Wildcat never sleeps

Wildcat never sleeps

    最近の記事

    固定された記事

    TSMCの半導体製造に関する水の供給は「不要」です。

    2025年から一切の水資源を使わないと公言したということは、既に、その技術は完成しているのだろうから、熊本県菊陽町での製造に関する水の提供は必要ない!と思う。 台湾のTSMCが公に発表したのだから、「有言実行」で半導体製造を行うように、日本の皆さん、熊本の皆さんが声を大にして言ってかまわない事だ。 以前に書いた分です。 私が妄想で書いたのではありません。 TSMCが台湾で公表したものです。 2025年の製造からと言っているのですから、熊本に出来る(2024年後半から製造開始

    スキ
    2
      • 10年後、米国エネルギー省(DOE)は、不可解にもこの技術を中国に譲渡し、米国企業がこの電池を製造するのを阻止した。

        米国が資金提供した新型電池技術を中国に譲渡 引用元 The New American 10年後とは、2012年から。 2012年、ワシントン州ムキルテオに拠点を置く米国企業ユニエナジー・テクノロジーズは、パシフィック・ノースウエスト国立研究所の米国人科学者が生み出した設計に基づく電池、バナジウム・レドックス・フロー電池の製造を開始しました。10年後、米国エネルギー省(DOE)は不可解にも、この技術を中国に譲渡する一方で、米国企業がこの電池を製造することを阻止してしまった

        • Cat′s Paw Nebula 猫の足星雲

          見た瞬間に連想したのは「猫の肉球」 猫好きには至福の瞬間! 地球上の生物で、一番先に宇宙へ飛び立ったのは“猫”でした(笑) Cosmosさんが紹介してくれる地上、宇宙の様子が好きだ。 そして人の温もりが伝わってくるこの画像も大好き。 素晴らしき地球、宇宙を紹介してくれてありがとう!

          • ペロシとTSMC 一切の水資源を止めよ!海水を真水へ変えるプラントからも提供する必要は無い TSMCは有言実行して見せろ。 水資源とは海水も含めることを忘れるな IntelはTSMCに、技術も水の一滴も流すな。なぜ中国だけ自動車製造販売で利益が出るか考えろ!6~7月も増収増益!

            • 法を無視する者を追放。 そして法を遵守する国民で日本再生。 法務省は、公職選挙法違反に該当する NHK党の東谷義和に「当選無効」を通知せよ! 政治家のセックススキャンダルを取るか、法の遵守か。 日本は「法治国家」である。 日本民族、大和魂。愛国心。

              スキ
              1
              • トランプ再出馬に複雑な心境を抱く共和党指導者たち

                トランプ再出馬に複雑な心境を抱く共和党指導者たち by Luis Miguel 2022年7月23日号 引用元  国会議事堂の共和党指導者たちは、ドナルド・トランプに2度目の大統領選出馬を発表してほしいかどうか、またその時期について様々な意見を述べているが、その見通しに熱狂的ではないにしても、大半はトランプ再出馬に公然と反対する気はないようである。 両院の共和党指導者12人以上に話を聞いたPoliticoによると、下院では2024年の予備選ですぐにトランプ氏を支持すると

                スキ
                1
                • テレビ朝日の報道によると、台湾の頼清徳副総統が安倍晋三元首相を弔うために来日したとのことです。

                  テレビ朝日の報道によると、台湾の頼清徳副総統が安倍晋三元首相を弔うために来日したとのことです。 引用元 朝日テレビは、台湾の頼清徳副総統が11日、銃殺された安倍晋三元首相を追悼するために来日したと報じた。 写真:朝日テレビより 戦後最大の政治家である安倍首相の突然の死は、日本を混乱させるだけでなく、アジアにも恐怖を与えている。 今、台湾が彼に接近し、将来の支配者になるかもしれない副総統を利用して、日台関係を固定化しようとしているのは、長年の日本への愛情を如実に表している

                  • 想像してみてほしい。気候変動に対する狂信的な懸念に屈することなく、国民の明らかなエネルギー需要に応えようとする国の姿を。

                    インド、100以上の炭鉱を再稼働へ by James Murphy 2022年6月9日 引用元 アメリカ合衆国を含む第一世界の政府が、価格を押し上げるいわゆるグリーンエネルギー政策を追求し続ける一方で、世界第二の人口を誇るインドは、13億人の住民のエネルギー需要を満たすために、少なくとも100の炭鉱を再開する予定だ。 気候憂慮論者が化石燃料の中で最も汚いと断言するものの需要は、Covid-19の大流行期には減少していた。しかし、インドや世界がパンデミックによる閉鎖状態か

                    • インフレはペンギンをも苦しめる

                      引用元  日本の水族館にいるペンギンが、いつも食べている高級魚の代わりに安い魚を食べるのを拒否する映像が最近流された。水族館が魚を入れ替えた理由は、猛烈なインフレで水族館が高級魚を買えなくなったからである。ペンギンの反応は、インフレであなた(あるいはペンギン)がステーキ(あるいは高級魚)を食べられなくなっても、ハンバーガー(あるいは安い魚)を買える限り、生活の質は落ちないと主張する政府の欠点を物語っている。 ペンギンに粗悪な魚を食べさせる」というアプローチでインフレの影響

                      スキ
                      1
                      • 「砂を混ぜる」は、「終わりの始まり」かもしれない・・・

                        日本が流し続けたODAという名の強化金が、いつしか日本国買収という形に変わって返ってきた。 中国南方航空からは、関西に限らず関東にも大金が流れている。赤い鶴が中国の航空会社を子会社化したというけど、実際には子会社に養ってもらってるのが現状だろう。 赤い鶴とは、日の丸を模した鶴のマークが入った航空会社。あの時点で終わったなと思ったのは言うまでもない。1度目は国民の税金で難を逃れた。そして2度目はChinaMoneyの手に落ちた。 いつからなのか不明だが、関東地区、Airpor

                        スキ
                        1
                        • 中国が「表情・脳波・皮膚から共産党への忠誠心を測るAI」を開発 『1984』で描かれた"表情犯罪"が現実のものに

                          引用元 the-liberty.com 《本記事のポイント》 大型スクリーン前で党のプロパガンダを見ると…… 「表情」が処罰対象になるオーウェルの世界が目の前に!? 「内心の監視」はウイグルですでに進んでいる!? 中国の公的研究機関が、共産党員の忠誠心を測定するAIを開発・テストしていると明かし、波紋を呼んでいる。 ◎大型スクリーン前で党のプロパガンダを見ると…… 問題となっているのが、安徽省にある合肥総合性国家科学センター。中国の主要な科学開発拠点の一つであり

                          • 岸田政権「貧困世帯に給付金」の大ウソからくり!非課税世帯に「さっさと住民税払え!さもなければ…」の恫喝的取り立て実態

                            「非課税世帯でも、住民税は払っていただきます」 引用元   看護師とジャーナリスト稼業で生計を立てているわが家に「赤紙」がやってきた。デルタ株が猛威をふるった21年から22年、自分や家族が高熱を出してもPCR検査が受けられず、何度も就業自粛を余儀なくされた結果、年間収入が200万円にまで落ち込んだのだ。  PCR検査で陽性が判明すれば、健康保険組合から手当金、医療保険から保険金が支給される。ところが、疫学調査対象ではないからと、保健所からはPCR検査を断られた。  た

                            • おんぶして街頭演説が違反?

                              子供をおんぶして街頭演説のどこが違反になるのでしょうか?理解不能です。 公職選挙法の中に子育て中、子供をおんぶして街頭演説してはいけないと言うことは、どこにも書かれていません。 なぜ、問題になるのか意味が解りません。 言葉が見つかりません・・・。 熱中症などは大丈夫ですかと声を掛けるなら理解できますが、おんぶして街頭演説が違反になると言うのは、法をねじ曲げた嫌がらせ以外に思い浮かびません。 「人権侵害」「言論封殺」「言論弾圧」「差別意識」そのものです。 問題にしなければ

                              スキ
                              2
                              • 一部訂正「TSMCは『2025年迄に』一切の水資源を使わないと断言した」ので、水の供給は必要ない! YES!

                                前の書き込みを一部訂正します。 2025年からではなく、「2025年迄に一切の水資源を使わないと断言した」の、間違いでしたので訂正します。 この事から言えることは、熊本県菊陽町のTSMC工場の稼動に適用できるから、有言実行あるのみ。 日本にとっては何のメリットも無い、日本人の血税を中国企業に出す以上、責任ある行動をとって貰います。 TSMCは2025年迄に半導体製造に 『一切の水資源を使わないと断言した』 熊本の皆さん、日本の皆さん、ハイテク企業TSMCがハッキリと断言して

                                スキ
                                2
                                • 最高裁判決!適用と準用。

                                  一連のやり取りを貼ります (知り合いのツイッターより) 数年前の最高裁判決。 詳細も確認せず、自分で引用した文章も読みもせず、理解できぬまま粘着してます。 ここにも書かれていますが、あくまでも「同等の保護を受けることは可能」 これを読んでおかしいとは思わないのかな? 「適用」ではなく「準用」です! そして返ってきたのが 引用文は、立命館大学の法学部で使われた授業用の資料だと思われます。 拡大すると「立命館 法学」と書いてあります。 それに対して返した内容です。 生

                                  スキ
                                  1
                                  • ハッカーは、船や飛行機を停止させることができる。

                                    ハッカーは、船や飛行機を停止させることができる。そして、それはより一般的になる可能性がある。 Published Mon, Jun 27222:14 am edtupdated Mon, Jun 27222:14 am edt サム・シード SAM_L_SHEAD キーポイント 今日のグローバル経済に欠かせない巨大なコンテナ船や巨大な貨物飛行機は、新世代のコードウォーリアによって停止させることができるようになった。 カスペルスキーの主任セキュリティ研究員であるデイビッド・

                                    スキ
                                    2