見出し画像

[ 本屋物語 | 2022年09月13日号 | check…【三橋貴明×#中野剛志 後編】バカな学者に滅ぼされる日本...戦争の社会科学...日本人は本当に戦えるのか? | #奇跡の社会科学 現代の問題を解決しうる名著の知恵 | 2030年を目処 |tag: #大転換 #アメリカの民主政治 #フランス革命の省察 | 他

Books Channel

check…【三橋貴明×#中野剛志 後編】バカな学者に滅ぼされる日本...戦争の社会科学...日本人は本当に戦えるのか?

check… 古典から学ぶことは本当多いです。以下のVideoを多くの方が見られることを祈りつつ。

中野さんが、京都大学大学院工学研究科准教授を辞められると聞いた時、私は、国家のために、藤井教授とお二人で思想を広げて頂きたいと思いました。間違っていなければその後、内閣参与にもなられたかも??しれないと未だに思います。しかし、今は違います。経産省に戻られることで、金銭面で誰にも媚びや忖度せずに執筆作業を続け たくさん良い仕事をされていらっしゃる。多くの見識のある方でも多くは生活を含むお金に詰まれば、やがて生活やお金のために歪みが出てくる。今となっては、経産省に戻られたこと、これは相当賢い選択だったと思っています。

PS. 私見です。お許し下さい。現在のハードな一般の生活をしていれば、「コストプッシュインフレ」「ディマンドプルインフレ」とは何のこっちゃ???が普通です。MMTは表面は優しいですが、奥行きは相当なものです。個人的には、思想が大切だとは充分理解し賛同しますが、一般の多くの国民に浸透するか???は実にハードルが高いと分析します。ではどうするか???政治に直結させれば良い。中野さんの知性を分解し、蜂蜜をまぶし、演説ピカイチのココロある政治家が全国に大きな声で解り易く広める未来があるかもしれません????国防・他を調律できれば、経済政策においては、"ういこさん"とは ほぼ同じです。水道橋博士様におかれましては、すぐにでも中野さんをお呼びして、太郎さんと3人の鼎談をされることをお薦めさせて頂く次第です。途轍もない未来像が生まれることを祈りながら…

2022/09/13

2022/09/11

BooksChannel推薦動画 : Start指定

関連本ご紹介

エドマンド・バーク『フランス革命の省察』

アレクシス・ド・トクヴィル『アメリカの民主政治』

カール・ポランニー『大転換』

エミール・デュルケーム『自殺論』

E・H・カー『危機の二十年』

ニコロ・マキアヴェッリ『ディスコルシ』

J・M・ケインズ『雇用・利子および貨幣の一般理論』

僕は、2030年を目処にしています。人類の人口は2割減、寿命は10年短縮の可能性があります。

コロラド先生がおっしゃると、流石に~印象に残ります。時間を突き破るワクチンの登場を心から待ちながら… 

9月13日17時00分〜吉塚駅西口前

Check… 色々考えさせられました。「はっきり言いますけど」からは特に印象に残りました。

はてなブログversion

内容が多少違う場合もございます。

https://booksch.hatenablog.com/entry/note20220913

本日のtag… #奇跡の社会科学 #中野剛志 #三橋貴明 #2030年を目処 #エドマンド・バーク #フランス革命の省察 #アレクシス・ド・トクヴィル #アメリカの民主政治 #カール・ポランニー #大転換 #エミール・デュルケーム #自殺論 #E・H・カー #危機の二十年 #ニコロ・マキアヴェッリ #ディスコルシ #J・M・ケインズ #雇用・利子および貨幣の一般理論 #コロラド先生 #山本太郎 #水道橋博士

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Books Channel

よろしければBooksChannel本屋日記物語をサポートいただければ幸いです。いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使用させていただきます。