Irish pub &Cafe Ceitic Moon🌙ケルティックムーン

高尾山の麓にある、アイリッシュパブです🍀 自然いっぱいの空間で心地よいひとときをど… もっとみる

Irish pub &Cafe Ceitic Moon🌙ケルティックムーン

高尾山の麓にある、アイリッシュパブです🍀 自然いっぱいの空間で心地よいひとときをどうぞ♪ https://profu.link/u/celticmoon55 noteではお店の情報やアイルランドのことなどなど…いろんな想いを綴っていきます✏️

マガジン

  • アイルランド旅行記~2023~

    ケルティック・ムーン”てんちょ”17年ぶりのアイルランドへ! 2023年で10年目を迎えるケルティック・ムーン、来店されたお客様にアイルランドを発信すること10年になりますが、まだまだ知らないことだらけのアイルランドの今と変わらないアイルランドの様子お伝えします! 今後アイルランドを旅する方への参考に、旅の準備段階からのアレコレも書いていこうと思います。

  • 高尾ケルティックムーンが出来るまで♪

    「ケルティックムーン」は2022年に9年間営業していた国立から、高尾に移転しました。 8月に国立のお店を閉め、4か月かけてお店の改装をし、12月に高尾のお店をオープンしました。 ✳︎9年間続いたお店の移転に至った経緯や、 ✳︎私達2人と〝大工の亀さん〟➕たまに助っ人さん(プロアマ問わず)と作ってきた、お店改装記録です😊💪💨 お時間ある時に読んでみて下さい♪ ✏️高尾に「移転クラウドファンデング」をした時の活動報告をまとめています✏️

最近の記事

  • 固定された記事

【アイルランド旅行記~2023~】序章【アイルランドへ行くぞ!】

東京都の国立市で2013年に「Public House &Cafe ケルティック・ムーン」を始めてから10年、自身でお店を持つとなかなか長期の休みを取るきっかけもタイミングもなく、アイルランドに行きたいなぁ、という思いばかりが募っていました。 そんな中、昨年お店も生まれ育った町、八王子市の高尾に移転し心機一転! 2023年に10周年を迎えるにあたり思い切ってアイルランドへ行こう!と一念発起、この10年間一緒にやってきた妻のミキと共にアイルランドへ行くぞ!と計画を練り始めまし

    • 〜木の国・キラーニー編〜②悠久を感じる自然

      ①でひとしきりキラーニーでの感想を書いたのですが、アイルランドから戻り思い返す度にやはりこのキラーニーの地の事を書き残しておきたくなり、追記することにした。 前の記事で書いたように、キラーニーに残されアイルランドの人たちの手によって大切に保護されている自然は雄大で何年経っても大きな変化はなく、少しの時間その場で大自然を肌に感じただけでこの地がこの先も大切に守られ、ゆっくりと時間を刻んで行くんだろうと感じることができる。 あまりにも雄大な自然の中に身を置くと、本当に言葉が出

      • 最後の街・ダブリン編~②最終日のおたのしみ

        【🇮🇪アイルランド旅行記〜覚え書き〜】 最後の街・ダブリン編~②最終日のおたのしみ アイルランドの旅もあと1日、最終日を残すのみとなり、残る予定は2大イベントだけとなった。 もともとダブリンではベタな観光地に行こう(というかそこに行くくらいしか時間もなく(笑))と決めていたのですが、アイルランドに来てからすっかり早起き行動になっていたのであまりの時間も使ってダブリン観光を楽しんだ⛪️ 最終日のメインイベント1つ目は言わずとしれたギネスビールの総本山「ギネスストアハウス」

        • 〜始めの街・ベルファスト編〜③出会いが旅のスパイス

          ベルファスト到着1日目、たまたま出会ったタクシー運転手のギルさんが僕らのベルファストで訪れるパブを紹介してくれたり、バスツアーの添乗員さんがお酒の飲めないライムちゃんだけ蒸留所ツアーからタイタニック・ミュージアムへのツアー変更してくれたりと、アイルランドでの僕らの旅をアレンジしてくれるのはいつだって現地での人。 もともとの計画では2日目の現地ツアーでアイルランド最古の蒸留所『ブッシュミルズ蒸留所』を訪れる予定だったのだが、ブッシュミルズ蒸留所の人手不足でツアー受け入れが中止

        • 固定された記事

        【アイルランド旅行記~2023~】序章【アイルランドへ行くぞ!】

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • アイルランド旅行記~2023~
          Irish pub &Cafe Ceitic Moon🌙ケルティックムーン
        • 高尾ケルティックムーンが出来るまで♪
          Irish pub &Cafe Ceitic Moon🌙ケルティックムーン

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          最後の街・ダブリン編~①一番変わった町

          【🇮🇪アイルランド旅行記〜覚え書き〜】 最後の街・ダブリン編~①一番変わった町 『この旅で最後にダブリンを訪れる』 という順番になったのは単純に帰国便がダブリンからしか取れなかったから、と言うのが大きいが… 他にも一番大きいダブリンならお土産も最後に買えばいいし、旅全体がそのつもりで周れれば余計な荷物を持ち歩かなくて良くなるからという理由もあった🧳 過去にダブリンは2回訪れており、大きな観光スポットとしてはやはりトリニティーカレッジの「ケルズの書」📕と「オールドライブラ

          最後の街・ダブリン編~①一番変わった町

          〜音楽の町ゴールウェイ編〜②ドライブDAY

          【🇮🇪アイルランド旅行記〜覚え書き〜】 〜音楽の町ゴールウェイ編〜②ドライブDAY ゴールウェイ編と言いながら、2日目はゴールウェイを離れて他の町へ出かけた🚗 この日、車を出してエスコートしてくれたのは、3月に高尾のケルティック・ムーンで知り合ったトム。 トムは昨年11月にアイルランド🇮🇪に着いての配信ライブを国際外語大の学生さんの企画でやった時の学生さんの1人がアイルランドを訪れた際のホストファミリーの方だそうで、今年の3月17日のセントパトリックデーに高尾を学生さん

          〜音楽の町ゴールウェイ編〜②ドライブDAY

          〜音楽の町ゴールウェイ編〜①町を作る人と歴史

          【🇮🇪アイルランド旅行記〜覚え書き〜】 〜音楽の町ゴールウェイ編〜①町を作る人と歴史 アイルランド西に位置するゴールウェイは、日本からの留学生も多く、アイルランドの中でも特に「らしさ」がギュッと詰まった町だ。 特にメインストリートは常に音楽に溢れ、ストリートミュージシャンやパフォーマーも常にいる。 そこここのパブで当たり前のように質の高いライブが毎日聴けるのも贅沢だ🎻 アイルランドはこの季節が特に過ごしやすく、日中小雨がパラつく事は日常だが、基本的に好天で、吹き抜ける風

          〜音楽の町ゴールウェイ編〜①町を作る人と歴史

          イニシュモア島編〜まとめ〜

          【🇮🇪アイルランド旅行記〜覚え書き〜】 イニシュモア島編〜まとめ〜 イニシュモア島での出来事を書き出すと、またまたそれだけで先に進まなくなってしまうので、残りの出来事を書いておきたいと思う。 まず、イニシュモア島に来た日は、美希(奥さん)の誕生日でもあったので、かねてから何か島でできる事はないかなぁ?と思っていたのです。 島についてからタクシーや宿の人達が口々にオススメしてくれた、島では一番大きいパブでの夕食時に、ステージで演奏していたミュージシャンに(こっちの人達、め

          イニシュモア島編〜まとめ〜

          〜イニシュモア島編〜②様々な出会い

          【🇮🇪アイルランド旅行記〜覚え書き〜】 〜イニシュモア島編〜②様々な出会い イニシュモア島に渡るルートはいくつかあり、一番メジャーなのがゴールウェイを経由してのフェリー⛴️ しかし、僕らは今回は別の方面から逆にゴールウェイに向かって移動しているので、前泊のドゥーリンからのフェリー⛴️で島へ向かった。 ドゥーリンの港で背中にバウロンを背負った人に出会い、さっそく声をかける。 すると、イニシュモア島の手前、イニシィア島でその日から5日間、世界中から96人のバウロン奏者が集

          〜イニシュモア島編〜②様々な出会い

          〜イニシュモア島編〜①身体で感じる島〜

          【🇮🇪アイルランド旅行記〜覚え書き〜】 アイルランド🇮🇪が好きと言う人と話せば必ずと言っていいほど話題になるイニシュモア島。 アイルランドの西部に位置するこの島は、一番大きな大きなイニシュモア島とイニシュマーン島、イニシィア島と合わせてアラン諸島と呼ばれ、アランニットのセーターなどが有名な土地だ。 島全体が石に覆われ、海岸線も砂浜があまりなく、剥き出しの岩肌に大西洋の荒波がひっきりなしに打ち付けている🌊🌊🌊 島でのアクティビティはあまりか細かく予定していなかったが、宿

          〜イニシュモア島編〜①身体で感じる島〜

          〜旅の折り返し・ドゥーリン編〜

          【🇮🇪アイルランド旅行記〜覚え書き〜】 〜旅の折り返し・ドゥーリン編〜 この旅の折り返し地点であるドゥーリンは、人口もとても少ない小さな集落。 しかし、観光シーズンともなるとツアー客などでパブも盛り上がる。 この町で一番印象的だったのは、なんといっても素晴らしい宿のホストファミリーのショーン。 今回の旅でこの宿をAirB&Bで選んだ時からこまめにやり取りをしていて、訪れる前から絶対に素晴らしい出逢いになる!と確信していた通り、とても素晴らしかった。 ショーンは町で一番

          〜旅の折り返し・ドゥーリン編〜

          〜木の国・キラーニー編〜①僕の理想の地

          【アイルランド旅行記〜覚え書き〜】 〜木の国・キラーニー編〜 コークを離れて次に電車で訪れたのは、コークの西に位置するアイルランドきってのリゾート地、キラーニー。 ここは大きな湖を中心に広がる国立公園があり、周囲には豊富な自然が広がり、訪れる人もサイクリングやトレッキング、ゴルフや釣りを楽しむ人も多い土地である。 ここは僕自身も初めて訪れたのだが、この旅での目的は大きく2つあった。 ひとつ目はライムちゃんがどうしても訪れたい! と熱望したキラーニーハープ(アイリッシュハ

          〜木の国・キラーニー編〜①僕の理想の地

          〜懐かしのコーク編〜②散策

          【アイルランド旅行記〜覚え書き〜】 〜懐かしのコーク編〜②散策 コークでの2日目も旧友と会う予定を入れていたのだが、それ以外は懐かし街を散策する事にしていた。 コークはアイルランド第二の都市と言われているが、そこまで広くはないので軽く街歩きをすればほとんど見て周れる。 朝、まず向かったのは街の中心にある市場、イングリッシュ・マーケット。 ここで国内外のほとんど全ての食材が手に入る。醤油や味噌、エスニックなスパイスなどなんでも。そしてフレッシュなシーフードから各種🍖肉類も

          〜懐かしのコーク編〜②散策

          〜懐かしのコーク編〜①再会

          【アイルランド旅行記〜覚え書き〜】 ベルファストでの事を書けばまだまだネタが尽きないのだが、それこそそれだけで旅が終わってしまいそうなのであくまでも「覚え書き」なんだと自分に言い聞かせてふたつ目の街、コーク編へ。 ベルファストを後にし、次に目指すは17年ぶりに訪れる懐かしのコーク。 コークはアイルランドの南に位置する古い街。その古くからのレンガや石造りの街並みが今もまだ残っている。 コークに到着し、宿に荷物を置いた後、宿からほど近い街のセンター街へ。 コークは街の中心部

          〜懐かしのコーク編〜①再会

          〜始めの街・ベルファスト編〜②40年ごしの地

          【🇮🇪アイルランド旅行記〜覚え書き〜】 【出会い】 ベルファストのタクシーは面白い。 駅で出会ったタクシー運転手のギルさんは、駅から宿までの道中で色々と話をした。 日本から来た事やパブでの音楽を聴きたいと言った話をすると、ベルファストで行くならココ!と言うパブを三軒教えてくれた。 そして、宿に荷物を置いてすぐにそのパブまで乗せて行ってくれる事に😂 そしてパブに着くと、僕ら三人をパブの前に下ろすとお店のスタッフに声をかけて、今夜のセッションの確認までしてくれた。 1時間

          〜始めの街・ベルファスト編〜②40年ごしの地

          〜始めの街・ベルファスト編〜①到着

          【🇮🇪アイルランド旅行記〜覚え書き〜】 アイルランドに到着してからすぐ、超長時間フライト✈️を終えたばかりと言うのに、今度は電車🚃に乗り継いでこの旅の最初の目的地北アイルランドのベルファストへ。 約2時間の電車の旅は両側の車窓から見える景色を楽しみながら、駅で買ったサンドイッチなどにかぶりつく🥪サンドイッチはチーズがとても美味しく、カリカリに焼いたパンtoとよくあう。 値段はけっして安くはないが、大きさがなかなかのもので、一個でお腹いっぱい😵 【出会い】 ダブリンの駅

          〜始めの街・ベルファスト編〜①到着