見出し画像

34歳初上京スタート

choco

おはようございます。

今は2022/11/16 9:16。

羽田空港第二ターミナル地下一階の検査センターで、出発前の抗原検査を受けての結果待ちなう。です。これから3日間仕事で宮古島に行ってきます。

ご無沙汰をしてしまいました、あるいは、はじめまして。今年3月末に15年間の沖縄生活に区切りをつけて4月に地元 神奈川県の湯河原に帰ったよ、のちょこです。

単刀直入に言えば『東京に引越しました』TOKYO!トーキョー!

地域がどうとか、故郷でのなんちゃらがどうとか、なんやかんやと言っていたのに、10月中旬に「湯河原を出よう!」と決めて荷物を最小限にして11月9日には出張帰りのその足で新居の鍵を受け取って新生活をそのまま開始しました。

なし崩し的に彼氏の家に転がり込んで、同棲始めたカップルのような急展開です。

でも、急展開じゃなかったんですよね。

ここ数ヶ月、迷走していました。

思えば、というか、10月に「ハッ!」としたときに8月、いや、7月、いや、6月ぐらいから本当は思っていたように思います。

「なんかちがう」と。

事実、この時期からわたしは奇妙な行動をはじめています。

『家出』と称して日中はファミレスや図書館に入り浸り、友だちのところに遊びに行きましたし、飲みにもいきました。

『つながり+からだづくり』とこの地域唯一の老舗スポーツクラブも毎日のように通っていました。

またそれに加えて、『地域活性にもなる』と「使っていいよ」と言ってもらったアンドステイミツビシソウで過ごしたりなんか企んだりも。

プレオープンがおわり、予約販売もあるクラウドファンディング中


さらには『新しい働き方、働き口発見』と9月には多拠点サービス Living Anywhere Commonsに本会員として電車で行ける範囲のところを泊まり歩いていました。

(ここで検査結果がでました、陰性です🙌)

こうしてかいてみると、ほんとに今にして思えば、なんですけど、『迷走』してますよねー。となりますが目の前しか見えていなかったんですね。

「なんかちがう」を足で稼いで見つけようとしていたというよりは、忘れようと考えないようにとしていたのだと思います。
動いていると「日々満足、満喫しています!わたし!」とアピールできるし思い込ませられる。周りにも、自分にも。安心したかったんだなぁ。形式的でも。

わたしにこの時必要だったのは、『動く』でなく『立ち止まる』だったのです。

『動いて』or『立ち止まって』気づく時か

「今、どうしたいのか?」を自分に問う時に2つ方法があって。

それは、『動いて気づく』か『立ち止まって気づく』か。どっちのタイプ?ではなく、その時々でスイッチングして決め込まないでいるのが大事ですね。

わたしはどちらかというと止まっていられなくて、止まっているとザワザワするかウツウツするかになりやすく、それに耐えきれなくて逃げようとします。そうなるのが嫌で、動いているうちに見つかる、というのがわたしの必勝法だ、とばかりに多動さを出してきます。

でもこの止まっていられなさ、というのは、経験回数の少なさなのでは?と。要するに慣れている方に流れやすいだけ。わたしの場合は動くほうに慣れているだけなのです。だから耐えられないだけで。

ここ数年、ひとりの時間を愛せるようになってきたのですが、その中で『止まっていることでのザワザワウツウツの価値』みたいなものに気づき始めました。「止まることも意外に悪くないもんだな」の感覚を味わっているのです。

でも、環境も状況も変わって「今安心できそうな場所に何とか逃げ込みたい」と思ったわたしは、慣れている方『動く』のほうを選択したというわけです。これからを考えたら『立ち止まる』のほうだったのに、です。

最後の砦「ハッ!」と我に帰る感

自分の時間もお金も体力も動くことでなくしていって、自分の首を自分で締めるようなことをしていたわたし。

最後の砦(自分からのサイン)が「ハッ!」でした。我に帰る感覚があったのです。ここで「いやでも今はできないよ」としたり、あれこれ理由づけしたりしていたら「今の状況をどう打破するかを考えなきゃ」にはなれなかったでしょう。「あーなんてことをしたんだ。絶望」と落ち込んで暗くなっていても次には動けなかったでしょう。

「なにやっとんねん!」と自分にツッコミを入れ思わず笑ってしまえるようになり、と同時に、「我慢させてたね、辛い思いさせてごめん!これから見てて変えるから!」と自分への謝罪と決意を述べられるようになっていた+それが嘘にならない選択行動をする、が出来て今の状況がつくれています。

感覚と気づきと行動とを回していきながら物事って動かしていくし変わっていくもんですね。つくづくと。

なんやかんやと東京暮らし

今は飛行機にのり、ホテルですが、そんなこんなで東京暮らしに移行しました。

これからどう動いていくのか今後ともお楽しみにです。

このへんで。あでゅー!ごはんにでかけます。細切れの時間で書いていったら夜になっちゃいました。

ご機嫌よう。またです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!