見出し画像

【選挙ウォッチャー】 摂津市長選2020・分析レポート。

9月13日告示、9月20日投開票というスケジュールで、摂津市長選と摂津市議補選が行われました。不思議なことに、摂津市長選には大阪維新の会の候補者が出てくることはなく、「自民党系の現職vs共産党系の新人」という構図になりました。現職の森山一正さんは、この選挙で5期目を目指す76歳。一方、共産党系の新人・清水信行さんは73歳。完全なジジィ同士の戦いとなり、無投票当選こそ回避したものの、選挙をやる前から結果が決まっている選挙だと言っても過言ではありません。

画像1

森山 一正 76 現 5期目を目指す
清水 信行 73 新 日本共産党推薦

この選挙は、共産党推薦の清水信行さんがあまりにもホゲホゲし過ぎているので、見ているのが可哀想になり、そそくさと取材を切り上げた選挙になります。現職の方が76歳でジジィなんですが、僕が摂津市民だったとしても森山一正さんに投票するレベルのホゲホゲ具合です。新型コロナウイルスの流行期、ましてや感染状況が深刻な大阪府の選挙に、こんなじいちゃんを引っ張り出したら可哀想です。無投票当選を避けたい気持ちはわかるんですけど、こんな時代なので、無投票当選の方がマシだったのではないかと思うほど、清水信行さんにいろいろなものを背負わせるのは可哀想でした。


■ 森山一正候補の主張

画像2

森山一正さんは、1969年から5期19年にわたって摂津市議となり、1988年から2004年まで5期16年余りにわたって大阪府議となり、2004年から摂津市長となり、今回が5期目の挑戦という形です。大阪府議時代は自民党に所属しており、2017年から2018年までは全国市長会の副会長まで務めたベテラン中のベテランです。なにしろ、僕が生まれる前から政治家をしているのですから、かなりの重鎮です。本当だったら、いつ大阪維新の会が攻めてきてもおかしくないのに、摂津市長選だけは一度も対抗馬を擁立したことがないので、おそらく松井一郎さんが自民党時代にお世話になった恩があるなど、何かしらの配慮があるのではないかと推測されます。しかし、さすがに76歳なので、公約を見ると、なかなかジジィだったりします。選挙公報に書かれているキャッチフレーズは「ウィズコロナでの新しい摂津構築を目指して」です。かねてから言っていることですが、人類は新型コロナウイルスと共存することはできないので、「ウィズコロナ」という概念は成り立ちません。インフルエンザのようにずっと残る病気だとしても、インフルエンザのようにワクチンや特効薬があって、重症化率や致死率を大幅に減らせるようになることが大前提です。なので、こんなキャッチフレーズを採用している時点で、ホゲホゲしています。一応、テイクアウトの支援、PCR検査拡大支援、オンライン授業の環境整備などを公約に掲げているので、もし本当にやってくれれば心強いのですが、どこまでやってくれるのかは未知数。ただ、財政の健全化を実現しているという話もあり、コロナ対策では零細事業者に1社10万円、ひとり親家庭には1世帯5万円の市独自の給付を行うなど、健全化された財政を有効に利用している面もあるといいます。そこまで悪い市長という感じではなさそうです。

この続きをみるには

この続き: 4,139文字 / 画像8枚

【選挙ウォッチャー】 摂津市長選2020・分析レポート。

チダイズム

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
チダイズム

いつもサポートをいただき、ありがとうございます。サポートいただいたお金は、衆院選の取材の赤字分の補填に使わせていただきます。

いつもありがとう!
23
選挙ウォッチャーとして日本中の選挙を追いかけ、取材しています。選挙ごとに「どんな選挙だったのか」を振り返るとともに、そこで得た選挙戦略のノウハウなどを公開中です。立候補する方、当選させたい議員がいる方は、すべてのレポートが必見です。