見出し画像

【第一弾】都内でクラフトビールが飲めるおすすめのお店/ビアバーを紹介します

みなさん、お久しぶりです。べくんです。

緊急事態宣言、県を跨いだ移動、ついに解除されましたね。私の金窮事態宣言も解除されたことをここに記します。

ここ数ヶ月振り返ると、本当に缶しか飲んでないんだなぁということを身をもって感じました。

生で飲むあの感覚、ビアバーならではのお洒落な雰囲気、数あるタップリストから味を想像するあの瞬間。。。

どれも忘れ去られつつあります!!!!

ということで、コロナが落ち着いたら行きたい都内のビアバー、レストランを今回はまとめました。

※各店舗の情報はコロナにより変更されている場合があります。公式HPやSNSの更新情報を参照してください!

【ØL Tokyo|渋谷】北欧ノルウェー発のビアバー

センター街を抜け、人通りも少なくなったあたりで一際お洒落なネオンを放つのが、ここØL Tokyo(オル トーキョー)。

ノルウェーのOslo Brewingが展開するビアバーです。ノルウェーや海外ビール半分、日本のビール半分といったラインナップ。暫定日本で一番好きなビアバーです。

昼はカフェとしても利用できるくらい落ち着いた雰囲気。

コーヒーも置いてあり、同じくノルウェーのFuglenが提供しているものを飲めます。涼しい時期には外飲みもいいですね。

夜になると海外のお客さんが増えて、インターナショナルな空間になります。

定期的にDJやバンドがきて演奏したり、デザイナーやフォトグラファーとコラボして店内のインテリアを入れ替えたりしています。

Instagramもお洒落です。


【BEER &246 Aoyama Brewery|外苑前】ビアカクテルやペアリングで女子会にも◎

ここは「ビアバーの雰囲気は好きだけどビールは苦手」という方にぜひぜひオススメしたい場所。

"ビールのペアリング"に力を入れています。

「え、ビールにシロップ入れるの?」

「ビールにポップコーン入ってるんだけど!」

とか思うんですけど、これがまためちゃくちゃ合うんですよ。ビール好きの人にとっても新たな発見がたくさんあって面白いです。


【ANOTHER8|目黒】空間デザインにも趣向をこらしたビアバー

「今一番行きたいビアバーはどこ?」と言われたら間違いなくAnother8(アナザーエイト)と答えます。

店内はミニマムデザインで統一されていて、カウンター、ビールタップ、ムーディな照明にDJまで。これぞモダンなビアバーです。

もちろんビールも種類豊富で、最近はやりのHazy IPA、NE IPA系から王道のペールエール系、ラガー、スタウト/ポーター系まで様々置いています。

テイスティングもできるので、デートとかで行ってシェアするのも楽しいかもしれませんね。


【PUMP craft beer bar|南池袋】ウエストコースト系IPAなら迷わずここへ

ガツンとしたウエストコースト系のIPAが飲みたい時はどうぞPUMPへ。KNEE DEEP(ニーディープ)やPizza Port(ピザポート)、Revision(リビジョン)など、IPAに強いブルワリーを多く取り揃えています。

フードも"ザ・ビアバー"といわんばかりのラインナップ。IPAが進むジャンキーな食べ物が多いです。一人でも立ち寄りやすいカジュアルな雰囲気もGood。

写真全然撮ってないのですが、個人的にとても好きな場所です!


【日ノモト ビアパーラー|神保町】和モダンを極めたビアカフェ/ビアバー

和モダンを体現したビアバーといえば、日ノモト ビアパーラー
神保町・神田エリアはビアバーが多くありますが、中でも異彩を放つのがここです。

店内はビアカフェとでも言いたくなるような雰囲気。和モダンな内装も◎です。

日本のブルワリーから厳選されたビールをラインナップとしており、他ではなかなか飲むことができないブルワリーもあります。


【ラ・カシェット|神楽坂】情緒ある日本の地ビールに特化したビアパブ

ここで1つ、クラフトビール好きであれば抑えておきたいビアバーをご紹介します。神楽坂にあるラ・カシェットです。

入り口がわかりにくく、ここであってるのか?という感じですが、中に入ると情緒あふれるレトロでお洒落な空間が広がります。

日本のビールを中心に置いていて、日本のクラフトビールの有名どころを抑えるなら絶対ここをオススメします。

たまたまかもしれませんが、訪問時はヴァイツェンを豊富に取り揃えていました。IPAに特化してる店は多くてもヴァイツェンに力を入れているお店は少ないなと思っていたので、すごい貴重なお店です。

系統としては、両国にあるクラフトビール元祖のお店「ポパイ」や、池袋にあるビアパブ「エールハウス」を連想させるような雰囲気でした。


【B|日本橋】ブルックリンブルワリーの本気を見れる最先端なビアバー

続いて、2020年2月に開業した最先端のビアバー「B」をご紹介します。

今インフルエンサー界隈でも注目されているホテル「K5」の地下にあるビアバーです。

ここはBrooklyn  Breweryが経営するビアバーで、コンクリート打ちっ放しのデザインに木製の椅子が壁にかけられてるなど、独創的かつモダンなデザインが印象的。

ここもビアカクテルを取り入れており、普段ビールを飲まない人でも楽しめます。

一度は行っておきたいビアバーです。


【CRAFTROCK|日本橋】新進気鋭!コレド室町にできた、クラフトビールチェーン大手の新規店

CRAFT BEER MARKETや立ち飲みビールボーイで知られるステディワークスから、店内醸造も構えるビアバーCRAFT ROCK(クラフトロック)が日本橋のコレド室町に開業されました。
広々とした明るい店内に豊富なクラフトビール。初心者でも入りやすいお店だと思います。

提供されるグラスも非常に可愛いので、思わずテンションUP。

ステディワークス系列はどれも日本のクラフトビール店のスタンダードになってくれるようなお店です。


【T.Y.HARBOR|天王洲アイル/品川】食事を楽しみながらクラフトビールを楽しめるレストラン

最後に、ビアバーというよりはレストラン、というニュアンスでT.Y.HARBORをご紹介。ここは言わずと知れた名店ですね。

料理が美味しいのはもちろんですが、ビールも店内醸造しており、テイスティングもできます。

シーズナルビールも用意されているので、定期的に行ってみるのも良しです。休日のQOL、爆上がりです。


まとめ

今回は第一弾ということで、本当に独断と偏見で好きなお店を紹介していきました。

なんかまとめ系の記事って書くの抵抗あったんですけどどうですかねw

もちろんまだまだたくさん紹介したいところはあるので、また時期を見て書きたいなと思います。

記事のネタとかリクエストは常時受け付けているので何かあればコメントorインスタにDMください!

ではでは!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
IT/広告/社会人1年目 クラフトビールについて書きます。

こちらでもピックアップされています

べくんのクラフトビールマガジン
べくんのクラフトビールマガジン
  • 6本

クラフトビールに関する記事を書きます。 お店紹介/ビール紹介/ブルワリー紹介/酒屋紹介/コラムなど

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。