見出し画像

ミラノの青空市場

今日はミラノの青空市場のお話です。

ミラノ市内では、ほぼ毎日どこかで、青空市場が開催されています。

画像1

イタリア各地から品物が届き、近隣の農家が自家製のチーズやはちみつなどを持ち寄るため、スーパーのものより新鮮で、品質が良く、お値段もリーゾナブルです。また、お店を出している人たちとの会話を楽しみながら、試食もして買い物ができます。もちろんイタリア語ですが、イタリア語を話さないうちのカミさんにも、身振り手振りと片言の英語で話しかける陽気なお兄ちゃんやおっちゃん、おばちゃんが多いです。

画像2

チェリーだって季節になるといくらでもあります。
しかも、安くて美味しいです!

画像3

この立派なイチゴはイタリア南部バジリカタ州から来ています。

画像4

2月ですと、南部のプーリア州から届く新鮮な菜の花が
ずらりと並んでいます。うちの料理教室カーザ・ブルーザでも、
2月~3月ごろになると菜の花のパスタをメニューに出していますよ。

画像14

パプリカのインスタレーション?
ディスプレイにこだわっている店主さんも・・・

画像6

無数の種類のオリーブ。そのまんま、もしくは味付けも選べます。
もちろん量り売りです!手前にあるのは、塩漬けのケッパー。
瓶に入っているものと全く違います!

画像7

肉や魚も買えます。

画像8

羊の立体物が目印となるこの店は私の気に入りの一つ。毎日プーリア州から届く焼き立てのパンと、2種類のチーズしか売っていませんが、
どれも絶品です。クリ―ミなゴルゴンゾーラはノヴァラというミラノの西にある町から来ています。ペコリーノはプーリア州直送で、そのまま食べるための若いタイプと、パスタの上にかける熟成したタイプがありますが、
冬だとあまり乳が出ないため、春まで待たないと
若いタイプは手に入りません。

画像9

ここも私がよく訪れるチーズ屋さんです。特に山羊乳のチーズは絶品。
すべて自家製で、リナーテ空港の近くで酪農を営んでいます。

画像10

この屋台はミラノの北にあるベルガモ付近の水牛酪農家。水牛といえば、
気候が暖かい南イタリアが有名ですが、ここは北イタリアなのに、
水牛の牧場を持ち、売っている自家製のチーズはすべて
水牛乳でできています。モツァレラだけではなく、ゴルゴンゾーラも
グラナもそうです。製造地方と原料は規定と異なるため、
DOP(保護原産地呼称)認定を受けることができませんが、
一度食べたら常連になるのに違いありません。

画像11

これがそのコルゴンゾーラとグラナです!
小さく切ってもらえないので、覚悟しましょう。

画像12

5月に行ったら、市場の目玉は何といってもズッキーニの花。
日本では高級イタリアン・レストランでしか味わえませんが、イタリア人は大体箱で買っていきます。

画像13

そして、写真はミラノのマンマのズッキーニのキャセロール。健康志向のマンマは花の中にリコッタとパルミジャーノチーズを詰め、
オーブンで焼きます。フライより、あっさりしながらも、
ズッキーニの花を感じる味わい深い一皿です。

画像14

出来上がったものはこれです。

いただきま~す!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Grazie!
4
イタリア人の夫、日本人の妻が運営するカーザ・ブルーザ。スーパーの材料で簡単でも本格的なイタリア家庭料理のレシピとその背景にある歴史や文化をお伝えします。このブログでは四季折々のレシピや、歴史や食を通してイタリアの町を紹介します。http://www.casa-brusa.com
コメント (1)
素晴らしい、地域の農業を皆で守っているのですね。
僕の住んでいる地域でも昔は農家の人が道端で毎日作ったものを売っていたけど、もうすっかり消え去りました。
スーパーは効率的だけど、小規模商店が亡くなるというのは悲しいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。