『法華衆の芸術』刊行のおしらせ
見出し画像

『法華衆の芸術』刊行のおしらせ

BUNBOU WEB

 BUNBOUのメンバーである高橋伸城(美術史家/美術ライター)のはじめての著作となる『法華衆の芸術』が12月10日に発売されます。

 天下人に仕えた狩野永徳。水墨画から金屏風まで多彩に技をふるった長谷川等伯。能書として名を馳せた本阿弥光悦。〝天下一〟の茶碗屋である樂家。「琳派」の先駆けであり大成者である俵屋宗達や尾形光琳。そして、江戸後期の浮世絵師のなかでも著名な葛飾北斎や歌川国芳。

 西洋のコレクターたちを熱狂させ西洋美術にまで影響を与えた日本美術の巨匠たち。美学的にはとても一括りにできない彼らに共通していたのは、日蓮の教えを信奉する法華衆だったことです。

 日本文化と言えば「禅」というイメージがしばしば語られがちですが、実際に世界の注目を集めてきた日本美術の多くは「法華」の手になるものでした。そのことが日本人にさえほとんど意識されてこなかったのは、彼らの作品が外形的に宗教性や宗派性を見せないからなのです。

 彼らが黙して語らなかった造詣と信仰のかかわりについて、気鋭の本阿弥光悦研究者であり美術ライターである著者が丁寧な筆致で迫っていった珠玉の一冊。現代美術家・宮島達男氏との対談、美術史家・河野元昭氏(静嘉堂文庫美術館館長)へのインタビュー、関連年表も収録。
 装丁は矢萩多聞さんです。

 日蓮(1222-1282)生誕から800年。まったく新しい視点で見る日本美術史。ぜひご高覧ください。

画像1


目次
第1章 法華衆とその作品
    本阿弥光悦
    俵屋宗達
    狩野永徳
    長谷川等伯
    樂道入
    狩野探幽
    尾形光琳
    尾形乾山
    葛飾北斎
    歌川国芳
    河鍋暁斎
    神坂雪佳
    速水御舟
第2章 西洋との出会い
    西洋に広がった法華芸術
    「北斎」から「HOKUSAI」へ
第3章 「法華衆の芸術」をめぐって
 対談 宮島達男(現代美術家)
    河野元昭(東京大学名誉教授)
法華衆関連年表
著者略歴

高橋伸城(たかはし・のぶしろ)
1982年、東京生まれ。ライター・美術史家・翻訳家
創価大学を卒業後、英国エディンバラ大学大学院で芸術理論、ロンドン大学大学院で美術史学の修士号を取得。帰国後、立命館大学大学院で本阿弥光悦について研究し、博士課程満期退学。2019年より、東京でBUNBOUの一員として活動中。
出版社 ‏ : ‎ 第三文明社
発売日 ‏ : ‎ 2021/12/10
言語 ‏ : ‎ 日本語
単行本 ‏ : ‎ 192ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4476034020
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4476034028
寸法 ‏ : ‎ 15.3 x 1.5 x 21.6 cm
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったー!
BUNBOU WEB
ライター×編集者×研究者のユニット「BUNBOU」が運営するnote。 文化・芸術・言葉を軸に、新しい好奇心で日本とアジアをみつめていきます。