フレームワークを活用した自閉症支援

自閉症教育及び支援に関わる事業所、自治体のコンサルタント水野です。書籍『フレームワークを活用した自閉症支援』『生活デザインとしての個別支援計画ガイドブック』発売中。 http://bouzan-note.com

フレームワークを活用した自閉症支援

自閉症教育及び支援に関わる事業所、自治体のコンサルタント水野です。書籍『フレームワークを活用した自閉症支援』『生活デザインとしての個別支援計画ガイドブック』発売中。 http://bouzan-note.com

    マガジン

    • 動画『フレームワークを活躍した自閉症支援』

    • 『フレームワークを活用した自閉症支援』副読マガジン

      このマガジンは、書籍『フレームワークを活用した自閉症支援』(通称:青本)『生活デザインとしての個別支援計画ガイドブック』(通称:緑本)の内容を、より深めたり補う内容をまとめていきます。 書籍の情報はこちら https://bouzan-note.com/books webサイトはこちら https://bouzan-note.com/

    • ASD&ADHD支援の取説(ガイドライン)

    • かるたエピソードで深める自閉症支援

      『自閉症特性かるた』をもとにつくったエピソードと解説です。先生や支援者、保護者の皆さんの参考にしていただければ幸いです。 特性解説のwebページはこちら https://bouzan-note.com/jiha/4983.html

    最近の記事

    YouTube動画【特性を考慮した事業所や学校での避難訓練の進め方】

    特性を考慮した事業所や学校での避難訓練の進め方/自閉症・発達障害支援自閉症や発達障害の特性に考慮した避難訓練の進め方・ポイントを解説します。 真剣さや恐怖心、間違った習慣を身につけることは本番の避難に大きなリスク、問題を生じます。本番を念頭においた、指示で教える部分と習慣で教える部分をお伝えします。 ●関連のwebページ記事・ワークシート合理的配慮の視点にたった避難訓練の成果 指示のある避難の習慣@児童発達支援の実践 ワークシートのページ ●関連動画待ち時間どうする

      • 活動(余暇・仕事・生活・文化など)を発見する・増やす視点/自閉症・発達障害支援

        自閉症や発達障がいの支援者や先生からの「活動が増えないけど、どうしたらいいですか?」の質問についてお答えします。活動を増やす時の視点のスライドとフレームワークシートを作成しました。今回は、ミニ演習も含んでいます。 ●スライド、フレームワークの関連記事は以下のURLをクリックしてください。 【関連記事・動画】●興味関心だけでは余暇は広がりません。余暇を広げるコツ教えます ●「こだわり」と「1つのことに集中できる」/自閉症の紙一重な強みと困難さ ●自閉症の人のこだわりの考え方・

        • YouTube動画【構造化や視覚的支援の数の話】

          YouTube動画【構造化や視覚的支援の数の話】 自閉症・発達障害の支援で活用される構造化や視覚的支援の補助具、アイデアでは、数=提示個数の個別化が重要になります。 ・視覚的スケジュールの提示の数 ・いくかの活動の見通し(ワークシステム)の提示の数 ・活動・課題の指示、手順の数  など それらを個別化するには、アセスメントをもとにしたプランニングの実践での経験値が必要になります。 今回は、アセスメントとプランニングの経験を支えるポイント以下をご紹介します。 ・提示数

          • YouTubeチャンネル【本人と兄弟姉妹に対する保護者の関わり基本パターン】

            家庭支援として、保護者との関わりや支援をイメージする基本のパターンを解説します。 今回は自閉症を持つ本人と兄弟姉妹一人の二人兄弟を想定した基本のパターンです。 家族構成の違いによって調整が必要ですが、他の家族構成でも参考にできると思います。。 例えば、お子さん全員が自閉症や発達障害のニーズがある時にも調整し応用でいます。 例えば一人っ子でも、参考になると思います。 家庭での本人さんと兄弟姉妹との関わりや支援の参考にしてください。 ●関係記事兄弟姉妹と親御さんの時間

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 動画『フレームワークを活躍した自閉症支援』
            フレームワークを活用した自閉症支援
          • 『フレームワークを活用した自閉症支援』副読マガジン
            フレームワークを活用した自閉症支援
          • ASD&ADHD支援の取説(ガイドライン)
            フレームワークを活用した自閉症支援
          • かるたエピソードで深める自閉症支援
            フレームワークを活用した自閉症支援

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            YouTube動画【事業所や教室での構造化・視覚的支援などの進め方】

            自閉症や発達障害の人を支援している事業所や教室での環境設定・構造化・視覚的な支援などを設定することをセットアップといっています。そのセットアップの基本の流れに関して解説しています。  動画で紹介しました構造化・支援シートやアセスメントのシートは以下のページから無料でダウンロードできます。 ●関連動画進学・進級・引っ越しなどの新しい生活・環境にむけての支援 事業所や教室での生活シナリオとスタッフ配置の個別化とユニバーサルな視点での工夫 ●関連記事構造化等の環境設定を事業

            YouTube動画【構造化や視覚的な手立てなどを始める時のお金(予算)の話】

            YouTube動画【構造化や視覚的な手立てなどを始める時のお金(予算)の話】自閉症や発達障害の教育や支援の現場で、構造化や様々な視覚的な手立て、環境設定をするときにはお金=予算が必要になります。 その視点について解説しています。構造化などを教室や事業所で始めようとしている支援者や先生方へのエールのつもりです。 ●関連動画事業所や教室での構造化・視覚的支援などの進め方/自閉症・ADHD・発達障害支援

            YouTube動画【事業所や教室での構造化・視覚的支援などの進め方】

            自閉症や発達障害の人を支援している事業所や教室での環境設定・構造化・視覚的な支援などを設定することをセットアップといっています。そのセットアップの基本の流れに関して解説しています。  動画で紹介しました構造化や視覚的支援の計画を書きだす 構造化・支援シート、その構造化や視覚的支援のためのインフォーマルなアセスメントのシートは以下のページから無料でダウンロードできます。 https://bouzan-note.com/ws ●関連動画 進学・進級・引っ越しなどの新しい生活

            YouTubeショート動画で支援現場でできるアセスメントのイメージを公開

            いつもご覧いただきありがとうございます。YouTubeのショート動画機能で、様々なインフォーマルなアセスメントイメージを短い動画にしています。 ※ちなみに実際のアセスメントがその時間でするわけではありません。あくまでイメージ動画です。 ●その他のアセスメント情報はこちらから ●活用するシートは ・自立課題アセスメントシート ・情報理解・基本スキルアセスメントシート です。ワークシートのページから無料でダウンロードできます。書籍とあわせてご活用ください。 #自閉症 #発

            自閉症・発達障害支援のアセスメントやプランニングでフレームワークを活用するメリット

            ●自閉症・発達障害支援のアセスメントやプランニングでフレームワークを活用するメリット フレームワークとは、枠組みで考えることです。 自閉症や発達障害の支援や教育で、アセスメントやプランニングにフレームワークを活用することをおすすめしています。 自閉症発達支援支援のフレームワークを具体化したのがフレームワークシートです。以下のページから無料でダウンロードできます。 その他の関連動画・記事は以下のURLからお願いします。 ●支援計画を具体化するためのパレット計画とキャン

            YouTubeショート動画【理解と基本のアセスメント】随時更新します。

            インフォーマルな理解と基本のアセスメントをショート動画で紹介してます。 活用するワークシートは【情報理解・基本スキルアセスメントシート】で、webサイトから無料でダウンロードできます。 ●プットインのアセスメント ●写真の理解と写真のジグ ●絵の理解と絵のジグ

            YouTube動画【支援計画を具体化するためのパレット計画とキャンバス計画の視点】

            自閉症やADHDの個別支援支援計画・個別の教育支援計画・個別の指導計画などの支援計画を立てる時のポイントの1つを紹介します。 支援計画を具体化するためのは、いきなり支援計画を立てるのではなく、まずは具体化する情報が必要にあんります。それがパレット計画(情報)です。 さらに踏み込んだ内容は、書籍『生活デザインとしての個別支援計画ガイドブック』や講演でお話しします。 ★今回の動画で紹介したフレームワークシートはwebサイトで無料で公開しています。書籍、講演・セミナーとあわせ

            YouTube【移動支援・行動援護・外出支援・校外学習・行事などでの環境設定の工夫】

            ●移動支援・行動援護・外出支援・校外学習・行事などでの環境設定の工夫外出先での活動や行事での活動は、普段の事業所や教室よりは、刺激が多く活動に注目できない場合があります。また、自分がどこでどうしたらいいのかの見通しがもちにくくなります。 そこで刺激の統制や環境の工夫が必要になります。ただ、事業所や教室とは違った工夫が地域の中では必要になりますので、そこも解説しています。 ●関連動画移動支援での見通しを伝えるアイデア ●関連記事余暇・遊びこそ見える形でわかりやすく 行事

            YouTube【移動支援・行動援護・外出支援・校外学習・行事などでの見通しを伝えるアイデアについて】

            YouTube【移動支援・行動援護・外出支援・校外学習・行事などでの見通しを伝えるアイデアについて】 ●外出先での活動や行事での活動は、普段の事業所や教室よりも複雑で変化も多く、見通しが持ちにくい状況が生じます。 ●そのことによって混乱したりすることが自閉所・発達障害児・者の方の中にいます。 ●そこで見通しを伝えるためのポイントと例としてのアイデアを動画にしています。 ●webサイトには関連記事もあります。 余暇・遊びこそ見える形でわかりやすく ●動画で紹介したワ

            Youtubeライブ:事業所や教室の支援で個別化だけではダメな理由

            ●事業所や教室の支援で個別化は大事だけどそれだけではダメな理由 自閉症や発達障害の方への支援では個別化が必要になります。 そこで今回Youtubeライブを活用して個別化のコツについて解説しています。 何を個別化するか?なぜ個別化するか?を支援現場の視点で解説しています。 また、個別化だけを進めるのは、実は個別化が進むどころか、個別化から離れていくんだという視点も説明しています。 参加の皆さん神コメントのおかげで踏み込んだ視点の話もできました。 ●当日使用した解説パ

            YouTube動画:NO(ダメ)を教えるステップ

            ●NO(ダメ・禁止)を教えるステップをNOの意味から紹介します。自閉症・発達障害支援自閉症や発達障害の人にとってNO(ダメ・禁止)はハードルが大きいものです。 しかし、NOは教え・伝えるステップ・プロセスがあります。 この動画を観て「NO」を無計画に伝えたり、生活の中に「NO」だらけしたりしないように注意をしてください。 まずは「NO:これやってだめ」よりも「これやっていいよ」の提示を大事にしてください。 ●関連記事NOマーク/おすすめシンボル図鑑

            YouTube動画:進学・進級・引っ越しの支援

            ●新しい生活は教えるチャンス 進学・進級・引っ越しなどの新しい生活・環境は、自閉症は発達障害の人にとって大きなハードルになります。 しかし、新しい生活・環境が新しいことを教えるチャンスでもあります。 そこで今回は、新しい生活・環境に向けて支援のポイントを解説します。 1日目から本番にすることや、予告の提示など解説しています。 ●関連動画 氷山モデルで考える行動と支援 ●関連記事 変わる部分と変わらない部分の両方を伝える/新しい生活が始まるときの支援 変わること