見出し画像

【選挙ウォッチャー】 NHKから国民を守る党・動向チェック(#229)。

 ホワイトボードの前で雄弁に語る立花孝志の姿に、ファクトチェックをできない人たちほど騙される。11月3日に、立花孝志は「トランプ当選確実【アメリカ大統領選挙速報】日本のテレビ局は反省しろ!」という動画をアップしている。この動画は5万回以上再生され、「いいね」の数は2500を超えている。世の中のN国信者(NHKから国民を守る党の熱烈な支持者たち)が、いかに情弱なのかを如実に物語っていると言えるのではないだろうか。


■ ホワイトボードの前でデタラメを語る男

 お忘れかもしれないが、立花孝志は、自称・選挙の天才、自称・選挙のプロ、自称・選挙界の秋元康である。その頭脳は天才的なコンピューターであり、その能力はNHKから国民を守る党を国政政党にしたことで証明されている、というのがN国信者たちの総意である。
 しかし、今年に入って当選したのは2月の新座市議選と3月の志木市議選だけ。そのうち志木市議選は無投票当選だった。以降の選挙は連戦連敗。選挙の数ヶ月前から駅前に立っても、大量のビラをポスティングしても、立花孝志が1週間入り浸っても選挙に勝てず、来年は1人も議員になれないことだろう。
 そんな立花孝志が語るアメリカ大統領選とは、いかなるものか。

画像1

(00:09~)
「速報です。アメリカ大統領選挙、トランプ、ドナルド・トランプさん勝利ということで、これはまあもちろん速報と言っても、立花孝志が独自に、えー、採集、独自に判断ですので、えー、まあもう、現在ですね、僕の予想では293対245、トランプさんになると」

 速報と銘打ち、早々にトランプ勝利を明言。立花孝志がジャーナリストとして独自に計算した結果、トランプの勝利は確実だというのである。驚いたことに、トランプの圧勝とまで伝えている。
 ある程度のリテラシーを持った人なら「こいつはバカなのか?」で終わる話だが、N国信者たちは「さすがは選挙を知り尽くした人の分析だ」と膝を打ってしまう。

(03:36~)
「で、競ってる州っていうのがあって、それがテキサス州とフロリダ州。それぞれが競ってるんですが、これ両方とも、えー、トランプさんが勝ちました。で、残ってる、これ足すと約100、100なんですけども、この接戦のところをほとんどトランプさんが取るということで、えー、もうこれ、僕のまあ、選挙を見る人間として見れるのは、99%トランプさんが勝つと

 立花孝志はこれまで何度も「99%勝つ」とか「99.9%勝つ」などと言ってきたが、そう言って本当に勝っているのを一度も見たことがない。以前も、私の裁判について「99%勝てる」と言っていたが、負けている。そんなオジサンの動画を何一つ疑いもせず、「なるほど!」と言って見ているのだから、N国信者というのはかなり特殊な層である。

画像2

(06:19~)
「まあ、いずれにしても接戦の所を勝ってしまえば大丈夫ということで、日本のテレビは、トランプさんが勝てない勝てないと、4年前と同じようなことを言っていますが、またトランプさんが勝利を収めるという結果になります。まあ、間違いないでしょう」
(07:59~)
「今、僕が見ている数字では、相当もうトランプさんの方が、あの、僅差というよりも、かなり接戦のところで、46対54ぐらいの感じでもう勝ってきているので、郵便投票でひっくり返ることはたぶんないと思います」

 実は、早々にトランプ勝利を確信している人たちというのは、立花孝志だけではない。百田尚樹、高須克弥、我那覇真子、黒瀬深など、ネットリテラシーのない人たちをフォロワーとしている人たちが、こぞってトランプ勝利のお祭り騒ぎに沸いていたのである。
 しかし、実際を見てもらえば分かるように、これまでずっと共和党を支持し続けてきたアリゾナ州で72年ぶりとなる民主党のバイデン勝利が報じられるなど、複数の激戦州をバイデンが取り、勝利をほぼ確実なものにしている。
 立花孝志の情勢分析は、連戦連敗の選挙の結果が物語る通りなのだ。しかし、トランプ勝利を確信している立花孝志は、自身の境遇をトランプと重ね合わせ、こう語っている。

画像3

(09:13~)
「NHKから国民を守る党の支持率が低いっていうのも、これ、ちょっとトランプさんの現象と似ていると思いまして、我々はテレビ局とかNHKを攻めてるので、NHKから国民を守る党の支持者がね、NHKから電話がかかってきて、『あなた、どこの政党支持してますか?』って言われて、聞かれてね、NHKから国民を守る党支持してますって言えないでしょ。同じようにトランプさんを支持してるって言うと、けっこう周りから叩かれるんですよね。だから、けっこうその世論調査とかに対しては、嘘をついてたり、黙ってたりする人がいるんですよ。で、4年前もそういう状況になってトランプさんが、なんか勝ってるわけじゃないですか」

 立花孝志の主張は、NHKの情勢調査に「NHKから国民を守る党を支持しているとは言えないから数字に出てこない」ということであるが、そんなことはない。参院選で議席を獲得したばかりの頃は1%くらいの支持率はあったし、NHK以外の情勢調査でも数字に出てきていない。

画像4

(11:48~)
「日本のマスコミは、また、嘘をついたとまでは言いませんけども、まあ、トランプさんに大統領になってもらったら困る人たちが大勢日本のメディアにいるんでしょうね。アメリカのCNNとか、ABCとか、そういう巨大なメディアもトランプさん嫌いですから、トランプさん負ける負けると報道していましたけども、結果、やっぱりアメリカ国民はトランプさんを選んだということになろうかと思います。えー、あくまでも僕の判断なんで、えー、ちゃんとしたというかね、えー、いろんなメディアのアレを確認していただきたいと思います。以上です。元NHK職員がNHKをぶっ壊す、からの、行ってらっしゃい」

 日本のマスコミは信用ならないと言いながら、トランプが勝利するというガセ情報を流し、最終的にこれが独自の判断なので、いろいろメディアで確認してほしいという。本人はこれがダブルスタンダードになっていることに気づいていない。最終的に各メディアで確認するのであれば、立花孝志の情報なんて最初から必要ない。メディアが信用できないと言いながら、最終的な確認ソースとしてメディアの報道を見ろというのは、どう考えても論理矛盾を起こしている。
 しかし、N国信者たちは、こうした立花孝志の様子を見て「分析できる能力は見習いたい」とか「立花孝志とトランプはいい意味で似ている」などと大絶賛なのである。この世は一体、どうなっているのだろうか。


この続きをみるには

この続き: 2,360文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
1本あたり132円のレポートになりますが、お値段に見合っているかどうかはわかりません。再びNHKから国民を守る党や立花孝志から、スラップ裁判を仕掛けられる見込みですので、やたらと裁判費用がかかります。そんな僕を支えていただくための価格設定となっております。立花孝志は裁判の結果が悪かった場合には隠蔽しますが、僕は隠蔽するつもりはありません。裁判の途中の案件は明らかにできないこともありますが、裁判が終われば明かせる部分は明かしたいと思います。詳しくは、N国マガジンで!

毎月かかるランニングコストで、どんどん首が回らなくなっている「NHKから国民を守る党」。とうとうボロアパートに会社を登記していながら「日本…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートをいただき、ありがとうございます。サポートいただいたお金は、衆院選の取材の赤字分の補填に使わせていただきます。

いつもありがとう!
77
選挙ウォッチャーとして日本中の選挙を追いかけ、取材しています。選挙ごとに「どんな選挙だったのか」を振り返るとともに、そこで得た選挙戦略のノウハウなどを公開中です。立候補する方、当選させたい議員がいる方は、すべてのレポートが必見です。

こちらでもピックアップされています

N国マガジン(2020年11月号)
N国マガジン(2020年11月号)
  • 11本
  • ¥1,320

毎月かかるランニングコストで、どんどん首が回らなくなっている「NHKから国民を守る党」。とうとうボロアパートに会社を登記していながら「日本一稼ぐ弁護士」を自称している福永活也弁護士を代理人につけ、和解金で金を取るビジネスを始めたのではないかという疑惑が囁かれるようになりました。選挙でちっとも勝てなくなり、これからは裁判、裁判、また裁判。これまで週刊文春、マツコ・デラックス、選挙ウォッチャーちだいと、とにかく自分を批判してきた人間には片っ端から裁判を仕掛けてきたスラップ野郎の立花孝志。今度は手当たり次第に一般人を訴えては、合法的に脅して金を取るつもりのようです。そんな反社会的カルト政党「NHKから国民を守る党」の最新情報をまとめた「N国マガジン・11月号」は、10本保証で1320円。期間限定で、年内は見られるようにするつもりです。仕掛けられる裁判が多くなりそうなので、かなりホットです。

コメント (1)
お疲れさん。チダイさんはNから週に1、2回のペースで裁判を起こされている、か。明らかに言い掛かりの恫喝訴訟なのだけど、それに呼応する山本麻白という弁護士も居るのね。しかし、これはかなり悪質な国政政党による言論弾圧なのに、他のマスコミが取り上げないのは不思議というより、怠慢だね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。