新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

今こそ、クラフトビールを飲もう

こんにちは。べくんです。先日同期にこんな記事を共有してもらいました。

コロナで様々な業界の今後が危ぶまれてますが、クラフトビール業界も打撃を受けているようです。
特に、ここで紹介されている栃木県の「うしとらブルワリー」のように、これまで飲食店への提供が主で、瓶や缶で販売していなかったブルワリーでは、飲食店での売上がなくなってしまったので瀕死状態のようです。これはなんとか救わねば...!!!

上の記事では、そんな自分たち消費者に出来ることが書いてありますが、結局のところ
「クラフトビールを買うこと」
これに尽きるなと思いました。

ここから先はいくつかブルワリーを紹介します。ぜひその中で気になるものがあったら買ってみてください。


その前に「All Together」という企画を紹介させてください

今クラフトビール界隈で盛り上がりを見せてるのが、この「All Together」という取り組みです。

オープンソースでレシピが公開されていて、それをもとにブルワーがビールを作り、消費者がそれを買うことで、クラフトビール業界全体に寄付できるという仕組みの模様。

こうやって業界全体に貢献できるような仕組みって素晴らしいなと思いますし、いかにクラフトビール好きがコミュニティを大事にしているかよくわかります。

このサイトに日本語での紹介があるので、気になった方は読んでみてください。


栃木県|うしとらブルワリー

脇道にそれましたが、まずは私の地元、栃木からうしとらブルワリーをご紹介します。All Togetherにも参加している、日本でも有数のブルワリーです。

ここのビールはただ美味しいだけじゃなく、挑戦的かつ面白いんですよ。

今ネットで買えるビールも

「まろっとしたペールエール」
「常夏ココナッツヴァイツェン」
「ファイト!1本IPA」
「Hop Step Double IPA」
「手搾りラズベリーサワー」
「マシマロの黒」

と、え?なにそれ?と思うものばかりです(笑)

個人的には、「入り口のダブルIPA」を飲んで、それが美味しすぎてずっと忘れられません。

オンラインショップも4月末から始まったばかりで、もしかしたら在庫切れの時もあるかもしれませんが、ぜひ購入してみてください。


東京都|VERTERE

東京奥多摩に位置するのが、VERTERE(バテレ)。こちらもAll Togetherに参加しています。

奥多摩駅前に一際モダンでおしゃれな壁打ちの建物があったらそこがバテレのビアカフェです。

オンラインではビールだけでなく、こんな感じでスウェットなども売っています!めっちゃ可愛い!!!

Instagramもデザインセンスあふれてますね。

日本のブルワリーの中で最もお洒落なんじゃないかと思うくらい洗練されたデザインのブルワリーです。


青森県|Be Easy Brewing

青森・津軽で異彩を放つのがBe Easy Brewingです。以前One Storyというメディアで読んだことをきっかけに醸造所に行ってみたいなと思ったのがここのブルワリーです。

ここも個性的かつとても美味しいビールを作ります。Ol Tokyoとコラボレーションで作った「けやぐのごっじゅる(意味はメリークリスマス)」が美味しすぎて忘れられません。

ヴァイツェンボックというバナナ香がすごいするビールなんですが、なんとローズマリーも入ってるようなんですよ。
まるでクリスマスツリーの木を思い浮かべてしまうようなその味に感激しました。。。

ところでここ、うしとら同様ビアバーでしか飲めない印象でした。サイトをみると、オンラインショップ プレオープンとのことなので、これからネット販売が本格化するのかなといった様子。本当にいいブルワリーなのでぜひ!


山梨県|Far Yeast Brewing

続いては山梨県のFar Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)

渋谷にもバーを構えるブルワリーで、ビール好きじゃない人でもトレンドとして絶対知っておきたいブルワリーです。

ギフト用のビールやジンも売っているなど、いろんな方法でビール・ブルワリーの魅力を伝えている印象があります。

たしか成城石井か紀伊国屋でも買えるので見かけたら手にとってみてください!


山梨県|うちゅうブルーイング

Instagramで「#うちゅうのめる」が大流行中のうちゅうブルーイングです。

どのビールも本当に美味しい。今クラフトビール界隈で流行りの「NE IPA(ニューイングランド アイ・ピー・エー)」「Hazy IPA(ヘイジー アイ・ピー・エー)」に力を入れております。

入荷後すぐ即完するくらいの人気です。見つけたらとりあえず買ってみることをオススメします!

うちゅうもAll Togetherに参加しているみたいです。


その他オススメのブルワリー

そのほかにもオススメのブルワリーをここに羅列してみます。


ブルワリーで攻める飲み方のススメ

ブルワリーごとにビールをまとめ買いするのを個人的にはオススメしています。なぜなら

・送料が安く済む
・様々なジャンルを楽しめる
・ブルワリーごとの特徴がわかる
・特典がついてくることがある

と色々ないいことがあるからです。

クラフトビール飲み始めの時はあまり意識しない部分かもしれませんが、ぜひ一度チェックしてみてください。きっと興味の幅も広がると思います。


では今日はこの辺で!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
IT/広告/社会人1年目 クラフトビールについて書きます。

こちらでもピックアップされています

べくんのクラフトビールマガジン
べくんのクラフトビールマガジン
  • 6本

クラフトビールに関する記事を書きます。 お店紹介/ビール紹介/ブルワリー紹介/酒屋紹介/コラムなど

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。