見出し画像

【イベント告知】 2020/11/17@第4回ブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラム オンライン - フィンテック編


ブラジル・ベンチャー・キャピタル(BVC)が毎年開催しているブラジル現地の市場やスタートアップシーンに直接触れ、ユニコーン企業数も10頭を超えたマーケットでポテンシャルを感じて頂くイベント、ブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラム。

第一弾である前回の農業 x ITのアグリテック領域に続いて、第二弾はフィンテック領域。2020/11/17 開催です。以下の Peatix イベントから申し込めます。

以降、イベント案内となります。

ブラジルのフィンテックの勢いを体感する

2020年の夏、ブラジルで2社のフィンテックスタートアップがそれぞれ300億円超の資金調達を行い大きな話題になりました。富裕層向けに作られてきた高コストな金融インフラがテクノロジーによって一般向けに門戸を開かれることで、人口のボリュームゾーンにリーチして桁違いの成長を実現してきたブラジルのフィンテック。

その成長のカギを現地のベンチャー・キャピタリスト、ブラジルのスタートアップにお話ししてもらい、少しでも実感して頂ければ幸いです。

2020/11/17(火)
21:00-22:30

・ブラジルのフィンテックを取り巻く環境:日本語, BVC中山充
・ブラジルのフィンテックエコシステム ー日本との連携可能性ー:英語,  Astella Investimentos, Marcelo Sato 他
・ブラジルのフィンテックスタートアップのご紹介:英語,  ContaSimples, Rodrigo Tognini 他

登壇者 (一部)

画像6

Viviane Radiuk: Invest Tech Brazil
Invest Tech VCのトップを務める。B2Bスタートアップのスペシャリスト。IESE Business School MBA。過去に自身も起業家としてスタートアップを立ち上げたり、スペインのFintechスタートアップ、Mittoにも参画。Mittoはその後スペイン4位の大手銀行Banco SabedellによりM&Aされる。

画像6

Marcelo Sato:Astella Investimentos, Partner
日系ブラジル人としてサンパウロに生まれる。サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ市のFEI大学電子工学部在学中に時代にアレックス・モレノと出会い、2人で共同創業者としてシアテックを設立。シアテックを2013年にブラジルの大手インターネット会社UOLへ売却。現在は、ブラジルのベンチャーキャピタルのAstella Investimentoのパートナーを務める。

画像6

Rodrigo Tognini:ContaSimples, 創業者・CEO
Rodrigo Togniniは、中小企業向けの金融サービス業界でイノベーションを起こす若干24歳のCEO。ブラジルの中小企業にコーポレートクレジットカードを中心とした各種決済・資金管理提供サービスを提供するContaSimplesを立ち上げ、2020年にはシリコンバレーの最大手アクセラレーター、Y Combinatorのプログラムに数少ないチームの1つとして選ばれる。

画像6

中山充:ブラジル・ベンチャー・キャピタル 代表
ベイン&カンパニー東京支社勤務後、起業を経て2012年よりブラジルに移住。ベイン&カンパニーサンパウロ支社を経て、ブラジル・ベンチャー・キャピタルを創業。ラテンアメリカのスタートアップへの投資事業、日本のスタートアップのラテンアメリカ進出を支援。JETROグローバルアクセラレーション・ハブ事業サンパウロ担当。ブラジル日本商工会議所イノベーション研究会幹事。著書に「中小企業経営者が海外進出を考え始めた時に読む本」「未来をつくる起業家 ブラジル編」。早稲田大学卒業。スペインIEビジネススクールMBA。

参加はこちらから。

協賛: IE Business School

画像4

スペシャルサンクス: JETROサンパウロ

画像5



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
Brazil Venture Capitalはブラジルのスタートアップ企業への投資・支援を行うべく創業いたしました。 ブラジルを中心とした中南米ベンチャーと日本を繋ぐ情報を発信します。 2020/09/05 以前の記事はこちら https://bit.ly/3ljFJEd
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。