映画配給会社ビターズ・エンド
★随時更新★『ドライブ・マイ・カー』映画賞受賞一覧!
見出し画像

★随時更新★『ドライブ・マイ・カー』映画賞受賞一覧!

映画配給会社ビターズ・エンド

(※2022年7月22日現在)

画像2

『ドライブ・マイ・カー』国内外で続々受賞!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

第74回カンヌ国際映画祭:脚本賞/国際映画批評家連盟賞/AFCAE賞/エキュメニカル審査員賞
第14回アジア太平洋映画賞:作品賞/脚本賞
第57回シカゴ国際映画祭:International Competition部門 シルバー・ヒューゴ審査員賞/観客賞
第44回デンバー映画祭:最優秀作品賞[クシシュトフ・キエシロフスキ賞]
第31回ゴッサム・インディペンデント映画賞:最優秀国際映画賞
第87回ニューヨーク映画批評家協会賞:作品賞
第20回ワシントンD.C.映画批評家協会:外国語映画賞
第42回ボストン映画批評家協会賞:作品賞/監督賞/脚本賞/最優秀男優賞(西島秀俊)
第6回ニューメキシコ映画批評家賞:脚色賞
第21回ニューヨークオンライン映画批評家協会:最優秀外国語映画賞
第5回アトランタ映画批評家協会:外国語映画賞
第31回TAMA映画賞:最優秀作品賞/最優秀新進女優賞(三浦透子)
第43回ヨコハマ映画祭:助演女優賞(三浦透子)
第30回サウスイースタン映画批評家協会:外国語映画賞
第47回ロサンゼルス映画批評家協会賞:作品賞/脚本賞/※監督賞次点
第22回フェニックス映画批評家協会賞:外国語映画賞
第18回セントルイス映画批評家協会賞:外国語映画賞/※脚色賞次点
第27回ダラス・フォートワース映画批評家協会賞:外国語映画賞
第13回インディアナ映画ジャーナリスト協会:脚色賞/外国語映画賞/※作品賞次点
第34回日刊スポーツ映画大賞:作品賞/主演男優賞(西島秀俊)
第4回Greater Western New York Film Critics Association:外国語映画賞
第30回サウスイースタン映画批評家協会:外国語映画賞
第10回ノースカロライナ映画批評家協会:外国語映画賞
第13回オクラホマ映画批評家協会:外国語映画賞
第56回全米映画批評家協会賞:作品賞/監督賞(『ドライブ・マイ・カー』『偶然と想像』の2作品に対して)/脚本賞/主演男優賞(西島秀俊)
第79回ゴールデングローブ賞:非英語映画賞(旧:外国語映画賞)
第16回コロンバス映画批評家協会:外国語映画賞
第20回サンフランシスコ・ベイエリア映画批評家協会:外国語映画賞
第17回オースティン映画批評家協会賞:脚色賞/外国語映画賞
第35回高崎映画祭:最優秀主演俳優賞(西島秀俊)/最優秀助演俳優賞(三浦透子・岡田将生)
第11回ジョージア映画祭批評家協会賞:最優秀外国語映画賞
第25回トロント映画批評家協会賞:作品賞/脚本賞/国際映画賞
第46回カンザスシティ映画批評家協会賞:外国語映画賞
第7回シアトル映画批評家協会:作品賞/監督賞/脚本賞/非英語映画賞
第14回デンバー映画批評家協会賞:外国語映画賞
第76回毎日映画コンクール:日本映画大賞(作品賞)/監督賞
ELLE CINEMA AWARDS:ベストディレクター賞、作品賞3位
映キャン賞:最優秀男優賞(岡田将生)
José Ignacio International Film Festival:グランプリ
ヒューストン映画批評家協会:外国語映画賞
第25回オンライン映画批評家協会賞:非英語映画賞
第15回EDA Awards(Alliance of Female Journalists):非英語映画賞
Music City Film Critics Association Awards:国際映画賞
第95回キネマ旬報ベスト・テン:読者選出日本映画監督賞/助演女優賞(三浦透子)/日本映画脚本賞/日本映画監督賞/キネマ旬報ベスト・テン第1位(日本映画作品賞)
エランドール賞:特別賞
おおさかシネマフェスティバル:作品賞/脚本賞(濱口竜介・大江崇允)/撮影賞(四宮秀俊)/音楽賞(石橋英子)
ロンドン映画批評家協会賞:外国語映画賞/脚本賞(濱口竜介・大江崇允)
第64回ブルーリボン賞:助演女優賞(三浦透子)
全国映連賞:男優賞(岡田将生)
オーストラリア・アカデミー賞:最優秀アジア映画賞
インディペンデント・スピリット賞:国際映画賞
第45回日本アカデミー賞:最優秀作品賞/最優秀監督賞(濱口竜介)/最優秀脚本賞(濱口竜介・大江崇允)/最優秀主演男優賞(西島秀俊)/最優秀撮影賞(四宮秀俊)/最優秀照明賞(高井大樹)/最優秀録音賞 (録音:伊豆田廉明/整音:野村みき)/最優秀編集賞(山崎梓)/新人俳優賞(三浦透子)
英国アカデミー賞(BAFTA):非英語映画賞
クリティクス・チョイス・アワード(放送映画批評家協会賞):外国語映画賞
ドリアン映画賞:非英語映画賞
日本映画ペンクラブ賞:日本映画ベスト1
第94回米国アカデミー賞:国際長編映画賞
第31回日本映画批評家大賞:助演女優賞(三浦透子)
サテライト賞:外国語映画賞
第31回日本映画批評家大賞:助演女優賞(三浦透子)
第41回藤本賞:藤本賞(山本晃久)

★第94回米国アカデミー賞作品賞、監督賞、脚色賞、国際長編映画賞 4部門ノミネート
米バラク・オバマ元大統領のFavorite Moviesリストにランクイン
★西島秀俊さん、濱口竜介監督が、国際芸術部門にて文化庁長官表彰されます
★第72回芸術選奨文部科学大臣賞に濱口竜介監督が選ばれました

海外メディアからも注目の的!!

IndieWire187名の批評家ベスト映画2位/ベスト監督2位/ベストパフォーマンス9位(西島秀俊)/ベスト脚本1位/ベスト国際映画1位
Hollywood Reporter批評家のベスト映画、二人が1位、一人が2位、一人が3位に!
The Guardian今年のベスト50⇒4位
metacritic今年のベスト10⇒2位(更新中!)
RottenTomatoes98%(更新中!)
RollingStone今年のベスト20⇒1位
Sight&Sound今年のベスト50⇒3位
VanityFair今年のベスト10⇒2位
IndieWire今年のベスト25⇒3位
Slant Magazine今年の偉大な映画俳優のひとりに選出(西島秀俊)
NewYorkTimes“日本映画”で初、13組のグレート・パフォーマーに選出(西島秀俊)
VanityFair今年のベストパフォーマーのひとりに選出(西島秀俊)
【Film Comment】今年のベスト20→2位
Cahiers du cinema今年のベスト10→4位
ESQUIRE今年のベスト65→5位
WIRED今年のベスト映画の一選
TheFilmStage2021年ベストパフォーマンス1位(西島秀俊)、12位(三浦透子)
TheFilmStage2021年ベスト50→1位
British Vogue2022年今話題の25人のひとりに選出(三浦透子)

※敬称略


DMCアカデミー表記postermini


『ドライブ・マイ・カー』作品情報



妻との記憶が刻まれた車。孤独な二人が辿りつく場所――。

俳優であり演出家の家福は、愛する妻と満ち足りた日々を送っていた。しかし、妻は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう。2年後、演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。行き場のない喪失を抱えて生きる家福は、みさきと過ごすなかであることに気づかされていく――。原作は、村上春樹による珠玉の同名短編小説。この作品に惚れ込み映画化を熱望、自ら脚本も手掛けるのは、いま世界が最も熱い注目を寄せる気鋭・濱口竜介監督。カンヌ映画祭コンペティション部門に選出『寝ても覚めても』、ベルリン映画祭で銀熊賞受賞を果たした短編集『偶然と想像』、脚本を手掛けた『スパイの妻』がヴェネチア映画祭銀獅子賞に輝くなど、国際的な舞台でその名を轟かせてきた。 主演を務めるのは日本映画界に欠かせない名優、西島秀俊。みさきを三浦透子が演じるほか、岡田将生、霧島れいか、と実力派俳陣が集結した。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

西島秀俊
三浦透子 霧島れいか
パク・ユリム ジン・デヨン ソニア・ユアン
ペリー・ディゾン アン・フィテ 安部聡子
岡田将生

原作:村上春樹 「ドライブ・マイ・カー」 (短編小説集「女のいない男たち」所収/文春文庫刊)
監督:濱口竜介 脚本:濱口竜介 大江崇允 音楽:石橋英子
製作:『ドライブ・マイ・カー』製作委員会 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 配給:ビターズ・エンド ©2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
2021/日本/1.85:1/179分/PG-12

◢◤◢◤◢◤公式SNSにて最新情報をお届け!◢◤◢◤◢◤ 

      Twitter / Facebook / Instagram / 映画公式サイト


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
映画配給会社ビターズ・エンド
映画配給会社ビターズ・エンド公式