見出し画像

Paris fashion week 2020SS 旅行記⑨ Hed Mayner 篇


Bonjour! ムッシュDです。

私のECのお店「Ça Déchire」(サ・デシール)は、
体格が小さくても、普通でも、大きい人でも入る
オーバーサイズ」や「ビッグシルエット」を専門に主に扱っています。

実は今、ムッシュDはパリにいます。

パリコレ(Paris Fashion Week)を見て、2020SSの商品を買い入れるためです。

さて、次は、Hed Mayner 2020 Spring Summer の商談に臨みました。


いやあ、やっぱり良かったです。


いろいろ悩みましたが、負けました。


多少暑かろうが、よければ着るものは着る!と信じて。

オーバーサイズビッグシルエット
×
ユダヤ
×
軍やノマド
×
パリのモード

がコンセプトのHed Mayner。

日本の夏にはちょっと暑いかも、と、春夏は敬遠していましたが、ちょっと触手が動くくらいの素晴らしい出来でした😎

1月の2019AWに続くケープが、今期は薄くいくつも!



ヨーロッパで買い付けた HED MAYNER 2018AWの服が絶賛セール中です!30%以上の値引きなので、是非覗いていって下さい!
2019SSセールは来月1日からスタートです。

http://www.cadechire.jp



HED MAYNER とは?



パリに拠点を置くデザイナー Hed Mayner(ヘド・メイナー)は、 イスラエル北部の小さな村で生まれ育った。

そこは様々な文化の影響を受けた、とても複雑な土地。

その後、エルサレムで服を学び、 さらにパリで、最先端のファッションを学んだ。

Hed Maynerのモノ作りの原点は、 「伝統」「霊性」「力強さ」「脆さ」「高潔さ」など。 

特徴でもある、独特なオーバーサイズシルエットは、 

イスラエルで学んだ伝統的なユダヤのテーラーリングと、

イスラエルでよく目にした軍人のアーミーテイストと、

パリで学んだラグジュアリー且つモダンなテイスト

をミックスすることで、 独創的、かつ、絶妙なバランスを生み出す。

イスラエルらしい優雅で流れるような伝統的な要素もあり、 カットやシルエットが大胆でモダンな部分のある、砂漠の民(ノマド)のような服。 

アパレル関係者の中では、すでに盛り上がりを見せていて、 一度見たら忘れ得ないフォルムは、まさに圧巻。まさに異端児。

#hedmayner #2020ss #fashionshow #fashionmen #nomad #fashionissue #defiledemode #ノマド #メンズコーデ #今日のコーデ #お洒落好き #おしゃれ好き #オシャレ好き #ゆるコーデ #オーバーサイズ #モード系 #大きいサイズ #ビッグシルエット #ビックシルエット #ビッグサイズ #ファッション好き #ドレープ #大きいサイズのお洒落 #大きいサイズのコーデ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
moi aussi, je t'aime♡
サ・デシールは、フランス生まれの『ムッシュD』がヨーロッパから厳選した、お洒落でモードなオーバーサイズを販売するECセレクトショップ。ゆったりと着られて、普通のサイズからプラスサイズまで入る「お洒落な大きい服」を取り扱っています。 http://www.cadechire.jp