10/13(水)〜27(水) DARUMA AUCTION 開催
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

10/13(水)〜27(水) DARUMA AUCTION 開催

展示日時:10/13(水)〜27(水) 11:00-19:00
場所:BONUS TRACK ギャラリー
(世田谷区代田 2-36-15)
   下北沢駅南西口徒歩 5 分 / 世田谷代田駅徒歩 5 分

オークションURL:https://bonustrack.hammerkit.io
オークション期間:10/13(水) 11:00〜10/27(水) 22:00

DARUMA AUCTIONとは

本企画は、BONUS TRACKのグランドオープン企画として、 2020年10月に生まれたアーティストによる展示&チャリティオークション企画で、今回は3回目の実施となります。

画像7

BONUS TRACKのモチーフである『だるま』は 「願いを叶える縁起物」「疫病退散」といった意味合いを含んだ存在です。

この『だるま』をテーマに、様々なアーティストの方々に、自由に作品を制作いただき、展示作品はインターネットオークションサービスを利用し、オークション形式で販売しながら、BONUS TRACK内のギャラリーでも展示を行ないます。

展示オークション終了後は、最終落札価格からサービス利用料などの諸経費を引いた額の20%分を様々な団体に寄付し、30%分は会場代、残りの50%分は作家の皆さまに還元することをコンセプトとしています。

第1回開催時には『日本財団による新型コロナウイルス緊急支援募金』へ、第2回開催時には『一般社団法人北沢おせっかいクラブ』へ寄付させていただきましたが、第3回となる今回は、BONUS TRACKが日々ワンちゃんの憩いの場になっていることから、保護犬の譲渡会などの活動をされているピースワンコ・ジャパン ・プロジェクトに寄付させていただくことになりました。

10/16(土)には、DARUMA AUCTION関連企画として、保護犬の譲渡会も実施いたします。

過去の開催の様子

画像4

画像2

画像4

画像5

画像6

画像7

だるま作品と暮らそう

過去のDARUMA AUCTIONで、作品を落札された方に、作品を飾られている風景写真をお送りいただきました。ご自宅に飾られている方から、お店やコワーキングスペースに飾られている方も。だるまのアート作品をぜひ生活の風景に取り込んでみませんか。

▼シシヤマザキさんの『ぽんぽんシシダルマ』
様々なフィギュアやぬいぐるみと一緒に飾られています。

画像8

▼とくながあやこさんの『あかるいねこのあかるいだるま』
テレビ台の上に、対になる形で飾られています。

画像9

▼苦虫ツヨシさんの『だるま』
個性的な飲食店の、金ピカなトイレに飾られています。

画像10

▼一ノ瀬雄太さんの『だるまくん』
コワーキングスペースを見守っています。

画像11

今回の参加作家一覧(50音順 / 敬称略)

うつ ゆみこ
江頭 誠
太田 旭
沖 真秀
さいとう よしみ (Yoshimi Saito)
しんご
TOMOE MIYAZAKI
ヌトグラン
HIZGI
Hirochika Machida
mugny

参加作家プロフィール

うつ ゆみこ

プロフィール - 筧裕美子

写真家。1978年東京生まれ、早稲田大学中退。写真スタジオに勤務後、2006年に第26回写真ひとつぼ展グランプリ。その後国内外で展示をメインに活動。写真教室の講師やカメラマンもしている。食べ物や動植物、おもちゃなどを使い立体コラージュを作り、写真作品を制作している。一見キモ可愛くポップに見えるが、近寄ると鮮やかな色彩の中にディティールが立ち、無鉄砲なユーモアで、何故か日本よりもヨーロッパでの人気が高い。最近はジンやTシャツなどのグッズの制作の虜になり、作り続けている。

江頭 誠

IMG_1148 - 江頭誠

1986年三重県生まれ。戦後の日本で独自に普及してきた花柄の毛布を主な作品 素材として、立体作品やインスタレーションを制作する。展示以外にアーティスト YUKI の「My lovely ghost」の MV にアートワークで参加。

太田 旭

BCCBCB3E-F697-4846-9F58-80E4CC0DF6E0 - スソノsusono

1969年生まれ 東京出身 文化学院卒
鉄や粘土、紙などの素材を使った立体作品を製作。趣味で始めたカヤックが現在の仕事となり、現在は拠点・作業場を奥多摩に移して、ツアー企画をする「すその」を運営している。

沖 真秀

画像14

イラストレーター。COMPUMA、ZEN-LA-ROCK、どついたるねん、テンテンコ、あの、柴田聡子、長谷川白紙、千紗子と純太、シャムキャッツ他、音楽関係を中心に雑誌・書籍、アパレル、TV番組などの分野でアートワークを提供。コミック「ラーメン物語」をAVE CORNER PRINTINGにてweb連載中。イラストレーションの範疇にとどまらず、その活動は多岐にわたる。

さいとう よしみ (Yoshimi Saito)

画像15

東京を拠点に、絵、イラスト、陶芸作品などを制作。セツ・モードセミナー卒業。2019年より本格的に陶芸を勉強中。

最近の展示:""Yoshimi & Sinkiangbin""
June 5 - July 4, 2021 at 金柑画廊"

しんご

画像16

絵を描いたり、デザインをしたり、服をつくったり、イベントを企画したり、とくにジャンルを限定せずにやりたいことをやっています。

TOMOE MIYAZAKI

画像17

姉と二人でSTOMACHACHE.として活動。家を自分で建てた元牧師の父のDIY精神を受け継ぎ、平面・立体作品を制作をしている。

ヌトグラン

画像18

イラストレーター。札幌在住。
「なんだこれ!でもかわいい」と抱きしめたくなるような、不思議な生き物たちのイラストやマンガを制作。雑誌・広告のイラストやテキスタイルデザインなどを手掛ける。

HIZGI

9CQj3RCL - HIZGIひつぎ

世界一可愛い女の子を描き続けるイラストレーター。フェティッシュ・カワイイを元に創造したキャラクターに自己投影するという独創的な手法でイラストを描く。2011年にベルリンで「KIBUN」、2012年に東京で「Re:SPES-LaB」、2012年にアムステルダムで「GG BOT FESTIVAL」など、世界中のギャラリーで展覧会を開催し国内外で高く評価されている。

Hirochika Machida

plof - 小田明志

1992年生、青森県弘前市出身、神奈川県逗子市在住 
イラストレーター、作家。海や山、動物や自然、自身の旅から得たインスピレーションをもとに、様々なタッチで自由に自身の世界観を表現することをモットーとしている。インディー、メジャーミュージシャンのジャケットアートワーク、グッズ、書籍の挿絵、漫画を手がけたり、自身の活動として、ぼうやとその仲間たちが活躍するキャラクター漫画「Let’s Go Downtown」がある。

mugny

画像20

関西在住のイラストレーター。
挿絵やキャラクターグッズを制作しています。

【会場限定】 落札の特典について

BONUS TRACKのギャラリー現地にて、作品を落札いただいた方を対象に、BONUS TRCK内の3テナントですぐに利用できるお得なクーポン(利用期限:10/13〜11/14)をお渡しいたします。展示会場にいるスタッフまで、落札したことがわかる携帯画面をご提示ください!

様々な視点で制作された「だるま」を是非お楽しみください◎

展示日時:10/13(水)〜27(水) 11:00-19:00
場所:BONUS TRACK ギャラリー
(世田谷区代田 2-36-15)
   下北沢駅南西口徒歩 5 分 / 世田谷代田駅徒歩 5 分

オークションURL:https://bonustrack.hammerkit.io
オークション期間:10/13(水) 11:00〜10/27(水) 22:00


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
下北沢駅と世田谷代田駅の間に2020年4月に誕生した新しいまち、ボーナストラックからのお知らせなどを更新していきます。https://bonus-track.net/