シェアリングエコノミーサービス開発をはじめる時にまず知っておくべき話

108Sharingというシェアリングエコノミー開発支援サービスを行っています。airbnbが流行始めた2015年から開始して100社を超える導入実績があります。これまでの実績を踏まえた共通するノウハウを公開していきます。https://108sharing.com/

シェアリングエコノミーサービス開発をはじめる時にまず知っておくべき話

108Sharingというシェアリングエコノミー開発支援サービスを行っています。airbnbが流行始めた2015年から開始して100社を超える導入実績があります。これまでの実績を踏まえた共通するノウハウを公開していきます。https://108sharing.com/

    最近の記事

    身分証明書の取り扱い

    シェアリングエコノミーサービスは多くの場合は、個人ユーザがホスト/ゲストの2種類の形で登録します。 個人ユーザが取引の主体となるため、信頼性や安全性が担保できず、何らかの詐欺やトラブルが発生する可能性もあります。 そのような事が起きたときの対処のために、ユーザに身分証明書をアップロードすることをルールとしているサービスが多くあります。今回はそのようなシェアリングエコノミーサービスにおける身分証明書の取り扱いについて説明します。 ユーザー登録と身分証明書ゲスト/ホストどち

      • プラットフォームが提供する保険制度

        シェアリングエコノミーサービスの新規立ち上げ時によく聞かれる質問で、「プラットフォーム側で保険を提供することについてどう思いますか?」というものがあります。今回はその背景や回答について解説していきます。 保険制度とはシェアリングエコノミーにおける保険制度とは、ユーザ間の取引に関する活動時に何らかのトラブルが起きてしまい損害を被った際にそれを保障してくれる制度を指します。 なぜ保険制度が必要なのか シェアリングエコノミーは多くの場合は個人間で取引を行います。企業サービスと

        • シェアリングエコノミー協会の取り組み2021

          シェアリングエコノミーの業界団体である一般社団法人シェアリングエコノミー協会では業界改善のための様々な取り組みをしています。その中の2021年から始まっている新たな取り組みを紹介させて頂きます。 シェアエコあんしん検定 シェアリングエコノミーサービスのホスト側ユーザとしてサービス提供をしている方向けの検定です。取引に不慣れな個人がサービス提供者となる際に気をつけるべきポイントが検定としてまとまっているようです。 一般的にシェアリングエコノミーのサービスは個人ユーザが提供