木村藤子

全国的にその名が知れわたり、「青森の神様」といわれるきっかけとなったのが、1990年の「ヘビ騒動」。地元で行方不明になったニシキヘビが現れる場所、時間を透視によって言い当てた。著作の累計発行部数は150万部を超える。https://www.kimurafujiko.com/

木村藤子

全国的にその名が知れわたり、「青森の神様」といわれるきっかけとなったのが、1990年の「ヘビ騒動」。地元で行方不明になったニシキヘビが現れる場所、時間を透視によって言い当てた。著作の累計発行部数は150万部を超える。https://www.kimurafujiko.com/

    マガジン

    • “青森の神様”木村藤子 あなたに幸福をもたらすマインド

      テレビや雑誌、書籍といったこれまで私が活動してきた媒体は、その性格上、〝書けない事柄〟〝言ってはいけない事柄〟が山ほどあり、ある程度の制限があるのが事実です。 noteではそういったしがらみをすべて外し、世の中の不思議、理解不能な事象、幸福とは、不幸とは、人間とは、生きるとは、死ぬとは…人の人生を解明し、幸福へとつなげるために必要なマインドをお伝えいたします。

      • “青森の神様”木村藤子 あなたに幸福をもたらすマインド

    最近の記事

    固定された記事

    仕事がつらい人のための気づき

    思い込みの弊害  思い込みはある考えに固執し、それが真実だと信じ込んでいる状態です。よい人間関係を築いていくうえでの思い込みの障害についてお話をしたいと思います。  まず、人間はなぜ自分でもよく分からないうちに“思い込み”をしてしまうのでしょうか?  “思い込み”には、お酒のように頭を麻痺させる作用があります。根拠のない事柄でも、我の強さや柔軟に考えられない頑固な性格や、親や周囲からの刷り込みなどによって強く思い込むことで、“考える”という行為をしなくなってしまいます。

    スキ
    19
    有料
    1,500
      • 未来に対する不安

         私はよく「自分を“省みる”ことが大事」だとお話しします。  心を落ち着けてじっくりと自分を“省みる”と、過去や現在のことだけでなく、 未来のことにも自然と考えがおよびます。    今後の人生のことを考えたときに、「この先の人生にまったく不安を感じていない」という人は本当にごくわずかだと思います。私たち人間は、誰しも何かしら将来に対する不安を持っているものです。  そういう不安な気持ちが、時として生きる足かせとなり、人生の歩みを邪魔することがあります。 「なんとなく不安

        スキ
        13
        有料
        500
        • 悩むコツ

          私は日々、人の悩みに接しているわけですが、相談を受けているはずの私が勉強になることがたくさんあります。 そうした中で獲得した知識のひとつが、悩むにしても”悩むコツ”があるのだということです。 まず、悩みと向き合うときに大切なのが、「本当にそれが悩みなのかどうか?」を考えるということです。そのために、自分の悩みを分析する必要があるのです。 みなさんは「悩み」とはどういったものだとお考えでしょうか?

          スキ
          7
          有料
          500
          • 川の流れのように

            幸せというものは、本人の努力なくしては得られないものです。 日々の生活の中で凝り固まってしまった間違った考え方を正していくなど、具体的な行動をすることによってはじめて感じることができるものなのです。 具体的に説明すると、困難を前にして何かに気づいたとしても、あるいは私からアドバイスを聞いたとしても、「なるほど」と“思うだけ”でそのあとに行動が伴った生き方をしていかなければ、困難から逃げているのと対して違いはありません。 私の言葉が、人を幸せにするのではないのです。自分自

            スキ
            4
            有料
            500

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • “青森の神様”木村藤子 あなたに幸福をもたらすマインド
            木村藤子
            ¥880 / 月

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            気分が落ち込んだ時

             人間、生きていれば気持ちが落ち込んでしまうことは当然のようにあります。どんなに明るく見える人や前向きな人であってもです。もちろん、透視能力者である私にだってそういうときはあります。  今回は、気分が落ちてしまったときにどう対処すればよいのかについて、考えていきたいと思います。  気持ちが落ち込んでしまうと、“お先真っ暗”という言葉があるように、出口のないトンネルに迷い込んだように感じてしまいますね。  そうすると、「もうだめだ……」とか、「なんで自分ばかりがこんな目に

            スキ
            9
            有料
            500

            いま、ここにいる私

             人と人が関わることによって、私たち人間はこの世に生を受けます。  全く別の家庭に生まれ育ったふたりがカルマによって出会い、恋をして、新たな家庭を作ります。  そこから生まれた新たな命もいずれは巣立ち、人生の伴侶を見つけ、自分の家庭を築いていきます。親から子へ、子から孫へ。そしてまた、孫からその子へと、生命のバトンタッチは脈々と続いていきます。  私たちひとりひとりは、そうした一寸の狂いもないカルマの連鎖があったからこそ、いまここに存在しているのです。  このように私

            スキ
            10
            有料
            500

            「心」とは何か?

            「相手の心を見ないといけない」 といったような言葉をよく耳にします。 しかし、「心を見よう」と言葉にするのは簡単ですが(実際、私も拙著などでよく使います)、「心」という目には見えないもの、実体がないものを見なければいけないわけですから、「その方法がわからない」といった声を拝殿で聞くことも少なくありません。 そこで今回は、この「心を見る」ということについてお話をしたいと思います。 「心」と言われると、なんとなくぼんやりとはわかりますが、言葉で説明しようとすると途端に難し

            スキ
            7
            有料
            500

            不幸は実態ではなく概念

            みなさんこんにちは。いかがおすごしでしょうか? さて、今回お話しさせていただくテーマは「不幸」についてです。 自分は、「幸せか? 不幸か?」という問いは、私達にとって逃れがたい問なのではないでしょうか? 生きていればついついそんなことを考えてしまいます。そして「自分は不幸だ」と結論づけてしまう人も多くいらっしゃいます。 では、「自分は不幸だ」と思ってしまう瞬間とは、どのようなときでしょうか? まずやはり、「お金」の問題というのが大きいかと思います。 毎日ヘトヘトにな

            スキ
            7
            有料
            500

            人からの忠告は宝

              人は“人間関係”の中で生きています。  家族、夫婦、兄弟、親類、友人、職場など、さまざまな人間関係がありますが、人と良好な関係性を築くことは、幸せな人生を送る最も大事な要素のひとつです。    たとえば夫婦、兄弟、親類間の関係が悪いと“私生活”が悲惨なものになりますし、友人やご近所さん、または職場の同僚との関係が悪いと“社会生活”に支障をきたします。  この世に生を受けた私たちは例外なく過去世からのカルマを背負っていますから、人生には誰にでもつらく苦しい出来事、つまり

            スキ
            11
            有料
            500

            「死」は恐ろしいもの?

             輪廻転生を受け入れない人にとって、「死」は怖れや不安の最たるものでしょう。    私自身、もしこの仕事をしていなかったら、輪廻転生を知らなかったら、「死ぬ」ということは恐怖だったと思います。    でも、死は決して恐ろしいものではありません。    たとえ肉体がなくなっても、目には見えない魂は存続し続けるからです。    魂は永遠で、死は通過点に過ぎないのです。    すなわち、肉体は死んでも魂は次の課題を克服するためにまた生まれ変わって、永遠の旅を続ける。そのために、カル

            スキ
            9
            有料
            500

            幸せの具体的な形とは?

            ここ青森にご相談にいらっしゃる方はみな「幸せになりたい」とおっしゃるのですが、「幸せ」の具体的なイメージは持っているのかな? と、疑問に思うことが多々あります。 「幸せ」は、すべての人が納得する「幸せというのはこれです」といった定義があるわけではなく、人それぞれ「幸せ」の定義は違うでしょう。 また、「幸せ」と「欲を満たすこと」を混同してしまうと、欲の無限地獄に入り込んでしまう場合もあります。そうするといつまでたっても心が満たされず、次はあれ、次はこれ、と欲望を満たすことが

            スキ
            10
            有料
            500

            人は迷信を信じてしまうもの

             私はよく、「連鎖」について話をすることがあります。  この「連鎖」には、根拠のない「迷信」を信じてしまい、家族の中で後世にまで引き継いでしまっている時代錯誤なものもあります。    その代表的なもののひとつが、何でもかんでも霊障や先祖のせいにする考え方です。    家族や親族に何か問題が起きると、「先祖の障り」「先祖の因縁」だから「お祓いをしないといけない」という思い込み……。    以前に比べて近頃はそのような相談はかなり減ってきましたが、中にはいまだにそのような迷信に

            スキ
            7
            有料
            500

            人生の目的は自分自身が知っている

            「自分のことは自分がいちばんよくわかっている」。 こんな言葉をよく耳にします。 これは間違いではないのですが、「自分といつも向き合っている人に限り」とい前提が必要なのではないかと思います。 気づけない人、気づいていない人には、自分のことは棚にあげて人の批判ばかりする、なんでも人のせいにする、自分が周りからどう見られているか、どのような人物だと思われているかを想像できない、という特徴が見受けられるのですが、その原因は「自分とのコミュニケーション不足」なのです。 自分との

            スキ
            16
            有料
            500

            人に求めることは空虚である

             人は人と人が関わることによって、この世に生を受けます。  全く別の環境に生まれ育ったふたりが出会い、恋をして、新たな家庭を作ります。そこから生まれた新たな命もいずれは巣立ち、人生の伴侶を見つけ、自分の家庭を築いていきます。親から子へ、子から孫へ。そしてまた、孫からその子へと、生命のバトンタッチは当たり前のごとく続いていきます。  このように私たち人間は、人類が誕生してからずっと出会いと誕生を繰り返してきました。人類の歴史とは、まさに家族の歴史でもあるといえるのではないで

            スキ
            11
            有料
            500

            運命を呪うのは自分を呪うこと

            みなさんこんにちは。  気分が落ち込んだとき、みなさんはその心とどのように向き合っていますか?  本日は、そんな「苦しみに立ち向かう方法」を考えてみたいと思います。  人生は修業の場――。  この言葉はこれまで何度となく、お伝えしてきました。  私は透視能力者として仕事をしていますが、なんの苦労もなく人生を過ごしてきたかのように誤解されることもしばしばあります。神は人を救うために私を使っただけで、私の利益のためにこの能力を授けたわけではありません。  「透視能力が

            スキ
            12
            有料
            500

            スポンジのように吸収し続ける人生

            人生を謳歌するためには、「学び」が必要不可欠です。 なぜ学びが大切なのか? どのように学べばよいのか? 等々、お伝えしたい重要なことがあります。 それは「自分が変わることを恐れない」 ということです。 「自分が変わる」ことは、決して“ブレる“とは違うものです。 今まで自分が考えていたこととは違う、新しい考え(ものの見方)を採用するということ。いうなれば“自分を修正する“といってもよいかもしれませんが、これは容易にできるものではありません。なぜかというと、新しい考えを

            スキ
            18
            有料
            500