魔女シュワレチェ・デ・ヴイヴィリオーティカ(本の虫)
見出し画像

魔女シュワレチェ・デ・ヴイヴィリオーティカ(本の虫)

魔女達のユーモラスな物語

■シュワレチェ・デ・ヴイヴィリオーティカ(本の虫)
ルーマニア出身

彼女の村では、ある年、誰かの黒魔術の失敗により、
多くの娘達が知性なき吸血鬼になった。
その運命は「娘である以上、絶対に回避できない」と、
村の偉大な賢者は言った。
だがしかし、彼女だけは勉強家であった為、
知恵を使い、吸血鬼になる呪いから逃れる事が出来た。
彼女は吸血鬼となった仲間達の眠る屍を実験材料にし、
一流の魔女となった。
実験中に、屍の一人が言った。
「なぜ、私達は皆、吸血鬼になったというのに、
あなただけはその運命から逃れる事が出来たのか?」
シュワレチェは言った。
「あなた達が世界だと思っていたものは所詮、小さな村で、
偉大だと思っていた賢者は、所詮は小さな村のペテン師だったからです。
運命から逃れる事は出来ないと、小さな村の言葉を鵜呑みにして、
あきらめてしまった事こそが、あなた達にかけられた呪いなのです。
私は、村の外の知恵を使って、運命から逃れたのですから。」

画像1


屍は言った。
「でも、それで本当に幸福だったのかしら?
皆が吸血鬼になっているのに、あなただけ一人残っている事が?」
シュワレチェは、しれっと笑って言った。
「はい。幸福ですとも。
[皆で土に埋められる事が幸せ]という人達から離れられる事を
魔女は幸福というのです。
私は孤独に地上で朽ちていきましょう。
孤独を自分の痛みとして噛み締められる事以上の幸福など
この世で望んではいけないのです。」
魔女シュワレチェは、そう言って空高く舞い上がり、
二度と戻ってはこなかった。



スペイン・オペラ楽団「墓の魚」
http://site-1295095-2445-4622.mystrikingly.com/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
魔女達のユーモラスな物語
オペラ楽団「墓の魚」に登場する200人の魔女一人一人のユーモアと風刺あふれる物語を描いていきます。 「墓の魚」公式サイト http://site-1295095-2445-4622.mystrikingly.com/