BONXの新プロダクト『BONX mini』が2020年度グッドデザイン賞を受賞!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

BONXの新プロダクト『BONX mini』が2020年度グッドデザイン賞を受賞!

株式会社BONXは、新プロダクト『BONX mini』が2020年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞したことをご報告いたします。『BONX mini』は2015年のクラウドファンディングで当時の日本のIoT製品史上最高額を記録した『BONX Grip』をさらに小型化・軽量化し、価格面においても低価格化を実現させたモデルで、ビジネス・プライベート問わず、多くの方にお使いいただける仕様になっております。また、2019年11月17日から2020年6月30日に行われたクラウドファンディングでは4,700名の方のご支援と約8,000万円の支援額を集め、目標を大幅に達成しました。

画像1

グッドデザイン審査委員による『BONX mini』への評価コメント


耳につけたまま手元の複雑な操作なしで多人数での同時音声会話を可能にするプロダクトである。前モデルから大幅に小型化し装着性も考慮されたハードウェアのデザインと、長時間のストレスのない音声コミュニケーションを可能にする独自開発のソフトウェア技術が高度に連携されることで新しいユーザー体験が実現されている。元々スノーボードなどのエクストリームスポーツを想定した製品だが、その特徴から、新型コロナの対応にあたる最前線の医療現場や、リモートワークにおけるカジュアルな音声コミュニケーションなど、様々なシーンで「今まさに」必要とされるプロダクトとなっている。

グッドデザイン賞受賞 BONXページ(https://www.g-mark.org/award/describe/50394?token=l9EUkBa3pg

BONX miniの開発秘話もnoteで公開中

BONX miniの詳しいバックグラウンドを知りたい方は少し前に公開した記事も併せてご覧ください!楢崎雄太がこれまでの開発過程を振り返りながら、「BONX mini」誕生の話や音声コミュニケーションデバイスの可能性をお伝えします。


BONXは、音声とテキストを活用して各個人がシームレスにつながることにより、チーム全体の成長をドライブするコラボレーションプラットフォームです。「世界は僕らの遊び場だ」をビジョンに、採用情報や開発秘話、機能追加などBONXに関わることをジャンルレスに発信していきます。