新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ヴォイトレの論点目次(本文の題と一部変更あり)

特は特別論点

44.考えるということ

43.呼吸と体の使い方

42.特:新型コロナウイルスと声

41.誤りの生じるプロセスの検証

40.ヴォイスの基礎と応用

39.特:風邪ほか感染防止について

38.体と感覚

37.答えないという答え~実感と科学について

36.特:「よみがえるAIでの美空ひばり」(NHK放送)2019.9.29新曲「あれから」における歌唱について

35.最近のヴォイトレの状況と、ここまでの歩み

34.人の成長と声

33.レッスンの活用と支援

32.正論考~たとえばイップス(Yips)について

31.特:「のどを鍛えたければ『北国の春』を歌いなさい」週刊ポスト(10月4日号)についての補足説明

30.日本のヴォーカル論~カラオケバトルから、声力の欠如について」~2020年に向けて

29.お笑い芸人もしくはお笑い出身タレントの声力

28.声の判断と日本人の声文化

27.人生、生活、そして声

26.声と哲学

25.マイクと歌唱の振りについて<「チコちゃんに叱られる!(2018.12.21放映、年末拡大版)への疑問>

24.特:日本人と声とその行方~2018年、音楽業界から平成の総括とその先を読む

23.「ウーロン茶は喉に悪い」について

22.ことばの壁

21.心身の使い方のミスと人間発声学(対処から統合へ)

20.歌うことのソフトウェア

19.「AIとこれからの声」へ~ナレーション、声優、歌手、ヴォイストレーナーの職のソフトウェア化

18.声の強さ、耐性について

17.「まね」で教えること

16.鍛える

15.考える技術と感じるアート

14.バランス調整と実力アップ(発声での筋トレ不要論について) 

13.トレーナーによる方法やメニュの違いについて 

12.ヴォイトレで独り立ちするには 

11.ヴォイストレーニングの統一化について 

10.ヴォイストレーニングは何を信じてやればよいのか 

9.ヴォイトレ二極論(2)(メンタルとフィジカルの要素) 

8.ヴォイトレ二極論(1)(「状態の調整と条件づくり」) 

7.成り立つということ 

6.鼻にひびかせること(副鼻腔共鳴) 

5.ヴォイトレにおけるシャウトの位置づけ(シャウトについて練習やメニュ) 

4.”反科学”の勧め(発声に関して科学的なトレーニングの是非について) 

3.理論に基づくトレーニング(発声の原理について、解剖学や生理学に基づいてトレーニングしたい) 

2.音高の喉への影響について 

1.声優無用論(宮崎駿監督の声優は使わない発言やホリエモンの「声優ってスキルいるの?」について) 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!

こちらでもピックアップされています

ヴォイトレの論点
ヴォイトレの論点
  • 44本

ここには、福島英が、最近のQに対して、自分の考えを述べています。1つの問いから本質的に深めて説いていますので、一般向きでない回答もあります。福島の持論もあります。わからないときは、気にとめず、またいつか読み直してみてください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。