白いチューリップイラスト

白いチューリップ

ここは様々な“香り”が溢れている。

大切に育てられ、限られた命を伝える花々の“香り”が…

セーラー服を身にまとった女子高生が、かれこれ1時間も店内を彷徨っている。五感を研ぎ澄ました真剣な表情で。

「なにかお探しですか? お手伝いさせていただきますよ。」

「あの子を探してるの…、あの子の匂いを…」

 “匂い”

ここにいる花々に相応しくない、生々しい表現だ。

「その方へのプレゼントですか?」

「…プレゼント。部屋に飾っておきたいなと思って」

「ご自身へのプレゼントですね。でしたらご自身が一番好きなお花を選ばれるのがいいですね」

「そう…、だからあの子の匂いを探してるの」

 体育の授業の前に、制服を脱いだあの子の肌から“匂い”がして、それをずっとそばに置いておきたくて、花々の香りに誘われてやってきたらしい。

「香りのヒントになるイメージはありますか?」

「白くて、可愛らしくて、あたたかい…」

「素敵な方ですね。その方は、あなたにとって大切な人?」

「大切、うん。あの子が笑顔じゃないと嫌だし、あの子を悲しませるヤツは嫌い。」

「あたたかくて、白い。そうですね、春一番が吹いた今の季節でしたら、こちらの花はいかがでしょう?」

 瑞々しい生命力を放つ白いチューリップに恐る恐る触れ、そっと鼻を近づける。目を瞑って、耳を閉ざして、嗅覚を研ぎ澄ます表情が美しい。

「あ、いい匂い」

「白いチューリップの花言葉はご存知ですか?」

 きょとんとした表情で首を傾げる。

「“永遠の愛”ですよ」


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
作画・澄、原作・ぶたしゃぶで、オリジナル作品をつくっています。百合、BL、異国短編など。

こちらでもピックアップされています

庭園の彼女 番外編1
庭園の彼女 番外編1
  • 1本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。