見出し画像

次の世代にも、おいしいを。

ゴリ

おいしいっていいよね

先日、家族の記念日。
おいしいもの、食べたいよね!ってことで、本人に希望も聞かずに、強引に店を予約し、行ってきた。
想定通り、みんな大満足。
ズッキーニを食べず嫌いだった7歳の娘も、流れに身を任せて食べて(食べさせたわけですが笑)、ペロリといただいた。
奥さんも、料理はもちろん、器にも感動して、五感でおいしさを感じていた。
こうして家族みんな、お腹も心も満たされ、幸せな記念日となった。

おいしいっていいよね、といえる未来を残したい

前振りが長くなりましたが、こんなほのぼの話、子供たちの世代にもできるのかな、という疑問がすべての始まりでした。
普段、何気なく食べている、野菜、魚、肉。
テクノロジーによって代替できることもたくさんあるだろう。
そのほうが環境にとっては良い面もたくさんあるだろう。
でも、そっちじゃないんだよなーという漠然した思いをもっていて、知人の畑に遊びいったり、何か自分でできることないかなーと日々過ごしていたとき、MXLABと出会った。

*MXLABは、NewsPicksが主催する生産者と消費者とで新しい食体験を作る共創コミュニティです。詳しくはこちらを参照ください。

おいしいっていいよね、を共感できる場所と仲間

アプローチはそれぞれですが、ビジョンは共感できる。
熱い思いを持った仲間がいる。
それが私にとってはとても魅力的で、刺激的。
今後の仕事やキャリアにも同じ要素を求めている私にとっては、最高の場所と仲間との出会い。
チームで臨んだ企画は通らず、非常に悔しい思いはしたが、仲間の企画は素晴らしく、とても勉強になる。
これをきっかけに、もっと成長したいし、もっといい企画にして、いつか実現してみたい。

おいしい夏が来る

ここまで読んでいただいた方、ありがとうございます!
この夏、日本で一番おいしい野菜を、楽しく食べられるプロジェクトが幕を開けます。

日本で一番熱い夏を、みんなで過ごしましょう!!!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!