見出し画像

IMJものがたり37  なんとヤフー超え?

 行動指針にあたるIMJのクレドを策定した後、
経営理念「個性・チャレンジ・N0.1」の3つ目にある
「No、1である事業分野を持ち、最高ブランドの地位を築く」の実現に向けてアクションプランの立案に取り組んだ。

 これまでの量的拡大期から、質的深化期、ブランド構築期の3年に移行しようと位置づけたのだ。

 IMJグループが考える「ブランド」とは、
単なる広告宣伝による知名度アップや、有名なビルに入居することによるステイタスを意味してはいない。

 浮ついたブランドではなく、高いクオリティと顧客満足に裏打ちされるブランドの構築を意味している。

 これまでの実績からくる信頼、期待を決して裏切らず、むしろ期待を上回るような顧客価値の創出。

 長い年月をかけて培われるパートナーシップ、新規顧客が仕事を依頼したくても常連顧客の長期リピートによって、待っていただくしかないような「新規取引の敷居の高さ」、その顧客層の錚々たる顔ぶれ。

 さらに社員にとっては、IMJグループへの入社難易度が高く、このチームに所属することに誇りを持てる。

 そして、そうした事実が人々に噂され、自然と広まり、共通認識になる。

 そんな状態が生み出す「ブランド」を創りたいと思ったのだ。
 
 キーワードは、歴史と実績、絶えず向上する顧客価値、信頼とパートナーシップ、リピート、エスタブリッシュ、ESから来る採用人気度、希少性/限定感。   

 この実現のために2つの方針を決めた。
 ひとつは、ウェブインテグレーション事業の原液(IMJ単体)をより濃く、より競争力のある存在にするために、量的拡大を止めて、
仕事の需給バランスの逆転(獲るべき案件の明確化と獲らない案件の受け皿の用意)を進めること。

 そして、人材の需給バランスの逆転(入社難易度が高く、競争風土のある社風)を実現するために、高付加価値をベースにした高い対価と高い報酬への制度変変更を行い、IMJ単体の組織拡大のスピードを緩め、生産性・単価UPに明確な舵を切ったのである。

 この時、ベンチマークにしたのはマッキンゼー。
売上や利益額、利益率、一人当たり売上高や一人当たり利益額など、各指標を比較し、単なるウェブ構築企業からウェブマーケティング、ウェブコンサルテイング企業へ進化しようと考えた。

 そういう意味では、IMJが現在アクセンチュアグループ傘下で、
ハイクオリティなサービスを提供できるようになっていることを
とても嬉しく思う。

 もうひとつの方針「顧客満足度の徹底追求」については、
カスタマーインティマシー(CI)事業部と事業戦略本部を新たに設置した。

 カスタマーインティマシーとは、1995年「ナンバーワン企業の法則」(著:M.トレーシー/ F.ウィアセーマ)に登場し普及した概念。


・顧客と親密な関係を築き、関係を強固にすることで顧客を囲い込む。
・マーケットが欲しがるモノでなく、特定の顧客が欲しいモノを提供することに焦点をあて、一回もしくは数回の取引で損得を考えるのではなく、顧客の生涯価値を重視する長期安定した良好な関係を築いて、戦略的優位性を構築する

 そうした考え方のことである。

 この考え方に基づき、ロイヤルクライアントを全社的にサポートする体制を構築、顧客向けの事例紹介誌の作成・配布や、セミナー開催。

 プロジェクトの現場同士のパイプとは別に、我々取締役も顧客の社長訪問を定期的に行い、ネット戦略や予算、課題を共有させてもらい、そのソリューションを考えた。

 今、日本ではデジタルトランスフォーメーション(DX)が注目されているが、当時もIT化に前向きな経営者と、腰が重い経営者に分かれていた。
 腰が重い経営者には我々が各業界の成功事例を伝え、啓蒙活動をしていく。


 結局、企業はトップ次第。この時、IT化を本気でやった企業とそうでない企業の差は、この後とても大きくなる。

 DXもそうだろう。企業に限らず地方自治体も本気で取り組むか、形式的にやるかで、市民の満足度が大きく変わってくると思う。


 こうして、ブランド構築に取り組んだ結果、東洋経済が2009年に発表した
就職四季報ブランドランキングでIMJは男子総合99位まで躍進する。

ITソフトウェア部門では、3位サイバーエージェント、4位NTTデータ、
6位マイクロソフト、7位グーグル、9位楽天、10位がIMJ、11位ヤフー。

 そう、ヤフー超えまで達成したのである(笑)。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

楽しんでもらえる、ちょっとした生きるヒントになる、新しいスタイルを試してみる、そんな記事をこれからも書いていきたいと思っています。景色を楽しみながら歩くサポーターだい募集です!よろしくお願いします!

超うれしいです〜。ありがとうございます!
5
リクルート、福岡ドーム、メディアファクトリーを経て、映画プロデューサー、ベンチャー経営者、政治家、作家に。

こちらでもピックアップされています

IMJものがたり
IMJものがたり
  • 35本

IMJの社長に就任したのが21年前、退任したのも11年前になるので、その記憶がまだあるうちに、その時考えていたことをまとめておこうと思う。 元メンバーにとっては懐かしい思い出話、現役組には社史の一コマ、ベンチャー企業家にとっては少しは経営のヒントになることがあるかもしれない。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。