見出し画像

エンジニア経験を土台に技術とビジネスを結ぶITコンサルタントへ

気がついいたらいつのまにかコンサルタントに?

エンジニア出身と伺いましたが、どうしてITコンサルタントへキャリアチェンジしたのでしょうか。

大隈:元々のキャリアのスタートはエンジニアなんですけど、当時いた会社だとエンジニアだと、お給料は上がらない構造。自分はプロジェクトのマネジメントの方に進みました。
プロジェクトのマネジメントをしていると、どうしても上流の工程を意識しないといけなくなってくる。そこを上手くやるにはどうしたらいいか…できるようになりたい…と思っていたらコンサルタントになっていたという感じですね。

大隈さんインタビュー_edited

ITコンサルタントにむいている人って

BCIではコンサル未経験のエンジニアからも積極的に採用を行っているのですがこんな人が向いているなどありますか。

大隈:やっぱりどうしても”技術のみ”というよりは、技術をどうやってビジネスに繋げていって、ビジネスを発展させていくかっていう発想を持ったりするのが好きっていう人は向いてるんじゃないかなって思います。
技術を突き詰めたいってなっちゃうとどうしてもビジネスよりは、どういうことを実現するかってのが好きな人になっちゃうので。

実際にBCIに入社して、そういったビジネス視点での仕事の仕方だったり、提案だったりをできているのでしょうか。

大隈:基本的にこういった考え方で仕事をしたいというか、ついビジネス的な側面について考えてしまいますね…。
お客様に対しては、提案をしていくというかお客さん自身もある程度のビジョンがあります。なので「それに対して本当にできるのかどうか」「どうしたら一番いいのか」をもう少し技術的な視点で支援しています。例えば、拡張性を持ったそのデータ構造にするための提案などですね。一般的なイメージのコンサルティングよりは、エンジニアリングに近い視点ではあるのですがビジネス的な展望を踏まえたエンジニアリングといった形で仕事をしています。

ITコンサル大隈氏のとある1日

大隈さんの1日の過ごし方について、ある日を例にして教えてください

大隈:はい。自社では、プロジェクトマネージャー、お客様のプロジェクト内では、チームリーダーとして動いています。1日はこんな感じです。

9:00 - 9:30 チームメンバーと朝ミーティング 
・本日の目標とタスク、心配事などの確認
・必要があれば個別フォロー
9:30 - 10:30 提案資料のレビュー
・メンバーが作成した資料のレビューをし、指摘内容を書いて渡す
・場合によっては、資料を直接修正
10:30 - 12:00 資料作成
・自分が担当している領域の、お客様がプロジェクトを推進するための決定の材料となる資料を作成
・資料作成のための根拠となる材料集めや、事実の裏取り
12:00 - 13:00 昼休憩
13:00 - 13:30 プロジェクト進捗会議に向けて準備
   
・会議資料に事前に目を通して、今日の会議の目標を考え、確認しておくべきことを整理(事前に確認しないと、聞いてすぐに質問が出てこない人間なので。。。)
13:30 - 15:00 お客様とのプロジェクト進捗会議
・報告したり、メンバーの報告をフォロー
・お客様が聞きたいことをきちんと報告できたかという観点でフォローを入れる
15:00 - 15:30 タスクの整理
・お客様とのプロジェクト進捗会議で出てきたタスクを含めて、今後のタスクを整理
15:30 - 17:00 資料作成、メンバーの報告・連絡・相談に答えるなど       
・再び資料の作成
・夕方にメンバーから今日の作業の報告や、確認、相談が来ることが多いので答える
17:30 - 18:00 社内のミーティング
・自社の事業部運営に関するミーティングです。(そんな毎週やっているわけではないですが。。)
18:00 - 19:00 お客様のプロジェクトリーダーとミーティング      
・お客様のプロジェクトリーダーと、現場レベルで現状のタスク、課題の状況、お客様内での動きを確認
19:00 - 20:00 自社で開催している勉強会の参加       
・BCIで開催している勉強会に参加

大隈:ちょっと長時間労働的に見えるかもしれませんね…勉強会は任意参加ですし、参加できない場合は録画を共有してもらうことも可能です

ブレインズコンサルテクングではAIエンジニアやデータサイエンティストなどの社員もおり、自主的な勉強会が開かれています。ITコンサルである大隈さんが持ち回り講師を務める回もあるとの事で、積極的にAIについてもキャッチアップされている印象です。

BCIのコンサルタントの人たちは裁量労働制で勤務していますよね。労働時間や時間の使い方に関してどう感じていますか

大隈:時間を使えば成果が出るという仕事ではないので、成果を出すための時間の使い方を任されているんだと思っています。
もちろん、お客様やチームの動きに合わせなくてはいけないので、完全に自分だけで決められるわけではないのですが、私としては「自分で決めている」という感覚で働けている方が合っているように思います。

なるほど。私もある程度裁量をもって時間配分や作業内容を決めれらる方がやる気が出るタイプです!

将来のビジョンを教えてください

大隈:私は「IT技術を使ったイノベーション創出を支える組織をつくり、率いる」という目標があります。
そのため、自分なりの方法論を試させてもらえる組織であると同時に、最新のIT技術に関する深い知見を持ち、IT技術にこだわる組織を持っているというのは、自分の目標を実現するために必要不可欠だと考えていました。

ブレインズコンサルティングは、個人の成長を組織が支え、活かしていこうという文化・風土があるので、自分の目標を実現できる組織であると感じます。

ありがとうございました!

ブレインズコンサルティングでは現在、未経験者も積極採用中です。
詳しくは採用サイトをご覧ください。


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?