占星術師 BROWN(ブラウン)

これまでインスタに上げてきたものを内容別にまとめています。 夢日記などで解説を追記したものについては、有料です。 https://www.instagram.com/taikobo_roku/?hl=ja 占断のご依頼→Mail: brown-space@outlook.jp

占星術師 BROWN(ブラウン)

これまでインスタに上げてきたものを内容別にまとめています。 夢日記などで解説を追記したものについては、有料です。 https://www.instagram.com/taikobo_roku/?hl=ja 占断のご依頼→Mail: brown-space@outlook.jp

    マガジン

    最近の記事

      • 夢日記 No.100-3

        「次の日、4Fにある私の部屋の洗面台で顔を洗っていると、  ”目的の女性”が私を抱きしめる。そして(私は夢から)目覚める。」 このNo.100でずっと疑問だったのは、この 「目的の女性」とされる存在です。 「うさんくさい」から始まるユング心理学や哲学、仏教などへの 新しい距離感の中にいる、この泣いていた女性とは・・・? と思っていたのですが、 先日「インド哲学 七つの難問」(著 宮元啓一)の冒頭に 書いてあった文章で、これか!と思ったので、長いですが、 そのまま引用いた

        スキ
        1
        • かに座 14度(13.00~13.99)

          「北東の大きな暗い空間に向いているとても年をとった男」 A very old man facing a vast dark space to the northeast. 13度で、自分にとっての信頼できる”スペシャル”が見つかると、 14度では、そちらに向かって歩いて行きます。 その姿は老賢者や、タロットの隠者を思わせ、 一見かに座らしくないのですが、向かっている 方向が北東というのがミソです。 北東は”かに座”を示す方角でもあるので、 後々”かに座”らしさが再燃する

          マガジン

          マガジンをすべて見る

          記事

          記事をすべて見る
            • 夢日記 No.100-2

              「4Fの部屋は仏具を売る会社になっており、  そこで”目的の女性”を見つけるも、彼女は端で泣いている。  そこで私は『働かせてください』と言う。  すると相手は『ちっちゃいな・・・まあいい』と言って私を雇う。」 前回の続きです。 青い鉄筋のアパートの4Fは仏具を売る会社だったのですが、 この辺りからもユングの影響をうかがえます。 晩年、ユングが重視したのは、曼陀羅などからはじまる東洋思想 ですので、仏具はあるいみ関連がよくわかります。 ところで、勘違いしやすいのですが

              • かに座 13度(12.00~12.99)

                「とても目立つ親指で、少し曲げられた一つの手」 One hand slightly flexed with a very prominent thumb. 12度で見つけたメッセージを、 13度では、自分ひとりだけが見える宝物にします。 それは、自分が確信していることについて、 他人に漏らしたり、変えたりしないことでもあります。 しかしその宝物は上手く他人に伝わらない事があるので、 結局、誰にも言わず一人で固く閉じてしまう性質もあるでしょう。

                  • 夢日記 No.100-1

                    「青い鉄骨のアパートに入る。私の行くべきは4Fらしい。  そして、そこの大家さんに『ここはひどく匂う』と言われる。」 100個目の夢になります。 そして、この夢も密度の濃い夢でしたので、 3回に分けて表現していこうかと思っています。 まずは”その1”です。 内容の通り、ここは「青い鉄骨のアパート」なのですが、 このキーワードから連想できたことは2つありまして、 まず一つが、 晩年ユングが夢の中で「青い階段を登って行って、 地球を見下ろせる所まで行って、さらに先に行くと

                    • かに座 12度(11.00~11.99)

                      「メッセージを持った赤ん坊をあやす中国人の女」 A Chinese woman nursing a baby with a messeage. 11度で一般常識と違う自分を一般常識の枠を 壊さない程度に表現する方法として、パロディ化 させること学んだピエロは、その常識と非常識の 境界線で、この12度で特別なメッセージを もった赤ん坊を見つけます。 例えば、この赤ん坊はキリストです。 見るけるのですが、この赤ん坊の可能性は、 まだこの中国人の女にしか分からず、他人には 理

                      スキ
                      1
                        • 夢日記 No.99

                          「お店(BROWN)で強い風が吹く。  3人のウェットスーツの人が店に避難してくると  店の裏が崩れる。(それを見て)私は  『もうお店はできないな』と思っている。」 夢はおおよそ1年と通して”循環している”。 というのが、夢を記録してきて、その結果を 並べると見えてきたものです。 この発想の元になったのは、どうも同じ時期に お店にとって大変なトラブルが起こる & 夢でもトラブルを予期するかのような夢を見ている。 という所からです。 夢の循環という事に関しては私だけで

                          • かに座 11度(10.00~10.99)

                            「しかめつらをするピエロ」 A clown making grimaces. 人の模倣をするというのは、かに座の基本的な性質です。 ですが、ピエロはそこに相手を茶化す姿勢が入ってきます。 つまり、10度で自分の気持ちを表現することを学んだ後、 11度では自分の考えは世の一般常識とは違うことを、 言葉ではなくパロディ的な模倣によってアピールするのです。 元々かに座は反抗的な性質を持たないため、自分の意思表示を はっきり言葉で言わず、遠回しに、パロディ的な模倣の姿勢で 茶化

                              • 夢日記 No.98

                                「ヨガグループの合宿で窓につるされているモチーフ(太陽)を  見ている間に、二人の女性に何かを盗まれる」 音楽家のためのアレクサンダーテクニックという 本で、”過集中”という言葉が出てきます。 楽譜に集中するあまり、体がこわばり、 音を聞かなくなり全体の流れが悪くなる。 つまり、一部だけに集中しすぎて周りが見えていない。 結果的に、それは本来の意味での集中では ないってことみたいです。 よく、「木を見て森を観ず」なんて言葉がありますが まさしく過集中はそういう状態で

                                • かに座 10度(9.00~9.99)

                                  「完全にカットされていない大きなダイヤモンド」 A large diamond not completely cut. 9度の共感性で感じた事を、10度で外へ表現しようとします。 それは感じたことを形にするプロセスです。 心で感じたものを他人はちゃんと理解してはくれません。 そのため批判を受けても落ち込まずに自分の思ったことを 表現する練習が必要です。 それが、カットされたダイヤモンドとなるプロセスです。