薔薇漢 

仏像彫刻をして24年ほどになります。 木彫りを通して何か楽しいことができないか日々模索しています。

薔薇漢 

仏像彫刻をして24年ほどになります。 木彫りを通して何か楽しいことができないか日々模索しています。

    最近の記事

    加藤好洋さん「Last Song 壱」に参加して

    加藤好洋さんの「Last Song 壱」に参加させていただきました。 実はその、ちょうど一週間前に、父が肺ガンでステージ4まで進んでいることがわかりました。 父は母が亡くなったあと、再婚せずに20年近く一緒に暮らしている相手がいます。 その方が看護婦をされていて、病院に行った方が良いとのことで見てもらった結果でした。 父とは普段離れて暮らしていますが、和太鼓を指導したり、畑仕事をしたりして今でも活動しています。 田舎暮らしを始めたのは、私が小学校5年生の時に3人の子供

    スキ
    12
      • 釈迦の苦行像

        釈迦苦行像を彫るに際して何故彫ろうかと思い立ったのは、実物は見たことはありませんが、20年以上前に何かの本の写真でパキスタンのラホール美術館の苦行像を拝見したんだと思います。 それからずっと頭から離れずにいました。 苦行を否定したお釈迦さんの苦行像には意味がないのではないかと思っていた時期もありました。 それでも理屈を超えた魅力というかインパクトが頭から離れません。 彫刻だけでもなく絵画でもそうですが、美しいだけでなく強烈

        スキ
        2
        • 初めまして@bukkouです

          初めましてのnoteとりあえず挨拶をさせていただきます。 私は20歳から24年間仏像を彫り続けていますが、今から9年前にブログを立ち上げたのが、インターネットでのアウトプットの始まりです。 そのあとYouTubeフェイスブック、インスタグラム、という順番でSNSを運用しています。 noteという存在も噂では知っていましたが、いつか読んでみたいなと思っていました。 思い立ったら吉日、早速アカウントを作り本日よりnoteを開始することとなりました。 どのように運営してい

          スキ
          2