいた鏡浦寮は海を見下ろす高台に位置しており、季節によって移り変わる海の色を楽しみに、歩いたものだった。

画像9

(夏には、透き通るようなブルーが何層にも重なって見える。)

画像20

(異国に来ているかのような風景。島民にも人気のある観光スポット!)

ヒトツナギをきっかけに出会った先輩たちは、地域の方々と私との懸け橋のような存在で、「新入生」だった私に「島前高生」「島留学生」「鏡浦寮生」という称号をすぐさま与えてくれた。農作業のお手伝い、海釣り、お祭りへの出店、音楽会の練習などで、休日もめまぐるしく過ぎていく。楽しいこともあったが、不慣れな生活リズムに体が悲鳴をあげることも少なからずあった。自分自身が対処できるボーダーラインを意識することの大切さを思い知った。

画像21

(田植えのお手伝いに参加。子どもから大人まで、協働して行うのが日常だそうだ。)

あ

(音楽祭で、初めてのブラスバンド!島には、音楽好きの方が本当に多い。)

“人と人の間の色んな板挟みになって、辛いよ。この能力活かせないのかな。”<2017/6/10 日記より>

私の住んでいた海士町では「ないものはない」というスローガンを掲げ、都会にあるような娯楽や便利な店舗はないものの、生きていくのに必要なものは全てここにある、という特性をユニークに伝えている。その言葉通り、多種多様で伝統的な行事が催され、地域に生きる人々の精神的な拠り所となり洗練されているようだった。それらの行事には、私たち島前高生が企画したり委託される場合が多く、大人の方と意見交換したり多様な価値観を持つ仲間と協働したりすることが、初めて日常的な出来事となった。

画像10


 
島出身の方や、地域起こしに情熱を懸けるIターン者など多種多様な経験をされた方々と交流するなかで、いつしか私なりの物事の判断軸が備わるようになった。独りよがりで頑固な軸なのかもしれないけれど、直感的に惹かれる物事や他者との関わり方などを豊かにしたいという思いが強くなった。

そして、ヒトツナギ部員になった

私はヒトツナギ部に入部し、1、2年生の7月、志望理由の1つであったヒトツナギの旅の企画・運営に挑戦した。ヒトツナギの旅とは、観光甲子園におけるグランプリ受賞をきっかけに、ヒトツナギ部が企画する毎年恒例の旅である。

島前地域を舞台に全国の中高生(島前地域も含む)を対象とした旅では、参加者に島前地域に愛着や誇りを持ってもらうことを目的として、地域の方との交流や自然を満喫する企画を考えた。特に2年次では旅の半年以上前から構想を練り始め、高校の職員会議向けの資料作成や地域の方々への相談、活動の協力依頼などを部員で行うほどだった。部活外での話し合いも調節し、旅の土台作りのための地味だけれど大切な、本当にめまぐるしい日々を過ごした。

部員間での情報共有が上手く機能せず、部としての進捗が滞ることや、顧問と部員の関係性の在り方について悩むこともあった。特に、人を相手にした関係性を考えることが最優先の企画であるため、部員と地域の方、そして参加者にとって最高のコンセプトを考えることは至難だった。

画像11

(アイスブレイクをしつつ、明日から始まるホームステイにわくわく。)

それらの数々の失敗や反省は今に活きる実践知となっており、部員ならではの成長痛とも考えられるだろう。当日は19名の参加者が集まり、3泊4日の旅では地域の方の日常にお邪魔するホームステイをしたり、地区の歴史に触れたりするなどの企画を実施した。実際に、ヒトツナギの旅に参加した後に島前高校に入学する後輩も多い。前述の通り、私もその一人だ。

島前地域との関わり方は多様であると思う。ヒトツナギへの参加をきっかけに、参加者が自分の関心の幅を広げたり新しい気付きを得て一歩を踏み出したりするきっかけに繋がるなら、私たちの使命は果たされるはずだと確信している。

画像12

(揃いのTシャツは、ヒトツナギ部デザイン。「行ってきます!」)

寮という居場所

寮生活では、男女ともに「教育寮」として自主的な生活が保てるような運営をしていた。これこそ三燈寮(男子寮)、鏡浦寮(女子寮)ならではの魅力である。私の入学した頃と比べると、各自の係以外に、「住みやすい寮」のための多種多様な有志のプロジェクトが20近く立ち上がっていることに気付く。

私は、新1年寮生への寮則説明を担当したことをきっかけに、全寮生が寮則を守る意味を考えて行動できるようにするべく、守る意味や改訂箇所について話し合い、その目的を達成することが出来た。

また寮生の現状を“ゆるキャラ”のコンセプトに込め、地域活動の際のトレードマークとして活用する案を考えたり、毎日取り組む掃除時間を見直し、効果的な掃除方法やモチベーションを保つための案を提案したりする活動に取り組んだ。

画像20

(同じ寮で暮らす、同学年の仲間。この日は鍋会したね。)

画像14


鏡浦寮ゆるキャラ 全体図

(1年半かけて、寮生のアンケートからコンセプト作りまでを実施。待望の「も~ほちゃん」が完成!後輩に、活躍を託します。)
 

どのプロジェクトにも共通していることは、挑戦者として実践知が身につく機会があることであると考える。その機会を掴み、進捗の下で起こる失敗や成功から学びや気付きを取り出すというプロセスは、高校で実践されているPBL型学習における課題解決力を養ううえで大切である。書籍やトップランナーから得た知識や方法を知っているだけでなく、その上で自分なりの実践知を試してみることで活きた知識となる。

私たちの卒寮した鏡浦寮に、「共に挑戦する寮」が続いていることを願う。

“一つ二つ、自分たちの代でできること、考えて残そう!!”
<2018/1/30日記より>

シームレスな学び舎

このように、学び舎は授業の枠を超えて、島前地域に広がっている。見方を少し変えるだけで、どんなことからも学ぶ姿勢を身に付けることが出来るのだと驚いている。それは、島前地域が選択した地域創生の方法が特別なのではなく、それを実践したり島前地域に集まる人々から私は影響を受けていたと感じている。

「土の人」、「風の人」という言葉をご存じだろうか。前者はその土地に根づく人を、後者は地域外から関わる人を指す。前述のヒトツナギの発端は、まさに両者が交わることによって当たり前とされていた地域の特徴に魅力を見出し、発信する観光プランを考えたことだった。

中世において流刑地であった島前地域は、島民は流刑人に対しても寛容的だったと地域の資料館で聞いたことがある。

風の人に対する精神が、今も根付いているのだろうか。土の人と風の人とのコンビネーションは今までにない化学反応を起こし、世界の過疎地域の課題解決事例にもなり得るチャンスがあるという。

私は、地域創生に関わる大人の多様な挑戦を目の当たりにし、時には一緒に考え、悩み、典型的な田舎像のシナリオに違和感を覚えたこともあった。挑戦する目的が異なるとはいえど、この島前地域では普段から人との距離が近くて見守られているような、人見知りをする暇もないくらいに温かく迎えてくれるような場面が多かった。私たち島留学生も、信頼関係で結ばれた人々の輪の中に参入し、やがて一人の海士町民として、一人の挑戦者として同じフィールドで学びを得ることが出来たはずだ。

画像16

(ヒトツナギ参加のご縁もあり、祭りでは民謡を披露することができた。)

まとめ

ふとした好奇心から実践するまでの試行錯誤には、膨大な段階や工夫などが必要である。隠岐島前地域では、その活動を全力で支えてくれる環境に出会えた。勉強から日々の悩みまでバックアップすることのできる学習センター、行事で会う度に親身に話を聞いてくださった知り合いの地域の方々…。

信頼関係の輪はいつしか、行事の手伝いをしに地域の方と話したい、興味のある職の方に会えるかもしれない、といった、私の小さな好奇心の幅を広げてくれたのだった。

どの場所で活動するにせよ、すごく気が合って一緒にチャレンジしていきたいと思う人、色々な面で尊敬できる人、一方で関わり方が分からない苦手な人など、多様な価値観を持った人々がいることだろう。同じ活動をする中でも、全員の学びには、一人一人がどこまで意識して取り組めるかが関係している。アクティブラーニングを目的とするのではなく手段だと認識するべきだと考えたのも、日々の授業の中で考えついたことだ。

島前高校の教育現場には、活動に対する意識の違いを考えて活動することで、違いある他者とどう向き合うかについて考えるヒントが沢山あったはずだ。不思議なことに、思い切って色々な人と話すことで自分の強みや弱みを発見出来るきっかけに繋がることが多かったのだ。

PDCAサイクルが自然に回るようになり、自己分析に自信を持てるようになったことが、私にとって非日常的な体験だった。実家に帰省してゆったりしたり、趣味に没頭したりするなどして、その体験が日常的な体験と区別されていることが分かった。それが繰り返されるにつれて、2つの体験を右往左往するのではなく、日常的な体験の中に非日常的な体験を発見することやその逆のことも出来るようになったと思う。

私は、どちらの体験も好きだ。
だからこそ、これからも多様な価値観や文化を理解する楽しさを伝えていこうと思う。新しいフィールドで生きる、進化した自分に出会うために。

(島根県隠岐島前高校/2020年3月卒業/山中瑞歩)

◆◇地域みらい留学生/卒業生の贈る言葉◇◆
今年地域みらい留学の3年間を終えた卒業生有志による企画です。
「わたしの3年間」「高校生活の思い出」「地域みらい留学と私」など
それぞれの3年間を振り返り、それぞれの言葉を綴っていただきました。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
15
「地域みらい留学」とは、北海道から沖縄まで日本の各地域にある魅力的な学校に入学し、充実した高校3年間をおくること。豊かな自然、ここでしかできない体験、少人数教育など、魅力溢れる高校生活を紹介します。 詳しい情報はこちら→http://urx.blue/w60z