ついに、デザインの時代が来てしまったのか~!?
見出し画像

ついに、デザインの時代が来てしまったのか~!?

読書日記第3弾
突破するデザイン その3

Part1 価値 意味のイノベーションが重要である理由
を読んでます。

この本はまず導入部分があり、その後3部構成になっています。

Part1は意味のイノベーションが重要である理由
Part2は意味のイノベーションの原則
Part3は意味のイノベーションのプロセス

さて、ちょっとここで読書が止まってしまった。

僕的にちょいと大変なことが書いてあった。

昔と今の人々の違いは、大人になっても人生の意味を考え続けていることだ。(P062)

社会が一つの答えを用意していないのが、多様な社会で、人々は選択可能で、大いに結構なことなのだが。

でも、改めてこうやって文章で見てみると、ぼーっとしてられないと思った。これは、大変な時代の入り口に立っている。と思った。

デザインの話からちょっとずれますが、これは、一人一人が頭を使わなくっちゃいけないってことで、もう、おバカではいられない。

おバカではいられない時代なんだと思う。

だから、格差は決定的に維持される。広がるか狭まるかはわからないけど。この先に何があるのか、みんなで紡いでいっていいと言っている。
こんな恐ろしいことがあるだろうか。
みんなで一生懸命取り組まないと、クソになりますよというわけです。

時代は待ってくれないのかもしれない。

そんなことを思って、ちょっとぐるぐるしてしまった。
行動しないと、やばい時代だ。

「選択のパラドックス」(バリー・シュワルツ)を紹介して、次のように言っている。

例えば、スーパーマーケットでクッキーを選ぶ際、私たちは無数の可能性に直面する。機会が増えれば増えるほど、方針は定まりづらくなる。シュワルツは「私たちのアイデンティティは今や選択の問題となっており、アイデンティティを受け継ぐのではなく、発明するようになった。私たちは好きなだけ自分自身を再発明すべきである」と述べている。(P065)

スーパーでクッキーを買うときにさえ、自分を探さくっちゃならないのか?

ならないんです。

アニメの主人公を思いやったり、憧れの誰かのカフェのシーンを思い浮かべたり。

意味は無限に作られなくっちゃならない。
おそらく、デザインはその手助けができちゃうんですよね。

カンタンじゃない状況があって、
ワクワクする事と、
ややこしいことが同時に起きている。
そんなところでしょうか。

つづく

写真はusnplash

より


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
CavyCraft(佐々木堅次)

サポートよろしくお願いします。ほかの方の記事を購入できるくらいには頑張ろうと思ってます。サポートいただいた分はほかの方の記事購入に使います。

恐悦至極に存じます!
ウェブデザイン事務所 CavyCraft(ケイビークラフト)代表です。 職業訓練校でときどき講師をしています。 ストレングスファインダー「着想」「個別化」「最上志向」「未来志向」「内省」 お客様のビジョンを一緒に考えたり、講師で一人ひとりの個性を見つけるのが楽しいです。