見出し画像

『Contemporary Jewellery Symposium Tokyo 2021』参加者募集


この度、コンテンポラリージュエリー分野の日本での発展を目指しContemporary Jewellery Symposium Tokyo 2021を開催する運びとなりました。
コンテンポラリージュエリーとは戦後のヨーロッパやアメリカを中心として広まった、アーティストが制作する装飾機能を持った美術作品です。職人制度からの逸脱を目指し、従来の宝飾技法や貴金属、宝石などの絶対的価値から解放され、アーティスト個人の装飾表現としてその歴史は始まりました。海外では認知されているコンテンポラリージュエリーの世界ですが、残念ながら日本ではあまり知られておりません。アーティストたちは海外での活動を中心とし、国内での発表機会は限られています。コンテンポラリージュエリー分野の中心として認められているドイツの国際シンポジウム(Schmucksymposium)の助言を得て、また他にも多方面の方々からご協力とご賛同いただき、日本国内でも美術表現の一分野としてコンテンポラリージュエリーの魅力を広く伝えることを目指しております。
新型コロナウィルスの影響により開催延期を余儀なくされました。そして美術や工芸を生業としている人たちもその活動を制限され、展示や流通の多くが困難な状況をしいられました。そんなアーティストやギャラリストにとって、本シンポジウム企画が活動支援の一助となるよう願っております。
第1回目のテーマは「2020年以降の装飾表現とコンテンポラリージュエリー」です。コンテンポラリージュエリーという分野に興味を持つアーティスト、コレクター、教育者、学生が一堂に会し、東京渋谷を中心として国内外へ発信する新しいムーブメントとしての第一歩をご期待ください。

内容についてのお問合せは、 コンテンポラリージュエリーシンポジウム東京企画運営代表の寺嶋までお気軽にお申しつけください。何卒よろしくお願い申し上げます。  
cj.symposium.tokyo@gmail.com


Contemporary Jewellery Symposium Tokyo 2021 
開催概要

画像1

第1回テーマ 「2020年以降の装飾表現とコンテンポラリージュエリー」

◾︎ コンテンポラリージュエリーについての基礎知識と現状の共有
◾︎ 分野を超えた幅広い視点から考えるコンテンポラリージュエリーの今後の展望
◾︎ 国内外での活動を見据えたネットワークの構築と次世代アーティストやギャラリストの育成
◾︎ コンテンポラリージュエリーコレクターの獲得に向けた作品の着用や鑑賞方法の提案
◾︎ 東京都内複数箇所での展示開催による社会へのアピールと情報発信

【開催日時】
2021年 5月1日(土)〜5月5日(水)
オンラインプログラム/5月1、2日、同時開催展示/5月3〜5日を含む前後数週間

開催場所
オンラインプログラム
Zoomにてライブまたは録画配信いたします。配信URL、パスワードは申込完了後、後日メールにてご連絡いたします。(参加には開催日までにZoomのインストールが必須です)
同時開催展示
展示会の詳細(出展者、住所、日程)につきましては、最終決定後、情報開示予定

オンラインプログラム定員数
両日ともに 200名程度/先着順、事前申込制

オンラインプログラム参加費
30歳以下/5月1日(土) 2,000円、 5月2日(日) 2,000円、両日 3,000円
31歳以上/5月1日(土) 3,000円、 5月2日(日) 3,000円、両日 5,000円


- オンラインプログラム - 

5月1日(土) 
◾︎ 10:30~12:00 レクチャー①
「コンテンポラリージュエリー分野の基礎知識」
秋山 真樹子/ジュエリーライター、翻訳家
                 
◾︎ 13:30~15:30トークセッション①
「コンテンポラリージュエリーの世界について」
秋山 真樹子/ジュエリーライター、翻訳家 
鎌田 治朗/ドイツ在住ジュエリー作家
関  昭郎/東京都写真美術館 学芸員
           
◾︎ 15:45~16:15 ギャラリーツアー①
鎌田治朗(個展)」/gallery deux poissons             
 
◾︎ 16:30~18:30 トークセッション②
「日本人作家の強みと魅力から考えるジュエリー作品の可能性」
石鍋 博子/アートコレクター、ワンピース倶楽部 代表
下川 拓郎/美術雑誌「月刊美術」編集者
舘鼻 則孝/アーティスト 
 
5月2日(日)
◾︎ 10:30~12:00 レクチャー②
「アーティスト新里明子」
新里 明子/ロンドン在住ジュエリー作家
 
◾︎ 13:30~15:30 トークセッション③
「教育現場のコンテンポラリージュエリーと作家活動」
嶺脇 美貴子/ヒコみづのジュエリーカレッジ講師、ジュエリー作家 
田口 史樹/神戸芸術工科大学准教授、国内在住ジュエリー作家
新里 明子/ロンドン在住ジュエリー作家   
            
◾︎ 15:45~16:15 ギャラリーツアー②
スイス・日本コンテンポラリージュエリー展」/HOLE IN THE WALL 

◾︎ 16:30~18:30 トークセッション④
「アーティストとして自立するために」
森  知彦/ギャラリスト、gallery deux poissons ディレクター
白石  舞/ブランディングディレクター、CATTLEYA TOKYO 代表
小嶋 崇嗣/ジュエリー作家、FACILE代表、CJST代表

寺嶋 孝佳(モデレーター)/CJST運営企画代表、装身具作家


- 同時開催展示出展リスト -

◾︎ 関 美怜 展 - LIGHT 
期間/2021年4月14日(水) - 6月8日(火)
時間/10:30-19:30(*最終日は10:30-17:00)
会場/日本橋高島屋S.C. 本館2階アートアベニュー/東京都中央区日本橋2-4-1
出展作家/関 美怜
https://www.misatoseki.com 

◾︎ スイス日本コンテンポラリージュエリー展 ”TANGIBLE DIALOGUE ー 形ある会話”
期間/2021年4月16日(金) - 5月8日(土) 。
時間/12:00-18:00(*5/2(日)は特別にオープンいたします)
会場/HOLE IN THE WALL+マテリアルズライブラリー・エントランスショーケース(同校舎2Fスペース)/東京都渋谷区渋谷1-20-5学校法人水野学園青山校
出展作家/David Bielander、Esther Brinkmann、Melanie Burkhard、Kiko Gianocca、Andi Gut、Sophie Hanagarth、Sonia Morel、Fabrice Schaefer、Bernhard Schobinger、Christoph Zellweger、Bérénice Noël、Manami Aoki、Hiyu Hamasaki、Atsuko Ito、Kimiaki Kageyama、Takashi Kojima、Mikiko Minewaki、Itto Mishima、Shinji Nakaba、Etsuko Sonobe、Fumiki Taguchi、Asami Watanabe
https://holeinthewall.tokyo/access/

◾︎ JIRO KAMATA Exhibition『 HOLON 』
期間/2021年4月23日(金) - 5月9日(日)
時間/12:00-19:00(*月曜日休廊)
会場/gallery deux poissons/東京都渋谷区恵比寿2-3-6 1F
出展作家/鎌田 治朗
http://www.deuxpoissons.com

◾︎ GO into the PUBLIC Mobile gallery by Masaya Sawada + Japanese artists from far east
期間①/2021年5月2日(日) - 5月5日(水)
時間①/14:00-20:00 *最終日は14:00-18:00
期間②/2021年5月6日(木) - 5月15日(土)
時間②/アポイントメント制 mail@hetlaboatrium.info
会場/het Labo atrium/東京都新宿区高田馬場1-5-11
出展作家/澤田将哉+横内 さゆみ、石田 明里、関 美怜、伊藤 敦子、平石 裕、渡辺 麻実、嶺脇 美貴子、田口史樹、渡辺 良太、永野 和美、青栁 寿美江、日影 かおん、住岡 真理、松浦 峰里、山本 理緒、下小野田 夏子、後藤 渓、小林 初子
https://www.hetlaboatrium.info

◾︎ RESOURCES/日欧コンテンポラリージュエリー展
期間/2021年5月3日(月) - 5月9日(日)
時間/11:00-17:30 (*6日、7日は11:00-16:00)
*時間外アポイントメントはHPより受付
会場/HAMONGALLERY 東京都中央区湊3-5-2頂ビルディング2F
出展作家/Ramon Puig Cuyàs、Maria Diez Serrat、Eva Burton、Paul Adie、田代 聖晃、要 由記子、渡邉良太、貝原 奈積
https://www.cjex.art/resources

◾︎ シンポジウムセレクトアーティスト展
期間/2021年5月3日(月) - 5月5日(水)
時間/12:00-19:00
会場/CAFE deux poissons 150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-4-2
出展作家/新里 明子、田口 史樹、嶺脇 美貴子
https://www.cafedeuxpoissons.com


【協賛】
一般財団法人 中辻創智社
乾庄貴金属化工株式会社
Hoshino Studio Jewelers
het Labo atruim

リーガル・カウンセル 
新田真之介(弁護士、新田・天野法律事務所) 

後援
公益社団法人 日本ジュエリーデザイナー協会(JJDA)

【広報ご協力】
「月刊美術」/株式会社サン・アート 様
jewelleryactivist 様
ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)様

【主催】
コンテンポラリージュエリーシンポジウム東京 

画像3

【オンラインプログラム申込みについて】

申込方法
下記のメールアドレスに①〜⑤を記入の上、申し込みお願いします。
① 氏名、② 参加費、③ 参加希望日(5月1日/5月2日/両日)④ 電話番号
⑤ 登壇者やトークセッション内容について質問してみたい事(希望者のみ)
※複数人で参加希望の方は代表者がまとめてご記入下さい。

受付完了後、2021年4月23日までに下記の口座へお振込をお願いします。それ以降にキャンセルされた方にはキャンセル代として全額お支払いただきますのでご了承ください。

申し込みをいただいた場合、原則として1週間以内に受付完了の連絡をいたします。1週間以内に何らかの回答が無い場合は、お手数ですが再度お送りください。

申し込みで取得した個人情報は、申し込みへの回答のみに使用し、法令の規定に基づく場合を除き、第三者へ提供いたしません。

申込先: cj.symposium.tokyo@gmail.com/企画運営係まで
振込先: ゆうちょ銀行/口座名 コンテンポラリージュエリーシンポジウム東京/預金種目 普通預金/店名 四四八(読み ヨンヨンハチ)/口座番号 43895681/店番 448 ※他の金融機関のATMからお振込される場合には口座番号末尾の1は不要。
       
応募締切: 2021年4月23日(金曜)

備 考
新型コロナウィルス等の影響により止むを得ず企画が中止となった場合には、責任を持って全額返金させていただきます。
社会状況に合わせ、予告なく企画内容や時間を変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
運営側でのトラブル以外(個人様のインターネット接続や端末トラブルなど)は責任を負いかねます。事前のご確認をお願いします。


登壇者やシンポジウムについての詳細な情報につきましては、下記のデータをダウンロードしてご確認ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

画像2



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
寺嶋孝佳【装身具作家/CJST運営代表】

サポート、応援を何卒よろしくお願いします。コンテンポラリージュエリーの普及活動資金としてシンポジウム企画の運営費、出版物の製作費などに活用させていただきます。