見出し画像

POSIWILLで立ち戻れる人生地図を作れた話

 去年明らかに一番投資してよかった体験で行くと、アフィリエイトでもPRの発言でもないが自分の中だとPOSIWILLだった思う。ずっとこの体験の素晴らしさを描きたかったのに、全然書けずに日にちが経ってしまった。明らかにこのPOSIWILLの体験が、今新しい職場であるFinTにて楽しく働きながら、納得して生きれている自分の人生を作っていると思う。ただ素直に、個人的にもっとPOSIWILLのような素敵なサービスが広まって欲しい!!って思ったので書きました。

元々POSIWILLは、名前だけ知っており、こういうサービスがあるんだな程度だったけど、知り合いの先輩が企画してくれたお食事会に行った際に、はじめましてでPOSIWILLの岡さんに出会った。そこで初めて会った岡さんの威力や存在は本当に凄くて終始圧倒されている時間だった。女子会という名目で集まった時間は、後半は岡さんへのキャリア相談会への時間に変わって質問が投げかわれていた。笑


その相談会でふと「今の仕事を続けるか悩んでます。ちょっと辛いです。」と誰かがボソッと言った一言に、岡さんが言っていた「そこに苦しみがいはあるんですか?苦しみがいがあるのであれば、頑張れば良いと思うし、苦しんだ先に自分が行きたい道がなかなかないのであれば、今苦しむ意味ってなんででしょうかね。」という言葉がグサリと刺さったのが印象的だった。

その日をきっかけに、自分の人生やキャリアに関して考え直すようになった。約2年間ずっと走ってきて、常に夢中で楽しくてワクワクしてて、というか考える暇や余裕なんてなくて時間は過ぎていたことに気づき、改めて自分のキャリアやライフプランを25歳になる前までに見直してたいと思っていた。何事も仕込んでから3年以上は絶対かかるから、自分の時間を全集中できる年齢で新しいチャレンジをしてできる時間って、まだあるけどそろそろ考えて行きたいなって思っていた時だった。そして何よりも岡さんともっと対話をしてみたくてPOSIWILLをはじめてみることにした。すぐに意思決定できる金額感ではなかったけれど、その金額ほどの価値があるのか判断できるのも受けて見ないとわからないし、時にはそういう意思決定をしてみてもいいのではないか?と直感で思い、はじめてみることにした。

まずやってみた感想で行くと、本当に受けてよかった。自分は内省や客観的に判断できたり、言語化して俯瞰できているタイプだと思っていたが、今まで気づかなかった思考の癖や思考の歪みに気づくことができた。生まれてから今までの人生の起きたことを話し、その時抱いた感情、プラスやマイナスな出来事などを振り返ってた。人生を俯瞰してみると、偶然起きていたと思うことや抱く感情は、全て繋がっており、こういう状況になるとこういう行動や思考になりがち、そしてこういうことが起きるといつもこういう状況になり好転するといったことが、全てが抽象化できるようになった。凄く勉強になったし、勇気もたくさん湧いてきた。

これを知るか知らないかでは、自分の人生の生きやすさが段違いだと思った。人は目標に対してまっすぐ走れるために、いろんな工夫をするんだと思う。でもこの自分の取り扱いを自分で知ることは、目標に対して最短で行けるスーパーお助けアイテムになると実感した。具体的に、今までの環境を振り返って自分と相性がいい人や成果を出しやすい環境や事業など自分の特性が整理された。     

またキャリアに関しても、色々考え直すきっかけを与えていただいた。学生時代、なかなか上手くいかなったけど起業し、事業の失敗や組織崩壊に終わり、すごく悔しくて事業をグロースさせたい力をつけたいためにメガベンチャーに入った。当時は何がなんでも、力をつけたいという感情が第一で、ありたい姿とかやりたいこととか一旦未定だけど猪突猛進で進みまくるという2年半を送った笑
この2年間を振り返って感じたのは、自分の場合成長したいという欲求は2年で期限が切れてしまったということだった。働く前は、こういう力をつけたいとか、まずやれるようになれることを増やしたい!というか何でもいいから成果を出しまくりたい!という感情から、いつしかこういうことがしたい、こんなことを世の中に届けたい、こういう会社を作りたい!とどんどん成長欲求ではなく、自己実現欲求が湧いて来ていた。そして、今度はその自分なりたい姿やありたい姿とのギャップが生まれていた。

岡さんとお話ししていく中で、より今の自分に合う環境に行こうと決意は固まって来ていたものの、どういう環境に行くかすごく悩んだ。キャリアアップが第一の目的でもないし、年収を思い切りあげたいということでもなく、今よりももっと自分の自由な時間を増やして趣味に没頭したいということでもなかった。

岡さんにも、なんとなく「ここの会社気になっています!」という報告を自分も納得してないながらに言うと、見透かされたように「本当に心から思っていますか?(笑)」と良い意味でピシャリと言われた。何度も「一時のしのぎの転職ではなく、本当に今後の人生をかけられるところを、一緒に時間かかってもいいので整理して探しましょう!」と言っていただいた。こういう考え方や捉え方が、きっとPOSIWILLの良さなんだと思う。転職させることがゴールではなく、本当にその人の人生が、その人らしく楽しく生きられているか?そこを第一に考えてくださる素敵なサービスそしてキャリアコーチングの期間が終わってからも、岡さんや代表の金井さんの方から何度もメッセージをいただき、その後働いてからも楽しいか?今の会社はどうか?などと親身に気にしていただき、「FinT心から楽しい!」と伝えると実のお姉ちゃんのように喜んでくださるのが伝わって来てそれもまた嬉しかった。

岡さんと話していくうちに、自分の中で出た結論で行くと、自分は、良い条件のあった会社に入りたいのではなく、心から信頼できる人達と自分の親友をも呼べるぐらい組織や事業がいい会社を作る側に行きたい!と思っていることが整理された。個人的に、自分の大事にしている親友を呼ぶということは、結構大事な指標になっていて、それぐらい信頼している人を呼べるぐらいの環境って個人的にはなかなかないと思ったが、それぐらいの良い環境や事業の作り手に回りたいと思った。

会社の作り手側に回りたいという意思の元、改めて転職活動をし直した。自分も会社の経営者メンバーが心から好きか?そのメンバーと一緒に頑張りたいと思うか?そして自分自身もその環境や事業へ当事者としてのめりこむことができるか?そしてメンバーにも、自分自身の強みや弱みを心おきなく話せる心理的安全性があるか?など、そこにある事業や人、これから生まれる価値に本気で貢献したいと思えるかが岡さんとはなしていて大事だということに気づいた。

今働いているFinT、嘘偽りなく心から事業や組織に貢献したいと思えていることが楽しめている全てに繋がっていると思う。やはり自分の働いている時間は、人生の中で長いから、その時間を自分の中で成長とか成果とかはもちろんあるけど、それ以上に自分でその時間を認められて、肯定できる時間にしたい。

社内政治的にこのルートを行った方が、抜擢しやすくてとか?この職種になった方が、昇格が早い!とかよりも、心からその事業や会社、そのメンバーに貢献したいかだけを集中して考えられる環境の方が自分は向いていると思った。それに今働いてて思うけど、その会社でどう目立つか、認めてもらうかを考えるよりも、その会社をどうするか?どういう方向に持って行きたいか?を考えている人に、チャンスは圧倒的に集まる気がした。(今の株式会社FinTの大好きな代表の大槻がいろんなチャンスをくれるのもそこに起因していると思っている。)

そんな発見を事前にPOSIWILLにてできたらから、今の会社(株式会社FinT)はギャップがなく楽しめているのだと思う。人ぞれぞれが大事にする価値観を一緒に見つけて並走してくれる心強さがPOSIWILLにずっとあったらから、頑張れた。POSIWILLで得たこと、キャリアコーチングを経て行き着いた考えや自分の特性などは、自分の人生のいつでも立ちもどれる地図のような心強い存在だなと今思うと感じます。そんな悩んだら立ちもどれる地図を岡さんと一緒に作れたこと本当によかったです。

 色々長くなってしまいましたが何かを手放なすのはすごく勇気がいるけど、時にはスパッと手放さないと、新しい何かは入って来ないのだなって思いました。改めて、自分1人だったら絶対にこんな良い結果になれてないし、岡さんをはじめとする、代表の金井さん、入場さん、檜山さんそして、POSIWILLのサービスに感謝です。何回もPOSIWILLのオフィスに遊びに行かせていただいて、本当に会う方会う方をご紹介いただき、みなさまの人生観やキャリア観を聞いて、本当に素敵な会社だと改めて感じました。
個人的にもっとPOSIWILL広まって欲しい!!って思ったので書きました!!笑
POSIWILLの詳細はこちら:https://www.posiwill.co.jp
大好きな岡さんはこちら:https://twitter.com/bln49980?s=21
悩んでいる方は是非POSIWILLへ!
(PRでもアフィリエイトでもないです。)

------------------------

そして私が今楽しんでいる株式会社FinTも絶賛採用中です(笑)
↓↓もしよかったらご覧ください↓↓

興味ある方は、私のツイッターのdmまでお気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
71
株式会社FinTで働く24歳。