見出し画像

晴れの日をマグカップに


唐突に浮かんだ、
「晴れの日をマグカップに」。
その言葉どおり、
今日の晴れの日をマグカップに映すべく外へ出た。
少し歩くと大きな公園があって。
噴水の近くには何人かぼくと同じ考えの人がいた。
晴れの日をマグカップに。
唐突に浮かんだのはぼくだけじゃなかったのだ。
めげることはない、
たいていの思いつきは誰かの頭の中にも落ちるもの。
キラキラと光る水面に惹かれて、噴水の縁に座る。
マグカップを水と空、両方映せるところにかざしたら
青空をすくう仕草で傾けて。
陽の光をいっぱいに汲みとって。
噴水の放つたくさんの光も、
あますところなく映しこんで。

君の掌に、晴れの日のマグカップ。

おやつの時間に紅茶を淹れたら
きっと跳ねるようなきらめきで
香ばしさに鼻をすするかも。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
stand.fm『chigusaのことのは・つれづれ』#8-2より

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!わーい!めちゃ嬉しいです!
I am here like a poet. ことのは写真(Instagram)・おはなし作家 YouTube旅する詩集、BASEにてフォトブック販売中 毎月1回かわさきFMにて、ちいさなおはなしを朗読してました。いまはstand.fmにて『ことのは・つれづれ』配信中。