本屋プラグ

  • 商品の画像

    【新刊書】水中で口笛

    バカの飲み会から逃げてひとりきり羽がほしくて肩甲骨揉むあこがれは棒を使って掴み取れ自撮りに星は写り込まない未来って来週のこと 真空のささみが並ぶ夜のコンビニ−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−1994年生まれ、岩手県盛岡市出身のの歌人、工藤玲音さんが、同郷の石川啄木が没した26歳までに出したかったという歌集『水中で口笛』。高校時代から社会人にかけて書かれたすべての短歌から、まやべんなく選ばれた歌たちは、ときに勇ましく、ときに繊細で、恋愛による心の昂りや、ふと心に入り込んでくる孤独、シニカルなユーモアも漂わせながら、一人の女性のリアルな心象風景を31文字の中、映画のワンシーンのように浮かび上がります。ご購入の方には、オリジナルポストカードもプレゼント(※数に限りがあります。)
    ¥1,870
    本屋プラグ
  • 商品の画像

    【新刊書】チャリング・クロス街84番地

    ロンドンはチャリング・クロス街にある、絶版本専門の古書店マークス社のベテラン男性書店員と、店の顧客でニューヨークの女性脚本家の二人の、本の購入を介する(時に辛辣なユーモアと、本への愛情に満ちた)、20年に渡る手紙でのやり取りを纏めた書簡集『チャリング・クロス街84番地』📚生涯、実際に顔を合わせることがなかった二人を、アンソニー・ホプキンスとアン・バンクラフトが演じた同名の映画も、慎ましやかな名作です✨
    ¥902
    本屋プラグ
  • 商品の画像

    【新刊書】世界のおすもうさん

    和田靜香さんと金井真紀さん、スー女を自認する二人が日本各地、そして世界の土俵を巡り、性別も国籍もさまざまな”おすもうさん”との出会いを綴った紀行文『世界のおすもうさん』💪北海道で開催される女性の相撲大会での、新旧横綱がぶつかり合うドラマや、京都の高校にある女子だけの相撲部の青春。本土の相撲とは違う独特の文化・ルールで継承される沖縄相撲に、モンゴルや韓国相撲のおすもうさんたち。中でも、第5章「スーパーマーケットのおすもうさん」には、モンゴルからやって来て昼間は店長を勤めるおすもうさんも擁する和歌山の強豪、スーパー松源の相撲部が登場🍅🐂「勇気や感動を与えるスポーツ」が喧伝される昨今ですが(そもそも、感情は他の誰かに与えられるものではなく、自分の中から自然に湧いてくるものだと思います)、自分の人生を輝かせるため、ひたむきに自分の相撲と向き合うおすもうさんたちの姿にこそ、多くは語らずとも、清々しい感動を覚える一冊!
    ¥1,980
    本屋プラグ
  • 商品の画像

    【新刊書】侯孝賢と私の台湾ニューシネマ

    「外側をオレンジ色のビニールテントで半分覆われた珈琲館の室内はほの暗いオレンジ色に染まり、上っていくほど斜陽の中に入っていくように感じた。陳さんと侯さんがいた。大理石をはめ込んだ丸テーブルには、トマトジュースとレモンジュースが置かれている。私は紅茶を注文した。」80年代から90年代にかけて、若い才能が集まり、新しい感性の映画を創造した台湾ニューシネマ。その中心的監督である侯孝賢。『恋恋風塵』や『非情城市』、『黒衣の刺客』など、彼のほとんどの作品の脚本を担当した作家の朱天文が、1982年、26歳の時の明星珈琲館での侯孝賢との出会いからはじまり現在まで、台湾の映画業界の中から書かれたエッセイやコラムをまとめた一冊、『侯孝賢と私の台湾ニューシネマ』。この本自体が、侯孝賢の映画になりそうな、友情と芸術に彩られた、穏やかな青春の日々が散文的に描かれ、瑞々しい輝きに満ちています。ちなみに、表紙に使われている、侯孝賢と朱天文の写真を撮ったのはエドワード・ヤン🇹🇼
    ¥2,750
    本屋プラグ
  • 商品の画像

    【新刊書】ほんとうのリーダーのみつけかた

    「疑間を持ったたら、人は不安になります。「え?」 と思った瞬間から、 群れから外れる予感が芽生えるからです。それは動物本能的に人を不安にする。だから無意識に疑問を持たないようにしようとする機能が働く。でも、「え?」と思ったことを大切にしましょう。すぐその場で反対を表明 できる勇気がなくても、です。疑問に思ったこと、そして明らかにおかしいと思ったこと。」(p42)「犬が上位の犬の機嫌をとろうとしてお腹を見せてひっくり返るような行動をとってしまうときの、自己嫌悪感/つい相手の機嫌をとるようなことを言ってしまったり、やってしまったときの問題。でも、それはだれにもわからない。それがわかっているのは、あなたしかいません。あなたのなかで、自分を見ている目がある。いちばん大切にしないといけないのは、/この、自分のなかの目です。」(p28)同調圧力が幅を利かせ、息苦しさが増す社会の中、強そうな人、力を持っている人の意見に流されず、他人に対しても、そして自分自身に対しても、正しい批判精神をもつために。困難な時代を生き抜くための、小説家の梨木香歩さんからのアドバイス。『ほんとうのリーダーのみつけかた』。中学生、高校生にもぜひ読んでほしい一冊です。著者:梨木 香歩発行:岩波書店B6判 縦182mm 横128mm 厚さ13mm 重さ 214g 80ページ定価 :1,200円+税ISBN:9784000614153
    ¥1,320
    本屋プラグ

本屋プラグのためにならない読書⑪

 ――第二次世界大戦下の1944(昭和19)年3月。日本の戦争継続に不可欠な水銀購入の密命を受けた海軍中佐の関谷は、購入資金の金塊を手に、ドイツを経由し中立国スイスを…

1か月前

本屋プラグのためにならない読書⑩

 中国は杭州市の富陽地区。大河、富春江が流れるこの街に暮らす顧(グー)家には、老いた母を家長に4人の息子たちがいる。長男夫婦は料理店を経営し、次男夫婦は富春江で…

2か月前

本屋プラグのためにならない読書⑧

先日、店頭での買い取りで、和綴じで製本された『大日本沿海実測録』という少し珍しい本が入ってきた。 もともとは、かの伊能忠敬が17年の歳月をかけて自らの足で全国を測…

5か月前

本屋プラグのためにならない読書⑦

 衆議院議員総選挙から一夜明けた今週月曜日の朝。いつものように車を運転していると、偶然カーステレオから流れてきた音楽に心を射抜かれた。ミディアムテンポのソウルミ…

6か月前

本屋プラグのためにならない読書⑥

 この原稿を書いている10月5日現在、和歌山市北部の自宅は六十谷水管橋の崩落につき断水中だ。幸いにも紀の川を挟んだ反対側、市南部の万町にある店は水道が使用できるた…

6か月前

本屋プラグのためにならない読書⑤

 “ド・ゴール将軍”ことフランス大統領シャルル・ド・ゴールの暗殺のため、秘密組織に雇われた国際的な凄腕(すごうで)のスナイパー“ジャッカル”。1960年代のフランス…

8か月前