見出し画像

「個人の名前で仕事をする」ことの光よりも影を伝えたい


こんばんは、塩谷です。
しばらく大阪にいます(実家です)。



今回は、前回リクエストのあった、「自分の名前で仕事をするということ」について、書いていきたいなぁと思います。


私は高校時代からずっと「良いモノを良いと伝えられるだけのメディアを作りたい」と思っていました。

そうした執念じみた思いや、過去9年間の奮闘は下記のnoteに長々と書いているので割愛しますが……


実際に情報発信をはじめて、今でやっと10年。紆余曲折もありましたが、時代の流れもあり、個人として情報発信をすることが仕事になりました。その中でインフルエンサーと呼ばれたり、表に出る機会は増えていきました。


ですが、世の中に見えているのはもちろん、「表向き」の場所です。


ライトにあたらない部分、というのは当然あります。むしろそっちの方が多いんじゃないかな。


私は子どもの頃、少し劇団に入り舞台に立っていました。そこではどんなにお腹が痛かろうが、どんなに衣装がキツかろうが、光が当たった瞬間には別人になりきる……というのが、幼少からの「常識」でもありました。


ですが舞台は、「ハレ」の出来事で、舞台が終わって家に帰ってからの日常はほとんど「ケ」。それだと良かったんです。しかし今、SNSは日常の中に深く繋がりながらも、劇場のキャパシティよりもはるかに多くのフォロワーに、自論を、日常を、景色を、伝えている場所です。



「あなたのような働き方がしたいです」と言ってもらえることがあります。そう言われたときに、嬉しさよりも、不安のほうが勝ってしまいます。だって憧れとして見えている部分は、虚構ではないものの、「全て」じゃないからです。


なので今夜は「個人の名前で働きたい」という方にぜひとも知って欲しい、スポットライトの当たらない部分を、ちゃんと書いていきたいと思います。



自分の名前で仕事するメリット

この続きをみるには

この続き:6,133文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
買い切りタイプなので、1度お買い上げいただければ、追加課金などはなしで、ずっと読むことが出来ます。単品で購入した場合は総額1万3千円相当の記事が入っております。つまりとってもお得です( ˘ω˘)

およそ2年間運営してきたマガジン「記憶に残るインターネットの使い方」のポジティブ廃刊にともなって、これまで人気のあった記事だけをおまと...

または、記事単体で購入する

「個人の名前で仕事をする」ことの光よりも影を伝えたい

塩谷舞(mai shiotani)

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、文化的投資に使いたいと思います!

インターネットの中で出会えるってすごい確率ですよね
260
オピニオンメディアmilieu編集長。大阪とニューヨークの二拠点生活中。1988年大阪・千里生まれ。京都市立芸術大学卒業。大学時代にアートマガジンSHAKE ART!を創刊、展覧会のキュレーションやメディア運営を行う。Webディレクター・PRを経て2015年からフリーランス

コメント1件

早速リクエストこたえてくださりありがとうございます>< 闇の部分はやはりおもてに出ない部分だったので、なるほど…と思いながら読ませていただきました!!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。