見出し画像

店長のたりない日々(2024年6月号web版)

※店舗で張り出している物とは内容が違います。両方楽しんでいただけたら嬉しいです

「情報発信の仕方とやりたいことと好きな事」

 つい先日というよりもこのweb版を書こうと決める前まで「音声配信やりたいな~」なんて思っていた。流行り病によって外出ができなくなった頃は少しだけ個人でやっていたけれども、いつの間にか止めてしまった。

 けれども、昨今podcast含めて音声配信をしている人が凄く増えているし、面白かったり癒されたりする番組がとても増えて来たなと思った。そうなると「うわ!私ももう1回やろうかな!というかやりたい!」なんて思っていた。けれども、結局音声配信ではなく「文字」の方を選んだ。

 特別な深い理由なんてものは何もないんだけれども、一番の理由としてはシンプルで「結局のところ文字/文章が好き」という事だった。ただ、だからと言って音声配信が嫌いなんて事はないし、これを書いてる今も「やっぱり音声配信も良いよなあ」と思っている。

 人には向き不向きがあるし、「好きなこと」と「やりたい事」が100%噛み合う事なんてなかなか無い。あるいは「向いている事」と「やってみたい事」とか。とにかく色々な事がバッチリ気持ち良く噛み合う事はまあなかなかない。

 そう考えた時に「文字/文章」は好きだし「書くという事はやりたい」という風に元々ずっと思っていたので「じゃあやっぱり書くか!」という風に自分の中ですっきりと腑に落ちた。ただ、文字って言うのは中々難しいし、感情や熱量ってものが上手く伝わるのか不安はある。けれども「やっぱり書くか!」という気持ちには抗えなかった。

 もう一つ凄く個人的かつしょうもない(?)理由もあって。音声配信だとだんだんテンションが上がって余計な事まで沢山喋ってしまいそうで笑
止めてくれる人が居ればいいのだけれども、仮に音声配信やるとしたら一人でやるだろうし、ストッパーが居ないというのはとても怖いわけです笑

 「音声配信でそんな心配をするなら結局文章でも同じでは?」なんて言われるかもしれないのですが、これが違うのです。文章の場合は目の前に書いたものが「目に見える形式」で残るので、書き終わった後に振り返りができる。

 音声配信も「音」が残るので世に出す前に聞き直せばいいんですが、私のコンプレックスというか自分の好きじゃないところの一つが「声」なので、まあなかなか自分で聞き返すのはしんどい作業になる。なんで自分の「声」が好きじゃないのに音声配信やろうとしとるんじゃ!というツッコミは無しでお願いしますね笑

 つらつらとめんどくさい言い訳みたいな事を書いてきたけど、情報発信としてやるなら文字/文章が良いし、やりたかったし好きだから結局文章が一番性に合ってるって話でした。

 きっとこれからも「あれがやりたい」、「これがやりたい」とか色々と出てくるだろうしそのたびにうだうだと傍から見たら凄いめんどくさい事を色々考えてしまうんだろうなって思うけどもまあそれが私なので暖かい目で見てもらえると嬉しいです。

来月以降も「在りのままで」私自身を前に進めていけたらいいな~。

文責
店長

 

 

この記事が参加している募集

#創作大賞2024

書いてみる

締切:

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?