新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

私にも「できた」「みつけた」サスティナブルなこと

このマガジンは、「サスティナブルな暮らしかたに興味はあるけれど、はじめの一歩がむずかしい!」そんなふうに感じている皆さんと、身近なことから始められるサスティナブルなことをシェアしていくマガジンです。


前回の投稿から、私が「できた」「みつけた」サスティナブルなことはこちら。


1、エコバッグ、マイボトル持参

画像1

基本の「き」だけど、バタバタしていると意外と忘れてしまう日も〜 泣
この日は両方忘れずに持てました◎
フィンランドを一人旅したときに、marimekkoヘルシンキ店にて購入した洋服を入れてくれたエコバッグ。オーガニックコットン100%です。

画像2

画像3

マイボトルは絶対THERMOS!中学生の頃からサーモスユーザー。色々使ってみても、やっぱりサーモスだなぁ。保冷も保温も抜群です。

画像5


2、プラスチックトレーをお店でリサイクル

スクリーンショット 2020-06-10 12.15.08

ほとんど自炊のわが家。お肉やお魚を買ったときにトレーが出てしまうのが悩みのタネ。。。よく行くスーパーでは、リサイクルのためにトレーを回収してくれます。知ってはいたけれど、今まで習慣にしていなかった。noteの初回で設定したリマインくんが「サスティナブルな暮らし」をリマインドしてくれてるから、新しい習慣ができました!本当はトレーが出ない暮らしが一番なんだけど、まずはここから。皆さんが利用するスーパーでは、どんな取り組みがありますか?


3、子供と外遊び!

スクリーンショット 2020-06-10 12.30.39

画像7

画像8

晴れた日の休日は、お弁当と水筒を持って公園に行くのがわが家の定番の過ごしかた。その他にも、友人の借りている森に遊びに行ったり、キャンプをしたり、田舎暮らしの私たちは外遊びが大好き!特にキャンプは、持っていく荷物をできる限り減らして、自分たちで運ぶことのできる道具だけで過ごすので、ミニマルな暮らしを擬似体験できます。「本当に必要なモノは意外と少ない」と気づくことができるし、それをきっかけに身の回りの持ち物を見直してみよう、という気持ちにもなれます。ゴミも自分たちで持ち帰る必要があるので、自分たちが出すゴミの量にも自然と意識が向かいます。
あとはキャンプ用品が一式揃っていれば、「火」「水」「明かり」などに困らないので、災害時の備えにもなりますよ!昨年の台風では、私たちが住んでいる地域は大きな被害を受け、約1週間の停電・断水がありましたが、普段から使用しているキャンプ用品のおかげで、なんとか乗り越えることができました。


4、身近な人や友人と差別について話し合う

スクリーンショット 2020-06-23 15.29.32

白人警官による黒人男性殺害という悲しい事件が "また" 起きてしまいました。これをきっかけに人種差別ついて、自分なりに調べて考えたり、身近な人や友人と意見を交換しあったり、noteにアフリカでの体験をシェアしたりしました。肌の色や生まれた場所による不平等をなくそうというのはSDGsのひとつ。社会や政治について誰かと話をすることは、とても勇気のいることかもしれない。けれど、これからはそういう話がタブーじゃなくなるくらい、みんなが関心を持っている社会になるといいな、と思います。


5、サスティナブルな活動をしている人や団体に寄付をする

画像10

寄付ってハードルが高いような気がしていました。だからまずは身近な方々の活動を応援することから始めてみたよ。例えば私の場合は、大学の先輩がデザインしたハンカチーフを購入して、昨年台風で被害にあった長野の林檎農家を支援する取り組みに参加したり、所属事務所の先輩が作ったTシャツとステッカーを購入して「新型コロナウイルス感染症拡大防止活動基金」への寄付に参加したよ。こうやって身近なところから始めて、自分の中で「寄付をする」ことへのハードルを下げながら、「消費」意外に、お金の使い方の選択肢を広げていけたらいいな。


今回、私が「できた」「みつけた」サスティナブルなことはこんなふう。
皆さんの「できた」「みつけた」サスティナブルなことも、コメント等で教えてね!みんなで一歩ずつ、良くなっていこう〜!




下道 千晶(モデル / 染色作家)
Instagram : @chiaki__sh
https://www.instagram.com/chiaki__sh/
お仕事、日々の暮らし、手仕事について気ままに更新しています。
こちらものぞいてくださると嬉しいです。

お仕事のご依頼はこちらまで↓

スクリーンショット 2020-06-23 16.48.05


この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!世界が今よりちょっとよくなるために使いたいと思います^^

わわ、嬉しいです!
85
bellona model agency 所属。千葉の日本家屋で、自然に寄りそう暮らしを実践中。HSP気質のわたし・超外向型夫・パワフルでユニーク、時々繊細な息子の3人暮らし。興味のあるもの:演劇 / 藍染 / 手仕事 / 自然派育児 / オーガニック /サスティナブル

こちらでもピックアップされています

今日から始めるサスティナブルな暮らし
今日から始めるサスティナブルな暮らし
  • 2本

なんでもない私たちが、「できた」「見つけた」サスティナブルなこと。

コメント (8)
@下道千晶さん
アイコンがあるんですね!かわいくて分かりやすいですね。ありがとうございます♡
下道千晶さん、はじめまして、マツカンと申します。noteのおすすめでこの記事を知りました。気軽なサスティナブル、とても共感しました。特に自分で運べるだけの荷物でキャンプはなるほどと膝を打ちました。

自分自身は独り暮らしのため、コンビニ飯などをなるべく避けつつ、完全自炊はなかなか難しいので、スーパーのお惣菜を活用しつつ、ハーフ自炊して、なるべくゴミを出さない食生活を目指してます。

サスティナブルな暮らしについてもう少し考えてみようと思いました。ありがとうございます♪
@マツカン さん
はじめまして、コメントありがとうございます^^
丁寧に感想をくださり、とても嬉しいです!ハーフ自炊、よい言葉ですね◎
お互い、できることから少しずつ、サスティナブルな暮らしをしていけたらよいですよね。またアイディアなどシェアしてくださると嬉しいです!
下道千晶さん、コメントに返信ありがとうございます。

今朝、ゴミ出しをしたときに思ったのですが、資源ゴミは洗って出す。当たり前のことと思っていたのですが、他の方のゴミを見るとはなしに見たら、汚れたままのプラスチック容器を見かけました。

自分は几帳面な母親の影響で空き缶、空き瓶、プラスチック容器を飲み終わったり、食べ終わったら、すぐ洗うのが習慣に。

ゴミ全部とは言わないからせめて資源ゴミだけでも洗うことを、みんなが習慣化してほしいですね。感染症予防の観点からも(^^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。