見出し画像

翻訳者が機械翻訳を使いたくない理由は、あなたの想像とはちがうかもしれない

もし、あなたのまわりに翻訳者がいたら、聞いてみてほしい。

「機械翻訳の普及により、仕事に影響が出ましたか?」と。

「機械翻訳の影響なんて全く感じないな」

そんな答えは返ってこないはずだ。

次に、

「仕事で、機械翻訳を積極的に使いますか?」

と聞くと、翻訳者はこう答えるだろう。

「使いたくはないけど使わざるを得ない」と。

あんなに便利な機械翻訳、どうして使いたくないの?

不思議に思ったあなたはその理由を想像する。でも想像した理由は、翻訳者の本心とはちがうかもしれない。

翻訳業界で“機械翻訳”の話題は尽きない。翻訳者はみな、その動向に注目している。

特に関心を寄せるようになったのが、2016年以降。Googleが、ディープラーニングを使ったニューラル機械翻訳サービスを始めた年だ。このサービスは、翻訳業界に大きな波紋を広げた。

それ以前の機械翻訳は実用性に欠けていたが、ニューラル機械翻訳の登場により、精度は驚くほど向上した。

機械翻訳の進歩は、翻訳業界に大きな変革をもたらしている。わたしが特許翻訳者になって16年、今までで1番大きな変化だ。

翻訳する文書の種類にもよるが、ソースクライアント(企業)は積極的に機械翻訳を取り入れようとしている。理由はもちろん、経費削減になるからだ。

人間よりも機械を使ってコスト削減。どの業界でも同じ流れだろう。

人間に翻訳させるよりも、機械翻訳を使い、その翻訳文を人間にチェックさせれば安く済む。おまけに、機械は作業が速い。

コスト削減を重視する企業からすれば、機械翻訳の導入はいいこと尽くしのように見えるだろう。

この流れを受け、翻訳者は好むと好まざるとにかかわらず、機械翻訳と密接な関係を築くようになる。これは、紛れもない事実。

しかし、これに対しジレンマを抱える翻訳者は多い。特にベテラン翻訳者は、積極的に機械翻訳を使いたくはない。それが本心。

「機械翻訳を使わないと、時代に取り残されるよ」

友人からそう言われたよと、ある翻訳者はこぼす。

「機械翻訳に仕事を奪われるから、敵視しているんでしょ」

そう言われたことのある翻訳者も多い。

どうやら世間では、翻訳者が機械翻訳に敵意を抱いているというイメージがあるらしい。

しかし、そうではない。

機械翻訳に嫉妬なんかしていないし、ライバルだとは思っていない。むしろ、機械翻訳と共存する必要性を感じている。

では、なぜ機械翻訳を積極的に使いたくないのか?

それは、機械翻訳を使うと『自分の翻訳力が落ちる』という危機感をもっているからだ。

機械翻訳を使うと『自分の翻訳力が落ちる』?

それはどういうことなのか。別の例を挙げてみよう。

たとえば、あなたが見知らぬ土地に行ったとしよう。ある目的地に到着するために、Googleマップやカーナビを使う場合と使わない場合を考える。

あなたの行動はどう変わるのか。

1)Googleマップやカーナビを使う場合

機械が目的地まで案内してくれるという安心感がある。
機械が案内する道を、案内する順序で進めばよい。
あなたは常に指示待ちの状態。
機械の指示にしたがえば、目的地に着く。
自発的に行動する必要はないため、受動的になる。

この間、あなたの脳はフル回転しているだろうか?


2)Googleマップやカーナビを使わない場合

目的地に着くために道順を記憶する必要がある。
道沿いの目印をチェックし、交差点の名前を確認する。
あなたは常に自分で判断する。
自分で考えなければ目的地にたどり着けない。
自発的に行動し、能動的になる。

この間、あなたの脳はフル回転している。


つまり1)では、機械が指示してくれるため、あなたは考えなくてもよい。自分の脳を使う機会を、あなたが自分で奪っている。

積極的に脳を使わなければ、脳はどんどん衰える。これはよく知られていること。

これと同様のことが機械翻訳にもいえる。機械翻訳は、翻訳者が自発的に脳を使う機会を奪う。

そもそも、機械翻訳と人間の翻訳とはどこが違うのか。

機械翻訳がするのは言語の置き換え。しかし、翻訳の仕事は言語の置き換えではない。

翻訳者は、これまでの翻訳経験と知識にもとづいて翻訳文をアウトプットする。

単語1つを適切に訳すために、膨大な時間をかけることすらある。資料を調べ、専門家に聞き、裏付けをとってから訳す。

この地味なプロセスこそが、翻訳作業の面白さ。翻訳者が達成感を得られる場面だ。

このような小さな経験の積み重ねが、翻訳者の翻訳文には反映されている。

翻訳の仕事は、表層的な言語の置き換えとは異なる。文章に表出していない部分や文脈を読み解くのも、翻訳者の仕事である。

ある翻訳者仲間は

「翻訳するときには、元の文章を作った人へのリスペクトを忘れたくない」

と言っていた。

原文のコンテクストに照らし合わせ、行間を読み解き、真意をとらえてから訳す。それが、原文を作った人へのリスペクトであり、黒子である翻訳者の役割だ。

機械翻訳は進化しているが、現時点ではまだ翻訳者レベルに達していない。機械翻訳では不十分だから、人間のチェックが必要となる。

人間がチェックするポイントは、ここ数年で変わった。

以前の機械翻訳は、明らかな誤訳や訳抜けがあったり、そもそも構文として成立していない文章も多かった。しかし、翻訳精度が上がるにつれ、明白に分かるエラーは少なくなった。

ところが、それが危険なのだ。

機械翻訳が訳した文章だけを見ると、文法も単語も構文も正しい。一見すると、間違いのないような仕上がり。

しかし、元の文章と照らし合わせると、原文の意図が反映されていなかったり、論点がずれていたり、というケースが少なくない。機械翻訳は、文脈やコンテクストを意識しないからだ。また、機械翻訳の文章は表現の幅がせまい。

機械翻訳の文章を見慣れてしまうこと。それが、翻訳者にとって危険なのだ。

一見すると間違いのないような、クリエイティブでない文章を見る機会が増える。そういった文章が次々と脳にインプットされていく。

すると、なにが起こるのか。

翻訳者の翻訳力が、機械翻訳の翻訳力にひっぱられてしまう。

自力で翻訳するときは、経験と知識を総動員して訳す。しかし、機械翻訳を使うと、インスタントにできあがった文章の渦にのみ込まれてしまうのだ。

翻訳者は、ここに大きな危機感を抱いている。

ソースクライアント(企業)の指示に従い、機械翻訳の文章をベースとして使う。そのベースとなった文章のチェック作業を軸に翻訳すると、脳はフルに活動しない。

脳が活動するチャンスを、機械翻訳が奪ってしまう。

良質な文章のアウトプットには、良質な文章のインプットが必要。この基本を、機械翻訳は揺るがすのだ。

機械翻訳を否定するわけではない。ライバル視しているわけでもない。機械翻訳にも使える部分があるのは事実である。

しかし機械翻訳は、翻訳者が自分の手を使ってトコトン調べ、工夫して翻訳する機会を奪う。翻訳作業の面白さを半減させ、翻訳者から達成感をも奪ってしまうのだ。

まだ伸びしろがあるはずの翻訳者の能力に、機械翻訳は容赦なくストップをかける。

機械翻訳を使うと『自分の翻訳力が落ちる』という危機感。これが、多くの翻訳者が機械翻訳を使いたくない理由なのだ。

-----------------------------------------------------------------------------

こちらの企画『第三回教養のエチュード賞』に参加しています。


“エチュード”はフランス語で【練習曲】を意味します。

今回の記事は、文章を書く【練習】に焦点をあてました。

いままで仕事(翻訳・英語)についてのnoteを何本か書いていますが、今回は、仕事をテーマにして“ストーリーテリング”できるように書く練習です。

ある方のアドバイスをキッカケに、“ストーリーテリング”に挑戦してみました。

『自分のことを言うのではなく、伝わるための文章を書く』という“ストーリーテリング”には、まだまだ遠い仕上がりです。でも、小さな一歩は踏み出せたかな。

嶋津さん、拙い【練習曲】ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

大切な時間を使って最後まで読んでくれてありがとうございます。あなたの心に、ほんの少しでもなにかを残せたのであればいいな。 スキ、コメント、サポート、どれもとても励みになります。

サマルカンド、おススメします
385
まあまあ長い翻訳歴をもつアラフィフ特許翻訳者。3人の子を持つフルタイムワーママ。ライフワーク、仕事、日々のこと。伝えたい想いを伝えたいときに綴ります。スガシカオと亀田製菓'柿の種'(特にワサビ味)の中毒。お問い合わせはtwitterのDMからどうぞ。

こちらでもピックアップされています

翻訳者として
翻訳者として
  • 16本

翻訳や英語にまつわるハナシ

コメント (32)
翻訳者の方がMTを嫌がる気持ちを初めて理解できました。。。
t98907さん、読んでくださりコメントまでいただき、ありがとうございます。とても嬉しいです。

翻訳者の方によってそれぞれ理由は違うだろうと思うのですが、翻訳歴の長い翻訳者はこのような危惧を抱いている方が多いように感じます。
note公式のオススメ記事おめでとうございます。
カミーノさんの名前が出てきて嬉しくなりました。
カッピーさん、ありがとうございます✨わたしもビックリしました!カッピーさんが嬉しく感じてくれて、さらに嬉しい〜😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。