タイトル1

1年前の今日

2019年、色々あったが自分の原点はここにあり。

初心忘るべからずということで、
写真もほぼ残っていなかったけど、
あの日の思い出をここに残しておきます。


2019年1月6日 11時。


仕事始めを控えた最後の連休。
日本武道館の物販待機列にいた。

画像1

手元に残っている唯一の写真。

でんぱ組.inc コスモツアー2019 in 日本武道館
ワレワレハデンパグミインクダ~宇宙からの帰還~

公演1日目。

この日は寒く、18時開演というのに、武道館を一周するくらいの列ができ、結局4時間近く並んで、目当てのものを買うことができた。

ライブ前独特のワクワク感があったが、

この日は、少し寂しさのような雰囲気も漂っていた。

ファンになって1年の自分でも、感じたこの感覚。

応援していた、夢眠ねむの卒業。

10月の沖縄公演であった発表からあっという間の3か月。

卒業公演は翌日の2日目、月曜日。

明日、仕事の自分にとっては、今日で最後。

ライブが見られなくなると思うと、悲しささえ感じていた。

だけど、周りの賑やかさを見ると一種の祭りでした。

少しずつ楽しくなってきて、気持ちが上がってきた。

そして開場。武道館2階席。

8年くらい前のエレカシ以来で、2階ながら、かなり眺めが良かったのを覚えています。

そして開演。

「宇宙への帰還」との題目で不時着した宇宙船とでんでん(ビック)バンドが登場。

"太陽系調査中生命体"からスタート。

新アルバム「ワレワレハデンパグミインクダ」を引っ提げて、
一年間のツアーを経た、7人でできる最高最大級のライブでした。

そんなライブを観ていたら、卒業の事など忘れて、終始見入っていました。

気づけば本編終わり。アンコール。

"Orange rium"

その名の通り綺麗なオレンジリウム。

その後のMCにて、

「夢を持つ」

という2019年の目標で盛り上がる会場。

「でんぱ組が夢をかなえる装置になる」

その宣言通り、プリキュアになるというニュースから始まり、7人各々が目指すべき道を進みながら夢を叶えていったと思います。

夢を持つこと、思い続けること、言い続けること。

めちゃくちゃ大変だと思いますが、この7人を見ていると本当に叶うのでは...と感じてしまいました。

今年も奇跡が見たい。

2019年の原動力の一つはここにありました。

でんぱライブはあまり行っていなかったので、ボッチ参戦でしたが、ここから少しながら、知り合いが増えていきました。

この日が起点だったなと本当に思います。


・あとがき

この日は、MCでも卒業の事には大きく触れず、

ただただ、7人での最強のライブをやりたいという気持ちを感じました。

その中で、

卒業公演の事をすっかり忘れていた自分は、

帰りの電車で我に返り、

翌日、TV中継を見ながら泣いていたのは別の話。

※翌日のライブを観て、この意味がわかりました。

えいたそプリキュアやみりんちゃん、ねむさん結婚もめでたいし、各々の活動が活発で楽しみです。

19年は本当に感慨深い年になりました。


そんな2Daysの公演がブルーレイで!

この映像を見ながら、記憶に残っている個所を拾い、補完しながら書いていました。

画像2

to be continued...





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。 不明点、間違い、要望、質問などありましたら、 コメントかTwitter@Ezomatusへ連絡ください。 フォローして頂けると中の人が喜びます。 スキを押すとおみくじが引けます。

今日のあなたの運勢は…中吉!
@team_hanagumi HANAGUMI FUKUI Fighting Game部門所属 Twitter:@Ezomatus 福井対戦会/正座/MvCI/UMvC/SF5/でんぱ組(ねむぺろねも)/ キャサリン/お笑い/音楽ロック等雑食/テナー/週スピ/旅/酒場巡り

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。