見出し画像

今だから、”誓う”こと

写真家 山本裕

新しく自分自身のブランディングとして、ウエディング事業を立ち上げました。名前はまだない。笑


画像1

このコロナでウエディング業界真っ青の只中なのに、僕はウエディングが大好き過ぎて、やらずにはいられないんですよね。なんでこんなに好きかは深い話があるのでまた別の機会にしまして、

この8月より、誓うことに主軸においたフォトウエディングを展開します。

いっぱい他にも同じことやってる写真会社もあるのだけど、私たちが軸に置いてるのは
シンプルに大事なことを事前に話し合って欲しい
それだけ。

この2月ごろから、こんな今だからこそウエディングでも出来ることないか。写真だからこそ出来ることないのかな。

って日々模索していました。

かなり端折ってしまうけど、18年間2000組以上の撮影をしてきて、結婚式とは何か?と聞かれたら、僕なりの今の結論はこう。

誓う”と”祝う” この2つである

画像2

画像3

大小の教会でのカトリック、プロテスタント式様々な宗派の神社式、仏式、人前式、あるいは披露宴もホテル、ゲストハウス、レストラン国内のおよそあらゆる結婚式の形を見てきて、たどり着いたのは

一緒になる2人がこれから共に歩くんだと ”誓う”こと
そんな2人を見守る人たちが”祝う”こと

結局このたった2つしかないということ。

そして、今は集まって祝うことが出来ないから今出来ることとして、“誓う”をやろう。

という、なんてシンプルな始まりなんだ。


誓うって大袈裟に聞こえるかも知れないけれど、

お互いの何を大事にするか。

お互いに何を応援するか。

どんな景色を見たくて一緒に歩くか。


画像4

ということなんですよね。

こういうことって、新しい生活の変化や毎日あっという間に過ぎる日常の中で、きちんと話せてるかっていうと実は見落としがちな気がしています。

これは何も新婚さんだけではなくて、
何年か一緒に歩いた夫婦も、
子供が産まれて育児に奮闘している家庭も、

本当は大事なことを日々感謝し続けながらできていたら問題は大きくならない訳で、実はほとんどの大きな問題ここの小さな綻びからスタートしている。

だから当たり前になってしまう前に、いや当たり前になってしまってたなって気付いた後でもOK!大丈夫、そこから軌道修正しましょ。

それをすることで

・私たちって実はこんなこと大切に思ってたんだ!
・分かった!それぞれ、これを優先しよう!
・色々毎日あるけど、ここ目指していこうね!

画像5

ってことを改めて確認してもらえるきっかけになりたい。これができたら

・お互いの絆が深まる
・一緒にいる意味を深いレベルで一緒に共有できる
・夫婦や家族が今より円満で穏やかになる

と思うんです。我々は人生の大切な瞬間を残す写真のスペシャリストだから、の当日のセレモニーで行う素晴らしい内容が作れたら、もう大袈裟ではなく本当に、人生の支えになるほどの素晴らしい瞬間が残せます。

今このコロナの状況下で、リスクを限りなく減らしてこの誓いの場を作るには開放的なロケーションで撮るのが、かえってこの状況をポジティブに活かせて良いんじゃない?

ということで、誓いの場とロケーションフォトをやりますね。

さっきも書きましたが。私たちが軸に置いてるのは、
シンプルに大事なことを事前に話し合って欲しい
それだけなんです。それが本当に大事なの。

このウエディングの取り組みを全国で展開してやっていきます。
今回8/9,11に募集してるのは北海道。北海道の大自然に還り、原点として大切なことを確かめ合う場、一緒に作りませんか?

ぜひ気になった方はコメント欄などお気軽にご連絡ください。
今後も都内を中心に、9月は京都、10月は名古屋、まだ未定ですが長野、新潟etc など?でも企画する予定です。

もしどこかでやって欲しいところあればリクエストください!コロナ対策万全にして飛んで行きます。

撮影料はモニター価格99000円。(キャンペーン後は18万前後から販売予定)お写真は一部許可を貰い今後のキャンペーンに使用させて頂きます。

・撮影全データ付(お渡し300カット以上)

・2,3分の簡単なフォトムービー付

※衣装やメイクはカジュアルでOKで、本格的なドレスやヘアメイクなどはオプションにて承ります。

長くなってしまいましたが、最後にこのサービスは共同企画です。美ライフフォトグラファーさほちゃんと国際フリープランナーBEyond Weddings & Eventsの渡辺美枝さんと一緒に企画していて、

この北海道では、わたくし多次元写真家山本ヒロシと、女性の心を鷲掴みにして離さない美ライフフォトグラファーさほの両名によるダブル撮影です。

なぜ両名のダブルで撮るか。
それが最もこのサービスの価値を膨らませるからです。

写真の持っている非常にボジティブな力をそれぞれ強く信じていて、今だからあるその表情や瞬間がとても大事でそこを残したい・逃したくないという強い思いが全く一緒で。

事実、あるイベントを一緒に撮ることがあった時に、仕上げた写真を一緒のフォルダに入れて納品したら、どっちがどっちの撮った写真かわからなくなったほど。

18年間やってきて、何百人ものカメラマンの写真を見てきましたが、こんなに同じ想いのエネルギーで撮れるフォトグラファーにはこれまで出会ったことがありません。

写真は撮り手の人間性も大きく影響します。それなりの人生経験をしてきた私たちだからこそ写せるものが確実にあります。それぞれ女性側、男性側に寄り添って撮れる、カップルやファミリーの節目の写真。ぜひ私たち2人が撮れる写真を楽しみにしててください。

画像6

画像7

金額を下げて売り込むのは好きじゃないですが、この金額でできるのはおそらくこの最初の何回かだけになると思います。僕たちは豊かな循環を目指しているので、コロナの状況でも結婚したい男女の熱は変わらないはずだから、たくさんの人に知って貰えるように、ウエディング業界がまるごともっと元気にならなくてはならない。そのために全国で幸せを作ります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。ぜひお待ちしています!

━━━━━━
Facebook




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
写真家 山本裕
CVが劇的に伸びる一枚を。 ウエディング3000件の経験を 活かした広告撮影をしています。 あなた自身や商品サービスの 想いを聴き、待っている人に まっすぐに届けることが仕事です。 写真にできることを 誠実に、丁寧に、最大限に。