名乗るほどのものでもある

藤井風、ひたすら藤井風。それだけ。たまに、いろいろ。

名乗るほどのものでもある

藤井風、ひたすら藤井風。それだけ。たまに、いろいろ。

最近の記事

『球形の荒野』を精読する

文芸評論家 早稲田大学名誉教授 高橋敏夫先生 松本清張は太宰治と同じ歳 帰る 孵る ではなく、かえる 松本清張がかえってきた 秘密と戦争の時代に 黒の作家がよみがえる 新しい戦前 新たな戦前 徹子の部屋でのタモリの発言以来 マスコミも使う様になった 郷原宏 松本清張辞典 球形の荒野とは、何を意味するのか その重さ タイトルの意味が最後にはっきりとする 童謡七ツの子を歌う二人 合唱は波の音を消したが、 それでも球形の荒野は消えず

    • 成人期の発達課題が導き出した高齢期の課題

      聖学院大学学長 小池茂子先生 生涯発達という考え方 プラスの価値(獲得)(成長) マイナスの価値(喪失)(衰退) 喪失があるからこその獲得もある 発達課題 1940年代〜 個人の生活の特定の時期に登場する それを達成すれば後の段階の課題も 成功裡に遂行できる 他者への基本的信頼が世界に対する信頼に結びついていく 失敗しても誰かが助けてくれる信頼感 生物学的、社会文化的、心理学的基礎 ハヴィガースト、エリクソン、 社会からの要請に応えようとすることで成長してい

      • 民衆と芸術

        ー民芸についてー 都築邦春先生 柳宗悦年譜 柳 宗悦は、民藝運動の主唱者である、日本の美術評論家、宗教哲学者、思想家。名前はしばしば「そうえつ」と読まれ、欧文においても「Soetsu」と表記される。 宗教哲学、近代美術に関心を寄せ白樺派にも参加。芸術を哲学的に探求、日用品に美と職人の手仕事の価値を見出す民藝運動も始めた。   印象派 キャンバスを持って外に出て絵を描いた 人道主義  新しき村 志賀直哉 山本有三  東寺の朝市を褒めた  手作りのもの 上手ものと下手

        • Perfect Days

          ファッショナブルな東京都の最新式の公衆トイレ🚽が出てくる 鍵がかかると外から見えなくなるものや、およそトイレには見えない形のもの、いろいろバラエティに富んでいる 洋楽のカセットテープ、100円の文庫本、アパート前の自販機の缶コーヒー、青い車、自転車、仕事着、コインランドリー、一回分の洗剤パック、古本屋、飲み屋、料理屋、銭湯、写真屋 同僚、同僚の想い人、姪、妹、飲み屋のママ、ママの元夫 車の中でかける曲がとてもいい 寡黙な主人公の代わりに何かを語っているかのよう 近所の

        『球形の荒野』を精読する

          新年の抱負(人にはあまり言えない密かな方)

          睡眠時間を6時間以上とる⏰ わたし、血圧が高めなんです 睡眠不足は高く出ると聞いた ので、今年はちゃんと寝ます 💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤 ピアノの練習を再開する🎹 せっかく実家から来てくれた ピアノ。調律も済み、すっかり 元気なので、弾きますよ ピアノは弾いた方がよろしい らしいです ラジオ体操かテレビ体操をする🤸‍♀️ また体重が増えて来ました せっかく 減っていたのに アルコールも飲みた いし、運動でカロリー消費に努めます また、遠足もします 🚶🚶🚶🚶🚶🚶 🚶🚶🚶🚶🚶

          有料
          100

          新年の抱負(人にはあまり言えない密かな方)

          色から見るいちばんすきな花

          赤い椿 青いゆくえ 黄色い紅葉 紫の夜 生成りの藤井風 四人の主人公と主題歌の藤井風 四人の主人公は、使うマグカップの色で、その人らしい色を示した。名前と見事に一致している。緻密に張り巡らせた脚本の技である。 そして、最終回に出てきた藤井風は、当初から、フルサイズでピアノ弾き語りをしてほしいとのオファーがあったそう。マネージャーによりそれは明かされた。 全員揃って五人がお揃いの白いスリッパを履いて椿ハウスに現れた。ただし、四人はドラマを演じ、藤井風は主題歌を演奏した。

          色から見るいちばんすきな花

          大奥!!!

          わたしはずっとずっとこの漫画が読みたかった とっくにKindleで電子書籍版を手に入れていたし、NHKでドラマが終わってしまい寂しい間に読んでしまいたいと思っていた それなのに、まだ読んでいない このままではフジで違う大奥が始まって多分わたしはそれを観てしまうだろう そうなると、さらに読めなくなってしまう予感がする  わたし、不器用なんです NHKの大奥から漫画を経てフジの大奥に行くつもりが、その計画がこのままでは駄目になってしまいそう  眠たい目を擦り、SNSを見ない

          もういくつ寝るとお正月そしていつものお雑煮

          早いものでもう師走も師走 どん詰まりの年末 そして来年のお雑煮はどうするか (ちなみに上の写真は今年のお雑煮) 関東圏にずっと住んでいるせいか、お正月のお雑煮と言えば、醤油、角餅。甘いなんて考えられない!だが、何を入れてもいいから雑煮ですよね 両親は北陸出身だったが、関東圏に住み続け、食は関東だった たまに北陸のミックス 美味しい魚が食べたいとはよく言っていたので、そこはやはり多少の影響はあったのかもしれない きときとの魚の手に入る場所にいたのだろう 関東圏のスーパーでは

          もういくつ寝るとお正月そしていつものお雑煮

          花は咲きましたか?

          #最近の学び 『いちばんすきな花』というドラマを、全てリアルタイムでテレビ視聴しました これは、テレビを観たらすぐ寝てしまうわたしとしては極めて稀なことで、それだけこのドラマから学ぶことが多かったのです と言っても、このドラマは中学生日記みたいなドラマでもないし、かと言って恋愛ドラマでもない 強いて言えば、これは、自己啓発系ドラマでした  四人の主人公と、彼らを結びつける鍵となる一人の女性 生きづらさを抱えた4人が、その重荷を抱えたまま出会い、その後に何かを見つけるお話

          YAMAHAアップライトピアノ

          #買ってよかったもの 正確に言うと、わたしは実家からこの古いピアノを引き取ったのです YAMAHAが国産ピアノを世界へと売り出すため、品質でも海外とは引けを取らないピアノを売り出した頃でした わたしが生まれて少し経ち、このピアノは家にやって来たそうです いわばわたしの妹か弟のような存在で、結婚して家を出た後も、帰省の折は、必ず弾いていました それが、両親が亡くなり、たった一人であの家にいました 閉め切られた空間でまた誰かに弾かれることを待ちながら  湿度の高い夏、寒

          YAMAHAアップライトピアノ

          朝鮮半島と日本

          東京大学教授  きみやただし 木宮正史先生 朝鮮半島にとっての四強とは 日本、中国、ロシア、アメリカ 日本と韓国は補完関係から、競争へ 日本の圧倒的優位から同等へ 相互補完から相互競争 1998年10月の日韓パートナーシップ宣言が一つの到達点だった 日韓は悩みを共有し、知恵を出し合う関係へ それが理想の形 共通の悩みとは、少子高齢化であり、北朝鮮 日本は、戦犯国家と韓国のメディアから表現された

          物理学と社会の関わりを考える

          放送大学客員教授、埼玉大学名誉教授 井上直也先生 理論物理学と実験物理学 素粒子、原子物理学 宇宙物理学 地球物理学 物性物理学 生物物理学 物理化学 身近な地球(大気)と物理 青い空 空気があるから青い 黒い空 宇宙 飛行機、雲、風20キロメートル上空 気球、オゾン層40キロメートル上空 オーロラ   60キロメートル上空 流星     90キロメートル上空 宇宙ステーション 400km以上上空 気圧 ミリバール、ヘクトパスカル 地球半径6378キロメートルで、

          物理学と社会の関わりを考える

          おらおらでひとりいぐも

          若竹千佐子著 ずっと読みたいと思いつつ六年ほど経ってしまった 著者は史上最年長となる63歳で文藝賞を本作で受賞 読後感は爽やかであり、孫の登場で救われる 学者が、孫の面倒を見る女性は若々しく幸福度の 高い人生を送れるとかなんとか以前に言っていた この小説を読むとまんざら嘘でもないような気が してくるような終わり方である 伴侶の死とは人生で起こる三大ストレスの一つらしい 他の二つは何だったか忘れたが、とにかくそれまで人生を 共にしてきた人と死に別れるのは想像以上に辛いこ

          おらおらでひとりいぐも

          歎異抄を読む

           元聖学院大学学長  清水正之先生 歎異とは、異端を嘆くこと 親鸞の弟子、唯円が書いた 自力ではなく他力を説く 他力とは阿弥陀のこと 哲学者三木清、西田幾多郎の弟子 六道とは,仏語で衆生が生前に業因により生死を繰り返す六つの迷いの世界。 すなわち,地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人間・天上をいう 京都、広尾の近くで生まれた 醍醐寺の近く 中級の貴族 浄土真宗は魂の存在を認めない 徳川家康によって西と東に本願寺は分けられ力を分散させられた 一向一揆  葬式仏教 神道の葬儀

          日露戦争

          澤田和彦先生 北東アジアにおける西洋列強の力の増大 アジアの国際社会への登場 ロシアと清国の二つの条約  1891 シベリア鉄道の建設決定  1894〜95 日露戦争 三億円の賠償金獲得 台湾が日本領に 遼東半島(大連、旅順)獲得 三国干渉(臥薪嘗胆) 1896 東清同盟密約  東清鉄道 ハルピンから旅順、大連まで 満州(中国東北地方)鉄道の支線 日英同盟の成立 乃木将軍 軍神とされた  バルチック艦隊、第一艦隊との戦い 203高地 ツアーリに対する信頼が揺らぎ始め革

          人生100年時代における金融リテラシーの役割

          埼玉大学 経済学部 中川 忍 教授 現役世代の負担の高まりを受けて、内閣府の令和5年版高齢社会白書より、まずは教育からの指針 基本的な知識、判断力(リテラシー)が必要である ドルコスト平均法のイメージ、そして税優遇制度の創設 2024年から新しいNISA 金融犯罪認知件数の推移から見えること 一時間に二件の金融犯罪の発生 1件あたり211万円 暗号資産などの若者の損失 自分が平均よりリテラシーがあると思っている人ほどリテラシーが低い 金融広報中央委員会 知るぽると 

          人生100年時代における金融リテラシーの役割