精読と実作のための文芸翻訳実践研究

8
記事

【翻訳】『祝祷』スコット・フィッツジェラルド(原題:Benediction)

Ⅰ  ボルティモア駅は暑く、混雑していた。そのせいか電報事務所に寄らなければならなかった…

250

『新星』H.G.ウェルズ(翻訳)

年が明けて最初の日のことだった。ほぼ同時に三つの天文観測所が太陽系で一番外を回る海王星の…

250

小説を「古典」にするもの/スコット・フィッツジェラルド「温かく冷たい血」全訳

小説を「古典」にするもの  今年、物書きとして食っていかねばならないという焦りがいよいよ…

240

【第1回】文芸翻訳での分詞構文や同格、言葉遊びの処理──Don DeLillo "MIDNIGHT IN…

英文を読むのと翻訳をするのにはかなり大きな違いがあって、読んでいるときの感覚を文章として…

150

【第2回】英語版『銀河鉄道の夜』を再翻訳してみた──外国語を通して読む宮沢賢治

翻訳は読書の究極系!?  ぼくが翻訳をはじめたのは実作をはじめてから5年後くらいで、ちょ…

150

【第3回】「狂気的な文体」をいかにして翻訳するか/作家性の反映──Thomas Pynchon…

ピンチョンという大きな存在  素人が決して手を出すべきではない作家トマス・ピンチョンの『…

150

【第4回】「小説が上手い」とはどういうことか?──Ian McEwan “Solid Geometry”…

文章を「書く」練習をしてもそんなに上手くはならない  スポーツでも芸術でも「上手くなりた…

150

【第5回】「良い本」とはなにか──Richard Powers ”To the …

リチャード・パワーズは現代アメリカ文学でたぶんとてつもなく重要な作家のひとりだとおもうの…

150